長野市で大規模リフォームを考えている方へ|工事の期間はどれくらいかかる?

未分類 2019/3/2

大規模リフォームを考えている方の中には、費用だけでなく、工事にかかる期間と、その期間中の住居を悩まれる方が多いと思います。
今回は、大規模リフォームの工事期間と、その間の過ごし方についてご紹介いたします。
 

□大規模リフォームって?

大規模リフォームは、最近ではリノベーション工事といわれることが多くなりました。
日本の家は築年数がたち、古くなると中古物件としての資産価値も大きく減少してしまいます。
そのため、日本の住居も断熱・耐震強度、雨水対策やバリアフリーなどの整備に配慮したリノベーションを進め、資産価値を維持する必要性が高まってきています。
そのため、戸建ての大規模リフォームでは建物全体を対象にして、生活空間や生活環境の大幅な改善を図ります。
大規模リフォームといってもすべて取り壊してしまうわけではなく、柱などの現在の骨格を維持したものや、さらに耐震、バリアフリー、省エネの設備と整えたリフォームがあります。
また、マンションの大規模工事では、専有部分のみの改修が許可されているため、限られた専有部分の中でいかに機能性を改善できるかがマンションの大規模リフォームとなります。
 

□大規模リフォームの工事期間

スケルトンリフォームといわれる大規模リフォームは、建物を柱や梁だけにして、間取りや内装、設備までをすべて新しいコンセプトのものにします。
そのような工事では、マンションでは2カ月ほど、一戸建てでは3カ月ほどかかるといわれています。
また、スケルトン工事のような大規模リフォームのための計画は、小規模リフォームとは異なり、細かい設計プランを練る必要があります。
マンションなら4カ月前、一戸建てなら6カ月前にリフォームを施工してもらう会社を決めておきましょう。
また、大規模リフォームでは、工事期間は外壁を外したり、フローリングを新しいものに変えるため、住宅に住めません。
そのため、工事期間中は短期契約の賃貸マンションなど、仮の住居を用意する必要があります。
 

□リフォーム中の住まい

3カ月から6カ月以上の期間を要する大規模リフォームを施工するとなると、居住者がいながら行うことが難しい場合があります。
そのため、リノベーションをする場合には、仮住まいが必要になります。
しかし、短期間の賃貸借契約は、賃貸会社などに断られてしまう場合があるので、仮住まいはリフォーム会社に探してもらうか、自分でマンスリーマンションやUR賃貸住宅を探しましょう。
 

□最後に

今回は、大規模リフォームの工事期間と、その間の過ごし方についてご紹介いたしました。
長野市での大規模リフォームをお考えの方はぜひ一度ご相談ください。