長野にお住まいの方必見!トイレをリフォームする際の注意点とは?

トイレリフォーム2019/10/26

トイレのリフォームをお考えの方はいませんか?
「トイレをリフォームする場合は、何に注意すればいいの?」
「トイレのリフォームで失敗したくない。」
このように、トイレのリフォームについて知りたい方は多くいらっしゃると思います。
そこで今回は、トイレをリフォームする際の注意点についてご紹介します。

□トイレの面積

トイレは住宅の中でも特に狭い部屋です。
そのため、限られたスペースを有効活用しないと、圧迫感が生じてしまいます。
また、開き戸の開閉時に引っかかってしまう事例もあります。
既存のトイレ内部をリフォームするだけなら、リフォーム後に十分なスペースを確保できるか確認しておきましょう。
特に、便器を大きいサイズのものに替える場合は注意が必要です。
もともとトイレのスペースは狭いため、少し狭くなっただけで圧迫感が生まれます。

□壁や床の素材

トイレは水漏れによる湿気やカビ、汚れがひどくなりやすい場所です。
そのため、湿気やカビに強い壁材や床材を選ぶ必要があります。
特に、床材は耐水性が高く掃除しやすい素材がおすすめです。
例えば、クッションフロアは耐水性に優れているだけでなく、値段もお手頃です。
一方で、木の床材を用いるとシミになりやすいので注意しましょう。
また、壁紙の選択は、室内の印象を変える上でも重要です。

□リフォーム後の安全性

快適さだけを追求してリフォームすると、思わぬところに危険が潜んでいる場合があります。
お年寄りが突然転ぶ、発作が起きて意識を失うといった事態が発生するかもしれません。
そのため、トイレで転ばないように手すりを設置することや、すぐに助けられるようドアを引き戸にすることも検討してみるとよいでしょう。

□コンセントを確認する

便座は機能によって必要とする電力が異なります。
暖房便座は300~500W程度の消費電力で済むものの、温水便座の場合は1000W以上必要です。
利用する便座の消費電力に合わせてコンセントを設置する必要があります。

□トイレ空間に傾斜がないか確認する

排水を正常に行うために、床の傾斜は要チェックです。
リフォーム業者に相談して、事前に確認してもらうとよいでしょう。

□まとめ

今回は、トイレをリフォームする際の注意点についてご紹介しました。
当社では、リフォームについてのご相談を随時受け付けております。
長野で実績を積み上げたリフォームの専門家が、お客様を全面的にバックアップいたします。
ぜひ一度、当社までお問い合わせください。
 

★トイレ交換のご紹介★

トイレリフォームリフォームリフォーム施工事例2019/10/12

皆様、こんにちは!
長野SRリフォーム営業の菅沼です。

10月に入ってすっかり秋になるかと思いきや、
まだ暑い日もありますね><
寒暖差に負けずにくれぐれも体調には気を付けてくださいね!

さて本日は、
【トイレ交換】
のご紹介をさせて頂きます!

(before)
CIMG5902

こちらがこのように大変身!
(after)
IMG_7130
お施主様のセンスもヒカリ、
からし色のクロスとNEWトイレが
とてもおしゃれな空間を演出しています♪

また、こちらもお施主様のこだわりのポイント!
IMG_7141

IMG_7142

トイレだけではなく、お困りの事がございましたら、
ご遠慮なくまずは、お声がけください!お待ちしております♪

安曇野でトイレをリフォームしたいあなたへ!注意すべき点とは?

トイレリフォーム2019/10/8

「トイレをリフォームしたいけど、注意点が分からない。」
「トイレをリフォームするときのやり方を教えてほしい。」
このような思いを抱いている方はいらっしゃいませんか?
トイレをリフォームしようとするきっかけの多くは、トイレの故障です。
トイレが故障してしまうと、非常に不便ですよね。
早めのトイレリフォームが必要です。
今回は、トイレをリフォームする際の注意点を説明します。

□トイレリフォーム前の注意点

*便器のサイズ
見学会などでは、サイズが大きい便器の方が、座りやすく感じます。
しかし、トイレのスペースに対し、便器が大きすぎると、掃除が非常にやりづらいです。
一般的に、便器から壁までが500ミリメートル以上離れていない場合、部屋が狭く感じると言われています。
誤りがないように、念入りにリフォーム会社と確認をしましょう。

*排水管の場所
排水管は、主に2種類存在します。
排水管が見えない床排水と壁に対して排水管を繋いだ壁排水です。
分かりやすく言えば、便座の裏に伸びている排水管が壁排水です。
床排水と壁排水で便器の種類も変わるため、事前に確認しましょう。

*床の素材
近年は、住宅の床をフローリングでまとめるリフォームが人気です。
しかし、トイレの床は水や汚れに強い素材を選びましょう。
フローリングですと、水や掃除の薬剤によって傷みやすいです。

*扉の種類や手洗い場の位置
トイレをリフォームする際に、見落としやすいのが手洗い場の位置と扉の種類です。
タンク式の便器は、狭いスペースの節約に長けています。
しかし、手を洗った際に水滴が床、壁や便器についてしまい、掃除の手間が増えます。
また、扉には引き戸と開き戸の2種類があります。
開き戸であれば、扉を引く十分なスペースがあるかどうかを必ず確認してください。

□トイレの増設

新たにトイレを増やしたい方もいらっしゃると思います。
しかし、トイレの増設をする際は、必ずマンションの管理会社への相談と確認が必要です。
マンションの構造によっては、トイレの増設ができない場合があるからです。

□まとめ

今回は、トイレをリフォームする際の注意点を説明しました。
便器のサイズ、排水管の場所、扉の種類や排水管の位置などを忘れずに確認してください。
今回の記事を参考に、さっそくリフォーム会社へ問い合わせてみてはいかがでしょうか?
当社の売り上げは、長野県で8年連続、第1位です。
多くの実績と施工例があるため、お客様に合ったリフォームを提案できます。
安曇野でリフォームをご検討の方は、当社までお気軽にお問い合わせください。

マンション水回りリフォームの時期とは?安曇野のスタッフが解説!

お風呂リフォームキッチンリフォームトイレリフォーム2019/9/26

「マンションの水回りは、いつリフォームが必要?」
「そもそもリフォームの時期が分からない。」
このような疑問を抱いている方はいらっしゃいませんか?
水回りは、自宅に欠かせない設備です。
しかし、計画的にメンテナンスをしないと、気づかないうちに水回りは劣化しているかもしれません。
そこで今回は、マンションの水回りをリフォームする時期について解説します。

□一般的なリフォームの時期

基本的に、5~10年が経過すると、小さな汚れや破損が出てきます。
早めの対応が、住宅の寿命を延ばします。
10~15年が経過すると、水回り全般に問題が生じます。
そのため、リフォーム時期の目安は10~15年と考えてください。
15~20年が経過すると、水回りの内側や給排水管といった見えない部分に問題が生じます。
そのため、少し規模の大きいリフォームが必要です。

□水回りごとのリフォームの時期

水回りといっても、それぞれに適したリフォームの時期があります。
適切な時期を1つずつ確認しましょう。

*キッチン
キッチンは、およそ15~20年が寿命の目安です。
特に、水漏れ、腐食やキッチン設備の不具合が多いです。
水漏れは、金属の腐食を助長します。
気づきにくいですが、換気扇やオーブンなども劣化している可能性があります。

*トイレ
トイレリフォームは、20年が目安です。
トイレ自体は、外見は問題がなくても、内部に問題があることがあります。
タンク内の部品は、およそ10年、トイレの配管設備はおよそ20年が寿命と言われています。
トイレが突然使えなくなると、生活に深刻な影響があるため、忘れないようにしましょう。

*お風呂
お風呂のタイルやバスタブは、10~15年がリフォーム時期の目安です。
お風呂は、水回りの中で特に腐食の恐れがあります。
毎日使用している水が、ヒビの隙間から内部に浸食します。
シロアリは、高温で湿気が多い場所を好むため、お風呂でも発生する可能性が高いです。
よって、見えない箇所であっても、リフォームの検討は必要です。

□まとめ

今回は、マンションの水回りをリフォームする時期を解説しました。
水回りのリフォームは、10~15年が平均的な目安です。
キッチンは、10~15年が寿命の目安です。
トイレは20年が目安で、お風呂は10~15年を目安にしてください。
水回りのトラブルを防ぐために、早めのリフォームを検討してみてはいかがでしょうか?
当社の売り上げは、長野県で8年連続、第1位です。
多くの実績と施工例があるため、お客様に合ったリフォームを提案できます。
安曇野でリフォームをご検討の方は、当社までお気軽にお問い合わせください。

塩尻の方必見!トイレのリフォームを成功させるポイントとは!?

トイレリフォーム塩尻市松本市2019/7/26

「トイレのリフォームで失敗したくない」
「トイレをスッキリさせたい!」
「最新の設備にしたい!」
とお考えの方はいらっしゃいませんか。
リフォームは自分の好みばかりを優先すると、失敗するかもしれません。
そのため、家のトイレに合ったリフォームをしなければなりません。
しかし、トイレのリフォームについて詳しい方は少ないかと思います。
そこで、トイレのリフォームを成功させるポイントを紹介します。

□トイレのリフォームを成功させるポイント

*タンクレスのトイレにする

数年前まで、家庭用のトイレは後ろに水を流すためにタンクがあることが主流でした。
しかし、最近は家庭用のトイレもタンクレスにすることが主流になっています。
理由は2つあります。
1つ目は、タンクがなくなることで、便器本体がスッキリするからです。
2つ目は、便器本体がスッキリすることで、トイレを広々と使えるからです。
また、タンクレスのトイレにも注意点があります。
タンクレスのトイレにするには、流すときに一定以上の水圧が必要です。
そのため、一定以上の水圧がない場合、流れにくいなどのトラブルが起こります。

*床材を選ぶ

トイレの床材を展示会などで見て、フローリングにしたい方は多いかと思います。
床材をフリーリングにするには、少し注意が必要です。
なぜなら、フローリングは水分に弱いので、さまざまな問題が起きるからです。
例えば、水分で床が腐ってしまうことや洗剤が付着して変色することなどもあります。
当然、トイレは水回りで、水分が付着するため、水分に強い床材が合っています。
このときに、「毎日掃除するから大丈夫!」という方もいるでしょう。
しかし、水分は広範囲に飛ぶため、全て拭き取ることはできません。
加えて、毎日3分間掃除すると、年間で18時間以上の無駄です。
そのため、フローリングにすることはおすすめできません。

*トイレの臭いに注意する

トイレは臭いがこもりやすい場所です。
そのため、臭い対策は必須です。
臭い対策の例として、換気扇をつける、消臭機能がついた便座を選ぶなどがあります。
最近は消臭効果がある壁紙も販売されているため、一度検討してみてはいかがでしょうか。

*老後についても考える

老後について考える方は少ないと思います。
しかし、老後になってからもう一度リフォームすることは二度手間です。
そのため、手すりをつけることやバリアフリーにすることも頭に入れておきましょう。

□まとめ

以上、トイレのリフォームを成功させるポイントを紹介しました。
この記事を参考に、トイレのリフォームを考えてみてはいかがでしょうか。
また、「自分の予算内でどれだけリフォームができるか知りたい!」という方は当社にお問い合わせください。
当社には知識豊富なスタッフが在籍しています。
そのため、わからないことがあれば、丁寧にご説明いたします。

減築リノベーション!

キッチンリフォームデザインリフォームトイレリフォームリビングリフォーム外壁リフォーム屋根リフォーム玄関リフォーム2019/4/13

こんにちは。
コーディネーターの宮坂です。

本日は、先月末までオープンハウスを開催しておりました、
安曇野の減築リノベーションをご紹介致します*

63

今まで県外にお住まいだったご夫婦。
今回、ご主人のご実家である木造2階建てのお家を、
思い切って減築しました。

50

46

3

LDKの無垢床にはクリを使用。
はっきりとした木目が美しい、優しい色合いの床材です*

建具や木部はダークブラウンで仕上げました。
外観も一新し、ご夫婦ご希望の、
安曇野の綺麗な景色を楽しむことができる平屋が完成致しました*

ありがとうございました!

トイレをリフォームする際のポイント|長野のリフォームはお任せください

トイレリフォーム2019/4/6

「トイレが故障してしまった」
「トイレのリフォームのポイントは?」
一般的に家のトイレは10年が過ぎると、ちらほら故障や不具合が出てきます。

急いで修理したい気持ちも分かります。
しかし、緊急対応の業者に頼めば高い修理金額を請求される可能性が高いです。
この際トイレの修理でなく、リフォームをご検討されてはいかがでしょうか。
今回の記事では、トイレリフォームを成功させるポイントをご紹介します。

□工事費用の相場を知っておく

まずは工事費用の相場を知っておきましょう。
予め予算を決めておくことで業者とスムーズな話し合いが行いやすいです。
またトイレリフォームにおいて費用を大きく変えるのが便器選びです。
便器はタンク付きとタンク無しのものに分かれ、値段の相場は10~40万円ほどです。
ちなみにタンク付きのトイレの方が値段が安いですが、タンク無しのものはコンパクトで掃除がしやすい利点がありますよ。

□節水機能を取り入れる

最新のトイレは節水の機能を持つものがあります。
トイレは長期的に使うものなので、長期的に見れば水道代が数万円節約でき、かなりの水道代を減らすことができます。
新しくリフォームする際は、ぜひ節水機能が付いたものを検討してみてください。

□防湿・消臭対策をする

通風や換気、壁の湿気対策も意識しましょう。
トイレの防湿対策ができていないと湿度が上がり、臭いを強く感じてしまいます。
換気扇の付け忘れは決してないようにしましょう。
また消臭・調湿機能のある壁であればより快適な空間になります。

□掃除のしやすさを重視する

トイレ掃除は面倒くさくて億劫になりがちですよね。
トイレの掃除のしやすさも、重要なポイントです。
最新の便器は自動で除菌水を散布したり、自動洗浄したりと、特に掃除がしやすくなっています。
もちろん高性能になると値段が高くなるため、機能を見極めて自分に合ったものを選んでくださいね。

□手洗いを独立にするかどうか

家に友達などの外のお客様を招き入れる機会が多い場合は、独立の手洗いがおすすめです。
手洗いを壁に取り付けるタイプも人気で、小さな化粧スペースが欲しい方は独立の手洗いも検討してみましょう。

□ベーシックな色を選ぶ

トイレには様々な色があります。
ピンクなど温かみのある色もおしゃれですよね。
しかし万が一のトイレの故障を想定し、交換しやすいベーシックなホワイトやアイボリー系を選ぶのがおすすめです。

□まとめ

トイレをリフォームする際のポイントについてお伝えしました。
改善したい箇所を決めてから業者を比較検討し、納得のいくリフォームができるようにしましょう。