システムキッチンの選び方ポイント|長野のリフォームはお任せください

*キッチンリフォーム2019/4/10

「キッチンリフォームをしたい」
「キッチン選びに自信がない」
自分にあったキッチンをお探しの方もいらっしゃるでしょう。
今回の記事では、システムキッチン選びの際に気をつけておきたいポイントをお伝えします。

□システムキッチンとは?

そもそもシステムキッチンとはどのようなキッチンを指すのでしょうか。
システムキッチンとは、シンクやコンロ、調理台、収納が一枚の天板で繋がったキッチンを指します。
現在ほとんどの家庭ではシステムキッチンが使用されていると考えましょう。
また種類も様々あり、ライフスタイルに合わせた選択ができます。
具体的には対面、壁付き(I型)、アイランド、L型キッチンなどがよく使われています。

□システムキッチン選びのポイント

*作業スペースをとる

調理をする作業スペースが狭くて後悔する方も多くいらっしゃいます。
まな板やボウルなどを置くとスペースが足りず、お皿を置けない可能性があります。
また家族や友達と一緒に料理したい場合にも広い作業スペースは必要不可欠です。

*キッチンの通路は広めに

キッチンの通路は広めにとることがおすすめです。
調理する際の動きやすさももちろんですが、複数人で生活する場合の出入りも考え、広めにとるべきです。
また、稀なケースではありますが自分や家族が車椅子を使わなければならなくなった時にも対応できます。

*作業しやすい動線を意識

キッチン選びでは作業の動線を考えることも重要です。
動線とは、自分の体の移動距離を指すと考えしょう。
動線が短すぎても窮屈ですし、長すぎても動き疲れてしまいます。
また特にシンクとコンロ、冷蔵庫までのそれぞれの移動距離は重要です。
動線を考える際には、その移動距離の合計が3.6~6.6m以内に納めるようにしましょう。

*作業しやすい高さを考える

キッチンでの調理は長時間かかりますよね。
キッチンの高さが自分に合わないと、腰を痛める原因となってしまいます。
ショールームなどで実際にシステムキッチンの高さを体感し、事前にどの高さが自分に合うか決めておきましょう。
またキッチンの高さの目安としては、身長(cm)÷2+5cmと計算し考えることもできるので参考にしてください。
ちなみに標準的な高さは80cm,85cm,90cmと言われていますよ。

□まとめ

システムキッチンを選び際のポイントについてお伝えしました。
キッチン選びは自身のライフスタイルや随所の広さ・距離を考えることが重要だということです。
リフォーム前にじっくり検討して理想のシステムキッチンを手に入れましょう。