安曇野の専門家が平屋の増築リフォームについて詳しく解説します!

*増築・減築リフォーム2020/2/20

「平屋を増築したい。」
「増築リフォームについて知りたい。」
このように考えている方はけっこういるのではないでしょうか。
なかには家族が増えて、今の平屋では狭いといった方もいると思います。
しかし、簡単に増築リフォームを決めることは難しいでしょう。
そこで今回は、平屋の増築リフォームについてご紹介します。

◻平屋の増築リフォームについて

平屋を増築するときには以下のようなポイントがあるので、ぜひ参考にしてください。

*基礎の状態チェック

一階建てだった家を二階建てにするときにはとても重要なポイントになります。
二階の重さすべての負荷がかかるので、状態が良くなければ潰れてしまう可能性があります。
古い家のなかには基礎となる部分が比較的に簡単な造りになっているものもあります。
こういった造りではほとんどの場合耐えられないので、新しく基礎を作る必要があるでしょう。
また、家そのものを建て替えることも視野に入れたほうがいいかもしれません。

*通し柱

名前の通り、一階から二階にわたって通してある柱のことを指します。
これは二階建ての家において、大切な役割を担っています。
そのため、建築基準法という法律で作ることが定められています。
先程、状態のチェックをご紹介しましたが、この柱を作れるかどうかのチェックもしてください。

*地盤のチェック

先程、基礎のチェックをご紹介しましたが、地盤のチェックも大切です。
一階部分が二階の重さに耐えられても、地盤がゆるいと地面が沈んでしまうかもしれません。
地盤調査をしっかり行い、耐えられる環境を確保してください。

ポイントについてご紹介しましたが、注意点もあるので把握しておきましょう。

増築リフォームをする場合、その面積によっては建築確認申請をする必要があります。
申請が必要な面積は10平方メートルなので、ほとんどの場合申請が必要でしょう。
増築内容が法律を守っているのかを審査されます。
ちなみにこの申請にはだいたい15万円から20万円ほどかかります。

また、増築が認められない場合もあるので注意してください。
これは元々ある平屋と増築部分の耐震性が異なる場合に多く見られます。
法律が変わる、条例による制限があるなどの場合も増築できないでしょう。
リフォームできるかどうかの確認が大切になります。

◻まとめ

ここまで平屋の増築リフォームについてご紹介してきました。
どのようなポイントを押さえればいいのか知っていただけたでしょうか。
当社は、安曇野などの信州を中心に展開しています。
リフォームの他にも新築住宅、不動産などを扱っているので、お気軽にお問い合わせください。