長野市でリフォームする方へ|リフォームのデザイン性についてご紹介

未分類2019/2/7

「リフォームをしてみたいけれど、デザインの面で融通が利かなさそう・・・」
このように思っている方はいらっしゃいませんか?
実は、リフォームでも多彩なデザインを叶えることが可能なのです。
そこで今回は、リフォームのデザイン性についてご紹介します。
 

□リフォームのデザイン性

 
今のままでも生活はできるけれど、もっとおしゃれに毎日を過ごしたいと思いませんか?
「キッチンはアイランドスタイルにして、家族との会話を楽しみたい。」
「リビングからつながっているようなテラスをつけて、開放感を感じたい。」
「ロフトをつくって、落ち着く空間を手に入れたい。」
このように、理想は尽きないですよね。
リフォームで少し工夫をすれば、暮らしはもっと素敵になります。
今の家の間取りを変更しなくても、雰囲気を大きく変えることは可能なのです。
あなたの生活スタイルにぴったり合ったリフォームを行ってみてはいかがでしょうか。
 

□施工事例のご紹介

 
ここからは、施工事例をご紹介します。
普通、リフォームでは柱や梁が障害となってしまいます。
しかし、弊社では、お客様のご要望をしっかりとヒアリングした上で、障害になり得る柱や梁をあえて活かした空間デザインを提案しております。
プロの経験を活かした提案力で、イメージのブラッシュアップをお手伝いさせていただいています。
それによって、お客様の理想でありながら、オンリーワンのリフォームデザインを作ることが可能となっております。
例えば、今までリビングとダイニングが壁で仕切られており、一つひとつの部屋に圧迫感があった事例を挙げます。
このとき、リビングとダイニングの間の壁を取り払いって開放感あふれる空間にリフォームしました。
リビングとダイニング、そしてキッチンが一つの空間にあると、開放的になることはもちろん、家族同士のコミュニケーションも活発になりますよね。
もちろん、水回りのリフォームにもデザイン性を持たせられます。
狭くなりがちなトイレも、デザインの工夫次第で広く感じさせられるのです。
さらに、二世帯住宅へのリフォームとして、バリアフリーリフォームも大変人気です。
家の中にある段差をなくしたり、手すりを付けたりするリフォームで、家族皆が快適に過ごせるデザインにしましょう。
 

□最後に

 
今回は、リフォームのデザイン性についてご紹介しました。
リフォームでも、デザインにこだわれるとご理解いただけたでしょうか。
この記事を参考に、あなたの家のリフォームデザインも考えてみてはいかがでしょうか。