安曇野でトイレをリフォームしたいあなたへ!注意すべき点とは?

トイレリフォーム2019/10/8

「トイレをリフォームしたいけど、注意点が分からない。」
「トイレをリフォームするときのやり方を教えてほしい。」
このような思いを抱いている方はいらっしゃいませんか?
トイレをリフォームしようとするきっかけの多くは、トイレの故障です。
トイレが故障してしまうと、非常に不便ですよね。
早めのトイレリフォームが必要です。
今回は、トイレをリフォームする際の注意点を説明します。

□トイレリフォーム前の注意点

*便器のサイズ
見学会などでは、サイズが大きい便器の方が、座りやすく感じます。
しかし、トイレのスペースに対し、便器が大きすぎると、掃除が非常にやりづらいです。
一般的に、便器から壁までが500ミリメートル以上離れていない場合、部屋が狭く感じると言われています。
誤りがないように、念入りにリフォーム会社と確認をしましょう。

*排水管の場所
排水管は、主に2種類存在します。
排水管が見えない床排水と壁に対して排水管を繋いだ壁排水です。
分かりやすく言えば、便座の裏に伸びている排水管が壁排水です。
床排水と壁排水で便器の種類も変わるため、事前に確認しましょう。

*床の素材
近年は、住宅の床をフローリングでまとめるリフォームが人気です。
しかし、トイレの床は水や汚れに強い素材を選びましょう。
フローリングですと、水や掃除の薬剤によって傷みやすいです。

*扉の種類や手洗い場の位置
トイレをリフォームする際に、見落としやすいのが手洗い場の位置と扉の種類です。
タンク式の便器は、狭いスペースの節約に長けています。
しかし、手を洗った際に水滴が床、壁や便器についてしまい、掃除の手間が増えます。
また、扉には引き戸と開き戸の2種類があります。
開き戸であれば、扉を引く十分なスペースがあるかどうかを必ず確認してください。

□トイレの増設

新たにトイレを増やしたい方もいらっしゃると思います。
しかし、トイレの増設をする際は、必ずマンションの管理会社への相談と確認が必要です。
マンションの構造によっては、トイレの増設ができない場合があるからです。

□まとめ

今回は、トイレをリフォームする際の注意点を説明しました。
便器のサイズ、排水管の場所、扉の種類や排水管の位置などを忘れずに確認してください。
今回の記事を参考に、さっそくリフォーム会社へ問い合わせてみてはいかがでしょうか?
当社の売り上げは、長野県で8年連続、第1位です。
多くの実績と施工例があるため、お客様に合ったリフォームを提案できます。
安曇野でリフォームをご検討の方は、当社までお気軽にお問い合わせください。