【冷暖革命】アフターコロナに向けての健康対策

*性能向上リフォーム2021/1/14

最近、朝起きると部屋の温度が10℃を切っていることがあります( ゚Д゚)
流石にここまで寒いと子供によくないので、エアコンを16℃設定にて就寝時も稼働・・・
来月の電気代が楽しみですね( ´艸`)ㇷㇷ

エアコン暖房に合わせて、しっかりと加湿もします。
おかげさまで朝まで快適ですが、窓の結露がすごいことになっております(笑)

IMG_7407 (1)

結露拭きが日課になっているリフォーム設計のクマガイです。

突然ですが皆さんに質問です。

皆さんの部屋の温度は何℃くらいでしょうか?

「そんなこと急に言われても困る」と言う方やそんなこと気にしたことないよ!という方 是非一度、温度計を設置して、ご自身の住宅の温度を見える化してみては如何でしょう。

日本の平均室温は「10℃」と言われるほど、断熱性がよくありません。
これでは身体に良いわけもなく・・・

お年寄りやお子様がいらっしゃるご家庭だと尚更、暖かい方がいいです!!!

高齢者の高血圧の予防に繋がり、子供の活動量も増えます。
部屋が暖かいことで、身体への負担も減り、移動のストレスも少なくなります

更に、住宅内での活動量が増えることで、わざわざ運動をしなくても済むかもしれません。
人生100年時代
より健康に より長く住むことができる家づくりを一緒に作りませんか?

昨年のコロナによる死亡者の数は約3000人程と言われている中で
ヒートショックなどが原因でなくなっている方はどのくらいいらっしゃるかご存知ですか?

約17,000人程です。
コロナの約6倍です。

まずは、この事実を知って頂き、一人でも多くの方の住宅リフォーム工事のお手伝いをしたいと思っております。
安心する家づくり、暖かな家づくりを目指し、このコロナ禍においても、感染対策をしっかりと行いながら、
いち早く1人1人のお客様に日常の暮らしを届けるべく、オンラインでの打合せも行っております。

信州で暮らす多くの方の未来の健康の為に、今の生活を見直してみませんか?