塩尻でリフォームを考えている方へ!収納しやすい間取りとは!?

*リノベーション2019/7/14

「収納が足りないから増やしたい!」
「収納にこだわったリフォームをしたい!」
「新しい収納を作るのに最適な場所は?」
とお考えの方はいらっしゃいませんか。
小さいお子さんがいる方は、ものがどんどん増えていきます。
そのため、収納スペースが足りなくなりますよね。
しかし、収納のリフォームについて、詳しくない方が多いかと思います。
そこで、リフォームで収納しやすい間取りにするポイントを紹介します。

□収納しやすい間取りにするポイント

*壁に収納を作る

収納において、壁は意外と見落とされています。
しかし、壁にも収納スペースを作れます。
例えば、廊下の壁面の厚みを利用して、収納スペースを作る方法があります。
マンションの場合、壁がコンクリート製でなければリフォームできます。
また、ベッドを造り付けベッドにすることもおすすめです。
そうすると、ベッドを置いていたスペースを自由に使えます。
造り付けベッドとは、普段は部屋の壁に収納されており、使うときだけ出すタイプのベッドです。
このように、見落とされている壁を有効利用することで、収納を増やせます。

*下駄箱の収納を増やす

下駄箱は背が低いことが主流です。
しかし、下駄箱の上を有効利用できている方は少ないかと思います。
それなら、下駄箱を天井までのタイプに変えてみてはいかがでしょうか。
そうすることで、収納スペースがかなり増えます。
そして、その下駄箱には傘や外出時の用具なども入れられるようになります。

*背面収納やパントリーを設置する

パントリーと言えば、食器や食品を収納する場所と考える方が多いと思います。
しかし、パントリーのスペースを大きくすることで、他の使い方もできます。
例えば、家電を全てパントリーに入れて、キッチンをスッキリと見せられます。
また、パントリーを作るほどスペースがないという方は背面収納がおすすめです。
現在使っている収納を背面収納にすることで、統一感を持たせられます。
すると、綺麗に見えることはもちろん、収納スペースを増やすこともできます。

□まとめ

以上、リフォームで収納しやすい間取りにするポイントを紹介しました。
この記事を参考に、収納のリフォームをしてみてはいかがでしょうか。
また、「自分の予算内でどれだけリフォームができるか知りたい!」という方は当社にお問い合わせください。
当社には知識豊富なスタッフが在籍しています。
そのため、わからないことがあれば、丁寧にご説明いたします。