戸建てのリノベーションはいくらかかる?上田市の業者が費用について解説します

*リノベーション2020/9/1

上田市で戸建てのリノベーションをお考えのみなさん、「リノベーションっていくらくらいかかるのだろう」と疑問を抱いているのではないでしょうか。
そこで今回は、リノベーションにかかる費用を上田市の業者が徹底解説いたします。
リノベーションに使える補助金の情報もお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてください。

□リノベーションの費用

戸建てをリノベーション する際にかかる費用は、内装だけをリノベーションする場合と、内装・外装のどちらもリノベーションする場合とで大きく変わります。
まず、内装だけをリノベーション した事例をご紹介しましょう。

築30年の物件を、耐震性能の向上や断熱性能の向上のために大幅にリノベーション した場合、42坪で1,249万円でした。
次に、内装と外装のどちらもリノベーションした事例をご紹介しましょう。

壁をなくして広々とした空間を作る内装リノベーションと、外装のリノベーションを合わせた場合、25坪の物件で1,470万円でした。
今回ご紹介した金額はあくまで一例であり、リノベーションの内容や面積で変わります。
まずは業者に問い合わせて見積もりを依頼してみてはいかがでしょうか。

□補助金が使えることも

できることなら、なるべくリノベーション にかかる費用は抑えたいですよね。
実は、用件を満たすリノベーション であれば、補助金が支給されることがあるのです。
この章では、補助金が支給される内容のリノベーションを3種類ご紹介します。

*介護・バリアフリーのためのリノベーション

手すりを取り付けたり、開き戸を引き戸にしたり、床の段差をなくしたりするリノベーションが対象です。
要介護者と認定された人が住む家でしたら、上限額20万円で補助を受けられます。
地方自治体によっては条件が異なる場合があるため、お住まいの自治体の情報をチェックしてみましょう。

*耐震のためのリノベーション

耐震診断や、耐震補強工事が対象です。
自治体によりますが、地震が来たときに倒れる可能性のある塀の撤去や解体にかかる費用の一部を補助してくれることもあります。

*省エネのためのリノベーション

断熱性能をアップさせるリノベーション や、エコキュート、エネファームの導入、太陽光発電や蓄電池の導入、節水式トイレの設置が対象です。
補助金制度は国がしているものや、各地方自治体がしているものなど様々です。

一戸建てで「次世代省エネ建材支援事業(次世代建材)」の補助を受ける場合、断熱・蓄熱材でリフォームすると、最大200万円の補助が受けられます。

□まとめ

今回は、戸建てのリノベーションにかかる費用について解説しました。
リノベーションには大きなお金がかかりますが、補助金制度をうまく活用すれば、大幅にコストカットすることが可能です。
リノベーションの際にはぜひ本記事を参考にしてみてください。