リビングの横に和室を!リビングとの仕切りについて長野のリフォーム会社がご紹介

*性能向上リフォーム2019/12/8

「リビングの横にある和室との仕切りを設置したい。」
「部屋を仕切る方法について知りたい。」
このように、部屋の仕切りについてお悩みの方も多いのではないでしょうか。
最近、部屋を仕切るためにリフォームをする方が増えてきました。
快適な住まいにするためにも、仕切りについて知っておいてもいいかもしれません。
そこで今回、リフォームでできるリビングと和室の仕切りについてご紹介します。

□リフォームでできるリビングと和室の仕切り

*なぜ仕切りが増えているのか?

リフォームで仕切りが増えている1番の理由は使い勝手がいいからでしょう。
仕切りの方法によりますが、シーンに合わせてリビングの延長として使えたり、物置として利用できたりとリビングを有効活用できます。
壁で仕切られていると、どうしても圧迫感がでてしまいます。
しかし、仕切りはそういった心配がありません。
また、和室は畳が用いられるため、お子様がいるご家庭にも安心して選んでいただけます。
使い勝手がいいのはもちろん、和室といった少し違ったテイストを味わえるデザイン性も優れていると言えるでしょう。

*仕切りの方法1:格子扉

格子扉は、格子状の扉で、和モダンなテイストが特徴です。
昔ながらの伝統的なデザインであるため、インテリア性もあります。
しかし、時間と価格がその分かかってしまうため、あらかじめチェックしておいた方が良さそうです。

*仕切りの方法2:パネルドア

パネルドアは、見た目がおしゃれなデザインが多いです。
部屋の仕切りに人気のあるタイプです。
既存のドアのようになじみがいいのも特徴で、隙間ができにくいでしょう。

*仕切りの方法3:アコーディオンカーテン

アコーディオンカーテンは、部屋の仕切り方法として、手軽なものとされています。
仕切りが必要ない時には、コンパクトに収納できる点が実用的でしょう。
柄や色も様々な種類があるため、他のインテリアとも合わせやすく、デザイン性のある仕切りと言えるでしょう。

□まとめ

今回、リフォームでできるリビングと和室の仕切りについてご紹介しました。
仕切りをうまく活用すれば、快適なお住まいになるかもしれません。
どのような方法でリビングに仕切りをするのかによって費用もお時間も変わってくるため、注意しながら決めていくことをおすすめします。
当社では、リフォームについてのご相談を随時受け付けております。
長野で実績を積み上げたリフォームの専門家が、お客様を全面的にサポートさせていただきますので、お気軽に当社までお問い合わせください。