長野でリフォームをお考えの方へ!吹き抜けのメリットとデメリットについてご紹介します!

内装リフォーム2020/2/1

「吹き抜けのある家にリノベーションするか悩んでいる。」
「吹き抜けに憧れを持っているので、詳しく知りたい。」
みなさん、このようなことをお考えではありませんか?
吹き抜けに憧れを持っている方は多いですが、特徴を知っている方は少ないと思います。
この記事では、長野でリフォームをご検討中の方に向けて、吹き抜けのある家にリノベーションするメリットとデメリットについてご紹介します。

□長野でリフォームをお考えの方へ!吹き抜けとは?

そもそも、吹き抜けがどんなものかご存じでしょうか?
吹き抜けとは、1階から最上階の天井までつながっている空間のことです。

□吹き抜けのある家にするメリット

*開放的な空間がつくれる

吹き抜けのある家にする最大のメリットは開放的な空間がつくれることです。
狭い家では、圧迫感がなく、空間を広く見せられるのでおすすめです。

*明るい空間をつくれる

光をより取り入れられるため、明るい空間がつくれます。
一般的な家の場合、隣家の影になって1階に光が入ってこない場合があります。
明るい家にしたいと考えている方は、吹き抜けにすると良いでしょう。

*家族の存在を感じやすい

吹き抜けでは、音が伝わりやすいので、家族の存在を感じやすいです。
家族の中での意思疎通が気軽にできるのでおすすめです。

□吹き抜けのある家のデメリット

*光熱費が高くなる

吹き抜けは、上記の通り、1階から数階上まで天井がなく繋がっている空間なので、冷暖房の効率が悪いです。
1階と2階が区別されている家の場合は、必要な部屋だけ冷暖房できます。
しかし、吹き抜けの場合、空間が広いので自然とエアコンを使用する時間も増えます。
そのため、光熱費が高くなってしまうかもしれません。

*掃除が大変になる

一般的な家よりも、掃除がしにくいです。
2階の高い位置に窓がある場合、足場を組んで掃除をするか、高いところを掃除する用の掃除道具を用意する必要があります。
それが難しいならば、業者に掃除を依頼することになります。
そうなると、掃除に関しての費用は吹き抜けがない家よりもかかることになります。

□まとめ

この記事では、長野でリフォームをご検討中の方に向けて、吹き抜けのある家にリノベーションするメリットとデメリットについてご紹介しました。
メリットとデメリットを理解したうえで、吹き抜けにするか検討してみてください。
当社は、熟練した技で丁寧にリフォームを行います。
また、リフォームコンテスト全国大会で多くの受賞歴があります。
リフォームをご検討中の方はぜひ一度、当社までお問い合わせください。