【安曇野市】真冬を楽しむお風呂リフォーム!【温泉ver】

*スタッフ日常*リノベーション*性能向上リフォーム 2021/1/7

リフォームプランナーのサカイです。

新年、明けましておめでとうございます!

2021年もどうぞよろしくお願い致します。

年末年始は皆さま どのように過ごされましたか?

我が家では「手作りおせち」をつくってみたい!ということで、

主人とお節料理に初挑戦してみました!

ぜんぶ手作りとまではいきませんでしたが、

なんとかカタチになりました~

ブログ①

・たたきごぼう
・なます
・エビの旨煮
・ローストビーフ
・辛子レンコン
・煮物

こちらは手作りでがんばりました(^^)/

あとは買ったものを切ってお重に詰めただけです・・(笑) 来年は伊達巻と黒豆もガンバルゾ。

失敗を繰り返しながらも、少しずつ自分で作れるものが増える喜びを感じたいと思います ^^

——————————————————

さて、今回ご紹介するリフォームは別荘リフォームです!

今回の注目は、在来風呂リフォーム!

◆タイル風呂(BEFORE)

IMG_2777

浴室リフォームというと、今ではほぼ大半がユニットバスへの交換をされるかと思います。

こちらのお宅は安曇野の別荘地にあり、当初からすでに温泉が引かれていて

シーズンのときだけこちらの別荘でご生活をされるため、

「非日常を楽しめる特別なバス時間を」というコンセプトのもと

別荘ならではのタイル風呂のリフォームを行いました。

もともとついていた大きいアルミ窓は、断熱のことを考えサイズを小さくし、YKKAPの高性能樹脂サッシへ。

もちろんガラスは外の景色が眺められるように透明ガラスです。

+ 湯舟に浸かったときに景色がちょうどよく眺められる窓の高さはどのくらいか

+ まわりの家が見えない窓の位置はどの高さか

などプライバシーにも配慮しながら、検討を重ねました。

快適にお風呂を楽しめるように「浴槽の形状」も一工夫。

+ 浴槽の背面には少し傾斜をつけて、寝る姿勢で入浴できるように。

+ 反対側には、ベンチにして体の滑り込みを防ぐストッパーとして&ベンチに座って半身浴も。

◆完成したお風呂(全体)

017 (1)

023

床のタイルは、ヒヤッとしにくいLIXILの「サーモタイル」を選定させていただき、

壁のタイルには、大判タイルを4面全面に大胆に貼らせていただきました。

天井はもともとアーチ型になっていまして、こちらは素敵だったので形はそのまま活かしました。

浴槽の縁はヒノキを使用しましたが、ヒノキがとても良い雰囲気を出していて、

まるで高級温泉旅館の個室風呂のようです。

ちなみに同じヒノキ材で、「湯口」も作ってしまいました・・! 

◆ヒノキでつくった「湯口」

022

蓋はパカッと開きます。

020

雰囲気を演出してくれているひとつです。

お打合せの時からご主人と脱衣所の出入口に「ゆ」の暖簾をつけましょう♪

なんていう会話をしていましたが、撮影時にしっかり暖簾を準備してくださり、

「暖簾カット」もバッチリカメラで納めさせてもらいました!

◆ゆ♨のれん

013

◆ another photo

048

LDKには薪ストーブも設置しました。
素敵なレッドカラーの薪ストーブです

047

薪ストーブで暖をとりながら、ゆっくり本を読んだり、招いた友人と会話を楽しめるベンチスペース

053

窓際のカット。おサルさんも良く来ます。

080

外観はシックに。

これからのスローライフを、生まれ変わった空間で楽しく過ごしていただきたいです。

Nさま、本当にありがとうございました。

こんなご時世だからこそ、おうち時間の充実が必要です。

今だからこそ、これまで以上に家での暮らしを心から楽しめる かもしれませんね。

コロナ禍のなかで、私たちの暮らしにもさまざまな制限がありますが

そこから気が付ことや見いだせる可能性があるのではないかと感じます

2021年も皆さまの暮らしが より快適に、安心して暮らせるお手伝いができるよう、頑張ります!

それでは、また!(^^)!