はじめての耐震診断

2019/9/5

こんにちは。
リフォームDD課新人の前田です。
_____________________________
DRAFT DESIGNチームとは・・・
私たちDRAFT DESIGN(ドラフトデザイン)チームは、
女性が中心となり、建築図面などの作成を行っているチームです。
お客様と直接お会いする機会は少ないですが、
サンプロからお客様へのご提案を技術面から支えています。
_____________________________

本日は、はじめて経験した耐震診断について
お話したいと思います。

耐震診断とは、
現在の建物がどれ程揺れに耐えられるかを調べることです。
この度の耐震診断で、天井裏や床下にはじめて潜りました。

率直な感想は…
天井裏は思ったよりも広く
床下はとても狭かったです!

天井が抜けないよう、太い梁の上を移動する様子は
さながらアトラクションです。

また、やっとのことで潜れる床下は、
移動は匍匐前進でなければ進めませんでした。
地上に出てすぐ筋肉痛を覚えるほど、
体中の筋肉を使った感じがします。

このように、思いのほか体力を使う耐震診断は
疲れも少々感じましたが
家の軸となる構造材や壁の内部など、
普段見ることのできないもう一つの「家の空間」を
見れたようでおもしろかったです!

家の内部構造を知ってこそ、
リフォームができるのだと思います。
まだまだ知識が浅く、理解できる範囲も少ないですが
これからたくさんのことを吸収して、
理解を深めていきたいと思います。

IMG_2005

IMG_2058