長野市のリフォームのプロが解説|リフォームの流れについて

2019/5/20

「今住んでいる家をリフォームして住みやすくしたい」
「リフォームの流れを知りたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
年齢や家族構成の変化によって暮らしやすい家の条件は変わってきます。
不便なところはリフォームをして改善したいですよね。
しかし、リフォームの流れが分からないと計画が中々立てれないでしょう。
そこで今回は、知っておきたいリフォームの流れについてご紹介します。

□リフォームの流れと期間

*リフォームのイメージ

まず、リフォームをするときに大切なのは、長期的に考えてどこをリフォームするか、リフォームのイメージを家族で共有することです。
それぞれの希望や不便に感じているところをはっきりとさせましょう。
そうすることでまとめて施工でき、費用を抑えられます。
カタログを読んだり、ショールームに足を運んだりしてどこをどのようにリフォームするかを考えましょう。
イメージが明確だと業者と話し合う際にもスムーズにいきます。

*リフォーム業者に相談

リフォームはリフォーム業者、工務店、住宅設備会社のような専門業者に依頼することになります。
業者選びもリフォームの成功のためには重要です。
相談や、現地調査、相見積もりをして、どこの業者のプランが良いかを判断しましょう。
見積もりまでは基本的に無料で行ってくれるところが多いです。
ただ、マンションの場合は管理規約が存在して、リフォーム可能な箇所と不可能な箇所があります。
不安なところは大家さんに尋ねて確認しましょう。

*契約

契約を結んでしまったら、キャンセルするのにもお金がかかります。
本当に契約を結んで大丈夫か慎重に判断しましょう。
追加工事の規定やアフター保証までしっかりとしているのかを確認しましょう。

*工事、引き渡し

契約を結んだら、いよいよ工事が始まります。
工事の期間はリフォームの内容によって大きく変わります。
工事が完了したら、きちんと依頼した内容通りにリフォームされているかを業者と一緒に検査します。
何も問題がなかったら設備の説明書、保証書、リフォーム完了確認書などが渡されます。
引き渡し後に何か不具合が発見したときには注意が必要です。
設備自体の不調ならメーカー保証等で取り替えてもらえます。
しかし、工事の不具合の場合は依頼した業者によって対応が大きく変わります。
優良業者ならばリフォーム瑕疵保険に加入しているため、対応してくれます。
一方、「引き渡しが完了した後のことは知らない」という悪徳業者もいるのも事実です。
打ち合わせや話し合いの段階で、アフター保証についても確認しておくと安心です。

□まとめ

今回はリフォームの流れについてご紹介しました。
みなさんのライフスタイルに合わせて快適な家にリフォームしてくださいね。