天井好き

*リノベーション2021/3/23

皆さんこんにちは。DD課増澤です。
DRAFT DESIGNチームとは・・・
私たちDRAFT DESIGN(ドラフトデザイン)チームは、
女性が中心となり、建築図面などの作成を行っているチームです。
お客様と直接お会いする機会は少ないですが、
サンプロからお客様へのご提案を技術面から支えています。

先日何年かぶりに現場調査に同行させて頂きました。
DD課はCADで図面やご提案書を作る部署なので、あまり外に出かける事はありませんが、
久しぶりの外出はお天気もよく現調日和(?)で、半日はあっという間に過ぎてしまいました。

今回お邪魔したのは、築120年の古民家のお宅です。
軒が深く、構造材がまるっと見える状態なのは、古い木造住宅の大好きなところです。
ついつい大好きな天井や屋根裏ばかりみてしまって、
帰ってきてから「床ってなんだったっけ?」と写真を見直す。。なんて事になります。
RIMG6972
RIMG8470
IMG_3925

リフォームという部署なので。って訳ではありませんが、
新しくまぶしい位の白いおうちよりか、家の歴史や家族の生活が感じるような古い建物に心惹かれます。
あと構造がそのまま意匠(インテリア)になっているのも木造の建物のステキなところです。
RIMG5674RIMG5679

「古民家に住む」のは聞こえはいいですけど、やっぱり大変なことだと思います。
先祖代々の古い建物を残して次の世代に住みつないでほしいと思う、親の世代の願いもですが、受け入れる子世代の理解も素晴らしいと思います。きっとこういう家に産まれ育ったから、そんな気持ちを引き継げるのだと思います。

私の実家も築140年(と聞いていますが)の古民家です。寒いし、暗いし、段差だらけです。
でも新しい家に建て替える選択はいままで上がらず、現在も母が住みつないでいます。

「暖かい古民家」を実現させるため、これからも古い家の図面を描いていきたいです!