デッドスペースをなくす!長野市のリフォーム業者が方法を解説

*リノベーション2019/5/26

「家の中に物が増えすぎて収納スペースが足りない」
「デッドスペースをリフォームでなくしたい」
このようなお悩みをお持ちではないでしょうか?
家族構成が変わったり、子どもが成長したりすると物はどんどん増えていき、収納スペースが足りなくなってしまいますよね。
そこで今回は、リフォームでデッドスペースを活用して収納を増やすためのアイディアについてご紹介します。

□デッドスペースとは
最初に間取りを確認したときには気が付かなくても、生活していると無駄な空間を発見することがありますよね。
このように、何にも有効に使用できていない無駄な空間のことをデッドスペースと言います。

□リフォームのアイディア

*階段の下のスペース

階段の下のスペースを有効に使用できていますか?
階段下は高さがあるので、様々なものを収納できる優れたスペースです。
収納スペースにリフォームするなら、ドアを設置するとすっきりとした印象にできます。
階段はリビングにあることが多いので、使用頻度が高いものを収納するのに便利です。

*頭上のスペース

「トイレや洗面台の周りがごちゃごちゃとして困る」
このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか?
トイレや洗面台には頭上のスペースが余っていることが多いです。
リフォームで頭上に棚を設置するのがおすすめです。

*床下のスペース

床下収納はキッチンにあることが多いです。
使用頻度が高いものや、重いものを収納するのには向いていませんが、使用頻度が低いもの、小物をしまうのには十分です。

*屋根裏、ロフト

リフォームで屋根裏部屋やロフトを設置するのもおすすめです。
屋根裏もロフトも子どもの遊び場としても活躍します。
大きなものでも楽々と収納できるので便利です。

□簡単にデッドスペースをなくす方法
リフォームのような大掛かりのことをしなくても、空間を有効活用できます。

*収納グッズのサイズ

「引っ越す前から使っている収納ボックスがクローゼットに合わない」
このようにサイズが適切でない収納グッズを使用していると、デッドスペースが生まれやすいです。
サイズを事前に確認してピッタリのものを買いましょう。

*パーテーション

キッチンは、調味料、調理器具のような小物がたくさんあります。
そこでパーテーションに収納したり、スリムな棚を用意したりしましょう。

*シンク下

台所のシンクの下は意外に大きなスペースがあります。
便利なかごを用意して配水管をよけながら収納しましょう。

□まとめ
今回は、デッドスペースをリフォームして、なくす方法についてご紹介しました。
家の中にまだ活用できそうなスペースがないかを確認して、ぜひ有効活用してみてください。