須坂のまち

*スタッフ日常 2019/4/6

引越しました。
といっても自宅の話ではありません。
このたび自分のオフィスがこれまでの松本支店から
塩尻市広丘吉田にある本社内へ異動となりまして、
その引っ越し作業を昨日一日かけて行いました。
もちろん、業務内容そのものはまったく変わりありません。
ただ、お客様との打ち合わせについては今後、
松本ショールームよりも広丘吉田の本社ショールームのほうが
多くなるかなという気がしている、リフォーム設計担当の高松です、こんにちは。

先日、休みの日に須坂へ行ってきました。
職場内サークル活動の、まちあるき部の次回開催が須坂を予定していて
そのエリア下見のためのお出かけです。
須坂や周辺地域に暮らしておられる人には馴染みの風景でしょうが、
さすがに蔵のまちとして売り出しているだけあり、
まちなかのあちこちに蔵や土蔵造りの町屋などが建ち並び、
なかなかの佇まいを見せてくれていました。
CIMG7478

CIMG7588

CIMG7675 (2)

蔵のまちであり、また須坂は迷路のまちと称されることもあるそうです。
なるほど確かに地図を見ると道が縦横に規則正しく町割りされている感じではなく
斜めにも走り、曲がりくねった小路もありとさまざま。
これらには地形や江戸時代からのまちの形成の歴史が
大きく影響しているようですが、細かい話は割愛。
ともかく、複雑に入り組んだ路地小路、扇状地の影響を受けた高低差、
そしてまちを特徴づける蔵と見世蔵建築が建ち並ぶまちの表情。
さまざまな要素が須坂のまちなかにはたくさん詰まっていました。

今月半ば頃にまちあるき部メンバーでまちあるきを実施予定。
次回の担当ブログ記事ではそのときの様子を紹介できるかなと思います。
お楽しみに♪

トイレをリフォームする際のポイント|長野のリフォームはお任せください

*トイレリフォーム 2019/4/6

「トイレが故障してしまった」
「トイレのリフォームのポイントは?」
一般的に家のトイレは10年が過ぎると、ちらほら故障や不具合が出てきます。

急いで修理したい気持ちも分かります。
しかし、緊急対応の業者に頼めば高い修理金額を請求される可能性が高いです。
この際トイレの修理でなく、リフォームをご検討されてはいかがでしょうか。
今回の記事では、トイレリフォームを成功させるポイントをご紹介します。

□工事費用の相場を知っておく

まずは工事費用の相場を知っておきましょう。
予め予算を決めておくことで業者とスムーズな話し合いが行いやすいです。
またトイレリフォームにおいて費用を大きく変えるのが便器選びです。
便器はタンク付きとタンク無しのものに分かれ、値段の相場は10~40万円ほどです。
ちなみにタンク付きのトイレの方が値段が安いですが、タンク無しのものはコンパクトで掃除がしやすい利点がありますよ。

□節水機能を取り入れる

最新のトイレは節水の機能を持つものがあります。
トイレは長期的に使うものなので、長期的に見れば水道代が数万円節約でき、かなりの水道代を減らすことができます。
新しくリフォームする際は、ぜひ節水機能が付いたものを検討してみてください。

□防湿・消臭対策をする

通風や換気、壁の湿気対策も意識しましょう。
トイレの防湿対策ができていないと湿度が上がり、臭いを強く感じてしまいます。
換気扇の付け忘れは決してないようにしましょう。
また消臭・調湿機能のある壁であればより快適な空間になります。

□掃除のしやすさを重視する

トイレ掃除は面倒くさくて億劫になりがちですよね。
トイレの掃除のしやすさも、重要なポイントです。
最新の便器は自動で除菌水を散布したり、自動洗浄したりと、特に掃除がしやすくなっています。
もちろん高性能になると値段が高くなるため、機能を見極めて自分に合ったものを選んでくださいね。

□手洗いを独立にするかどうか

家に友達などの外のお客様を招き入れる機会が多い場合は、独立の手洗いがおすすめです。
手洗いを壁に取り付けるタイプも人気で、小さな化粧スペースが欲しい方は独立の手洗いも検討してみましょう。

□ベーシックな色を選ぶ

トイレには様々な色があります。
ピンクなど温かみのある色もおしゃれですよね。
しかし万が一のトイレの故障を想定し、交換しやすいベーシックなホワイトやアイボリー系を選ぶのがおすすめです。

□まとめ

トイレをリフォームする際のポイントについてお伝えしました。
改善したい箇所を決めてから業者を比較検討し、納得のいくリフォームができるようにしましょう。