リフォームの際の資金計画の仕方をご紹介します

2018/8/9

■はじめに

リフォームをするにあたり気になるのが資金ですよね.
費用を抑えるためにもしっかりとした資金計画が必要となります。
そこで、この記事では、リフォームの資金計画の仕方をご紹介します。
 

■資金の計算が第一歩

まず、自己資金でリフォームを考えている場合は、貯金などの手持ち資金がいくらあるのかという計算からはじめましょう。
そうすることで、リフォームにどれくらい資金を用意できるのかが明確になります。
それだけでなく、老後や子供教育費など、残しておくべき資金は分けて考えるように注意しましょう。
 

■ローンを決める

手持ちのお金では足りない場合は、ローンの利用を検討しましょう。
リフォームで利用できるローンには、住宅ローンとリフォームローンの2つがあります。
それぞれのローンに特徴があるので、ご自身の必要に応じた選択してください。
また、ローンを借りる際は、いくら借りることができるかより、返済可能かを重視しましょう。
 

■お得な税金制度

リフォームをするにあたり、所得税の控除、固定資産税の減額、贈与税非課税など税金が減らせるお得な制度があります。
これらは、資金の使い方によって使用できる制度が異なり、一定の条件を満たさなければいけませんので注意しましょう。
 

■おわりに

リフォームをする際は、しっかりと資金計画を立て、ミスが起らないようにお気をつけください。