介護のためのトイレリフォームで気をつけたいことご紹介します

2018/10/13

「介護のためにトイレリフォームをしたいけれどどうすればよいか分からない」
そんな悩みをお持ちではないですか?
そこで今回は、介護のためのトイレリフォームで気をつけたい点についてご紹介します。
 

□スペースの確保

介護のためのトイレリフォームでしたら、一般的なトイレ以上にスペースを確保する必要があります。
スペースを開けておくことで、トイレのときに介護をしやすいのはもちろん、広いスペースを確保することでストレスが感じにくくなるという心理面の不安も解消されます。
また、将来車椅子を使うことが考えられる場合は、そうなったときにも対応できるようにしておくといいでしょう。
 

□出入り口

トイレの出入り口は住宅の中で最も使われている出入り口かもしれませんね。
スペースの確保と同じように、介護のためには出入り口にも注意する必要があります。
具体的には、廊下とトイレの段差をなくすこと、万が一のときのために外からも鍵を開けられるようにしておくこと、開閉しやすいスライド式のドアにするなどがあります。
出入り口から便座への距離も重要ですね。
 

□おわりに

トイレは毎日使うものなので、それが快適になるトイレリフォームは介護の大きな助けになります。
ぜひ、今回ご紹介した点に気をつけてご家庭にあったトイレリフォームを考えてましょう。