【安曇野市】暮らしを、趣味を大切に

*その他リフォーム*リノベーション 2021/9/30

こんにちは。
リフォーム設計の前田です。

本日は、先日完成した物件をご紹介したいと思います。

数えきれないほどのレコードを持つご主人様は、大の音楽好き♬
学生時代、よく学校の帰りに買いに行ったんだよ~とお話してくださいました。

はじめは、自分たちでラックを用意するからと
収納スペースはあまり考えられていなかったのですが…
せっかくなので素敵な趣味室をご提案したい!と思い、
思い切ってレコード収納をご提案しました。

IMG_7695

完成して実際にレコードを収納してみると、大容量の収納機能や魅せる棚計画に、
「つくって良かった」と大満足していただけました。

IMG_7807    IMG_7796
      

この言葉を聞いた時、ご提案してよかったなぁと
とても嬉しかったです。

これからも、大好きなものを、もっと好きになる空間づくりを
お客様と一緒につくり上げていきたいです。

IMG_7795

ジャケットがかっこいい!✨

残暑こそ日除け対策

*スタッフ日常 2021/9/29

こんにちは!
リフォーム設計の清水です。
もうじき10月だというのに昼間は25℃を超える夏日が続き、また朝晩の寒暖差も大きく衣替えに悩むところです。

この時期は太陽の高度が低いため、真夏より強い日差しが室内に入りこみます。
季節によって異なる太陽高度の高低差をうまく利用したいものです。

先日行った小布施にあるジェラート屋さんも、タープを張った寛ぎスペースを演出していました。
日差しは強くても涼しい風が吹くので、タープ下はとても心地が良かったです。

我が家のワンコも、タープの張ったウッドデッキがお気に入りです。日陰に入らずハアハア言ってますが(笑)♪

ターフ

ウッドデッキ

【安曇野市】計画と、実際と

*キッチンリフォーム*リノベーション*性能向上リフォーム 2021/9/24

 どんなご時世であっても・・・

 国宝松本城と北アルプスは、私たちの心を癒してくれる素敵な景観で。

 IMG_0938

 

 晴れ渡る空が高く感じられるようになり、昼間の暑さもほどほどになってきて、
田んぼの稲刈りも進み、信州の風景も確実に秋の装いへと変化してきていますね。

 澄み切った青空と感染症対策に四苦八苦する下界の様子が、なんとなく違和感。
でもそんな素敵な青空に疲れた気持ちが励まれているような気にもなる、
ちょとセンチメンタルなリフォーム事業部設計担当の高松です、こんにちは。

 

 違和感といえば・・・。

 

 先日、リノベーション工事をさせて頂いたお施主様宅が完成となり、
関係スタッフみんなでお引渡しに出向かせて頂きました。
034

毎回のことですが、無事に完成引き渡しの日を迎え、
お施主様に喜んで頂けると、それが何よりの励みとなり、
本当にありがたく、嬉しく思います。

 今回はLDKと水回り、それに寝室が一部屋という
1階の間取り全体の工事でしたが、お施主様から要望のあった
以前の住まいの課題をひとつひとつクリアにして出来上がった
新しい暮らしの器は、これからお施主様ご家族皆さんで、
さらに素敵な空間へと創り上げて行かれることでしょう。

 改めまして、完成おめでとうございます。

 

 ところで、そのお引渡しの際、
和やかに雑談するなかで話題になったのが、お仏壇置き場の配置。
まだお仏壇を据えられていないため少々分かりづらいのですが、
画像やや左手の棚板が造作されている部分が仏壇の据えられる場所です。
032

じつは図面をみるとこのお仏壇スペースは、
四方をぐるっと歩くことが出来るようになっています。
お施主様のご家族からも、
「じつは、そのこと(四方を歩ける状態になっていること)に変な感じがしていて。
でもこうして完成してみると、ぜんぜん違和感がなくてよかった。」
とのお言葉を頂きました。
ブログ用

 

 

 じつは平面プランを計画する段階において、
お仏壇だけが独立した場所にあるような形となり、
そこに違和感を抱かれていたらしいのです。
もともとこの新しい仏壇スペースの側面に残る壁は
構造的事情から抜き差しの難しい部分で、
それの壁と柱を無理なく生かすための方策として
元の場所からひと区画隣のこの位置に仏壇を移動することに決めたのですが、
たしかに図面で見ると独立したコーナーにポツンと
据えられてしまうような印象を受けるかもしれません。

 隣室との壁に張り付く場所というわけでもなく、
またLDKとホールそれぞれを仕切っていた建具を
この場所からは取っ払いまたは奥に移動させたことで、
少なくとも図面上からは余計に孤立したスペースの印象を
強く抱かれたのかもしれません。

 ホール~ダイニング・リビングの動線上からは壁面の一部が見えるだけ。
リビング側からは背後の通路部分は意識に入らないので気にならず、
独立した空間のような印象はまったく受けないからきっと大丈夫。
設計担当としては計画時からそんな確信はありましたが、そうはいっても
お施主様ご家族にとっては不安な部分ではあったのだろうと推察します。

 実際に完成してみないと分からない、イメージしづらいことって、
お施主様方には少なからずあるかと思います。
今回の一件は結果的にご満足いただける納まりとなりましたが、
計画の段階から、完成イメージがしやすくなるように心がけ、
分かりやすい提案をさせて頂くことが大切だと改めて実感しました。
これからもお施主様の工事前のご不安を解消して行けるよう、
分かりやすい説明を心がけて行きたいと思います。  
006

056

秋の色と素材を取り入れる

*お知らせ*スタッフ日常 2021/9/22

こんにちは♪
リフォーム助成金申請担当の原山です。
国・県・各市町村のリフォームに関わる助成金申請を、お客様の代理となって申請させていただいてます。
サンプロでは、お客様のリフォームに合った助成金の提案をしております!
詳しくはサンプロリフォームスタッフまでお問合せください。
———————————————————————————————————————-

朝晩秋らしくなりましたね。
昨日は「中秋の名月」でした。
日本のこういう言葉がキレイで季節を感じ好きです。

image_67169793

みなさんは「秋」といえば何色を思い浮かべますか?
私は、茶やオレンジです。
わが家のインテリアも少しだけ秋を感じる小物を取り入れてみました。
かぼちゃの置物を置いたり、プリンターの目隠しにかけた布もオレンジと茶にしました。
これだけでも秋らしくなりますね。

余談ですが、ガジュマルが入ってるバスケットは、サンプロの雑貨ショップで購入しました。
サンプロ本社に併設されている雑貨ショップはとってもおしゃれで素敵な雑貨がたくさんあります。
私も大好きなお店です♫
ぜひお立ち寄りください。

image_50389761

家でのお茶時間で使う小物も、素材や色で秋っぽく。
南部鉄器や赤のティーポットも似合う季節になりました。

image_6487327

休日は息子たちがそれぞれアルバイトや部活で家にいないことが多いです。
夫婦でお茶を飲む時間が増えました。
温かいコーヒーやお茶がおいしく感じます。

リフォーム 山~長野市~

*スタッフ日常 2021/9/15

こんにちは。朝晩すずしくなり、お布団をしっかりかぶっております、
ドラフトデザイン課の小林律子です。

DRAFT DESIGNチームとは・・・
私たちDRAFT DESIGN(ドラフトデザイン)チームは、
女性が中心となり、建築図面などの作成を行っているチームです。
お客様と直接お会いする機会は少ないですが、
サンプロからお客様へのご提案を技術面から支えています。

先日、家族で戸隠に行ってまいりました。

自然の中でも、ソーシャルディスタンス、マスク着用、
みなさんしっかり守られていました。

 

戸隠の雄大な自然にふれて、子供たちも大満足のご様子。

牧場の馬と対話

馬「どこからきたの」

娘「ながのしだよ」

馬「ポケットになにはいってんの くんくん」

娘「ないしょだよ」

次女「・・・・(びびっている)」

IMG_8066

こんな感じでしょうかね(笑)

ヤギのう〇こを踏んで
「ねんどみたい!」
と大はしゃぎしたり♪

 

 

飯綱、黒姫が朝もやのなかに浮かびます。
深呼吸して帰りました!
IMG_8115

現在、マンションリフォームのお披露目会を開催しております!
詳しくはこちら
ご予約制になっておりますので、お気軽にご予約くださいませ♪

サンプロは、「信州のくらしをデザインする」会社です。
これから冬にむけて、おうちを暖かくしたいなあとお考えの方、
まだこれから先、将来的にリフォーム考えたいという方、
是非一度サンプロまで、ご相談ください。

みなさまのお電話・メール、おまちしております!

【塩尻市】解体現場

*その他リフォーム 2021/9/9

こんにちは。
リフォーム設計のくまがいです。

暦も9月に変わり、朝晩の冷え込に秋の気配を感じますね。
お盆も過ぎてもうすぐ1カ月。早いです。
すぐに年末になる予感がします。。。

今回は、最近工事が始まった現場の様子をお見せいたします。
リフォーム特有になりますが、「解体」後の現場です。

工事のやり方にもよりますが、今回の現場は骨組みとなる所以外はすべて解体を行いました。
IMG_6563※解体途中の写真です。

斜めに見える木材は業界内では、「筋違い」と言われるもので、
この木材があることでつっかえ棒の役割を果たしています。
そうすることで、地震などの力が加わっても家が傾かないような工夫がされています。

IMG_6569※解体途中の写真です。

普段見ることのない解体後のお部屋の裏側。。。歴史を感じますね。

IMG_6572※解体途中の写真です。

場合によっては、このように雨漏れ跡なんかも見つかることがあります。
このご自宅は、解体する前から雨漏れ跡が天井等に見えていたため
しっかりと計画をしたうえで、進めています。

年代によっては、建物の作り方に問題があるケースがあります。

「雨漏れ」自体は見えないところで、大きな欠陥になりますので
見つけ次第すぐに、検査や改修をお勧めいたします。

これから台風も多い季節になります。ご心配な方はサンプロリフォームまで気軽にお問い合わせしてみてください。