安全パトロールin岡谷

古民家再生2020/4/2

おはこんばんにちは(*^^)v
コーディネーターの湯口です♪
早いもので、桜の花が咲く季節になりましたね!

がしかし、やはり寒冷地と言われる長野県ですから、そうは問屋がおろしません!と言わんばかりの大雪(; ・`д・´)
先日は、凄かったですねぇ!
もうタイヤを履き替えてしまった方も、いらっしゃったのではないでしょうか?
せっかく咲いた桜に雪が積もり、なんとも不思議な光景でした。
新年度になっても、まだまだ冷え込む日がありそうですね。
みなさまご自愛くださいませ。

さて、本日は前回の続き…と言いたいところではございますが、まだまだ着工が先ですので、安全パトロールでの出来事をお話をしようと思います!
今回も新築、リフォーム両方の物件へパトロールをしてまいりましたよ(^^)/

まずはリフォームの現場へ行ったところ、なんと日本カモシカがお出迎えしてくれました。
IMG_2214

しかも2頭も!!
親子でしょうか?
完全に民家の庭へ入り込んでいます。。
IMG_2208

写真で見た感じより大きいので、これ以上近づくとちょっと怖いかも(; ・`д・´)
確かに山のふもと辺りではありましたが、まぁまぁな住宅街ですよ!?
食べ物が無くて降りて来たのか?なんだか可哀そうな気もしますね(>_<)

さて本題の安全パトロールですが、現場の足場が安全に組み立てられているかどうか、ゴミが落ちていたり、養生がおろそかになっていないか等のチェック項目があり、ひとつひとつ確認をしていきます。

今回伺ったのは築120年?の古民家です。
まだ解体直後で、あまりチェックする項目にあてはまりませんでしたが、この玉石基礎には新築の代人さん達もビックリです!
IMG_2217

古民家の玉石基礎なんか、そうそう見る機会はありませんので、感動されていました。
もちろん、リフォーム部の私もそうです。
久しぶりに解体後の古民家を拝見させて頂き、思わずおぉ~!と声がもれました。

IMG_2229

柱が直接石の上に乗っかっています。
柱と石は固定されていないため、地震のときに柱が左右に動き「免震」の役目をするそうです。

伝統工法とはいえ、なかなか大胆な発想ですよね!