リノベーションに用いる断熱材の種類と特徴とは?長野のリフォーム業者がご紹介!

*コラム断熱工事リフォーム2020/2/7

「断熱性を高めるリノベーションに用いる断熱材の種類について知りたい」
「断熱材のそれぞれの特徴が気になる」
「リフォームを検討しているが、断熱材を使用した方が良いのだろうか」
このようにお考えの方は多いのではないでしょうか。
しかし、なかなか断熱材の種類や特徴について知る機会はないですよね。
そこで、今回はそのような方に向けて断熱性を高めるリノベーションに用いる断熱材の種類と特徴について長野のリフォーム業者が解説します。

□そもそも断熱材とは?

家の屋根や壁、床、窓を取り囲み、家の外と中の熱のやり取りを制限してくれる材料のことを言います。
断熱材で一番注目すべき性能は熱をどれくらい通しにくいかということです。
その性能は熱伝導率と呼ばれる熱を通しにくいかどうかを表す指標で高いか低いかを確認できます。

□断熱材の種類と特徴

断熱材は2つの種類に大きく分けられます。

*繊維系

・グラスウール
よく住宅の断熱材として使われる断熱材です。
他と比較して安価であることが特徴です。
繊維の厚みや細さによって、その性能は異なります。
繊維の細いものは高性能グラスウールと言われています。

・セルロースファイバー
リサイクルによって生まれた断熱材です。
古新聞や古着、ペットボトルの原料に作られた断熱材であり、環境に優しいことが特徴です。
また、この断熱材の価格はグラスウールの2~4倍です。

*発泡樹脂系

・ポリスチレンフォーム
床や外断熱によく使われる断熱材です。
水や湿気に強く、断熱性能も高い点が魅力です。
ただし、こちらの断熱材もグラスウールと比べると値段は高いです。

・ウレタンフォーム吹き付け断熱
従来のように既に形になっている断熱材ではなく、吹き付けると発泡する材料を使った断熱材です。
吹き付けるタイプなので隙間を作りにくいです。
また、劣化にも強いと言われている優秀な断熱材です。
現在は2割程度しかシェアを占めていませんが、今後の断熱材の主流となっていく可能性を秘めています。

□まとめ

今回は、断熱性を高めるリノベーションに用いる断熱材の種類と特徴についてご紹介しました。
断熱材には様々な種類がありますが、断熱材ごとの特徴や費用を比較しご自身に目的に合った断熱材を選ぶことがおすすめです。
今回の記事が皆さんの参考になれば幸いです。
当社は、長野県リフォーム売上8年連続第1位を獲得しているリフォーム業者です。
長野にお住まいでリフォームを検討されている方はまずは一度当社へご相談ください。

【松本市】お披露目会

*マンションリフォーム*リノベーション*増築・減築リフォーム内装リフォーム外壁リフォーム断熱工事リフォーム松本市2019/11/8

こんにちは!
リフォームドラフトデザイン課の小松です
______________________________
ドラフトデザイン課とは・・・
女性が中心となり、建築図面などの作成を行っているチームです。
______________________________
先日、11/2、3にリフォーム完成お披露目会が
松本市巾上で開催されました。
お寒い中、ご来場いただきありがとうございました。

ご都合が合わず、参加できなかった方のために
少し紹介させていただきます
まずは写真をご覧ください!!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
before
IMG_1306
after
IMG_2345
IMG_2371

はい。素敵なんです!!
家族での素敵な団らんが目に浮かびます☆

・料理をしながら、子供の勉強が見れるカウンター
・おたよりを貼れ、ラクガキもできる壁
・リビング内にありながらも、隠れ家のようなスタディールーム
・奥様セレクトの素敵なタイル
・防音設計のピアノルーム
・両親を想った、同敷地内のおうち

お施主様の思いがそこら中から感じれる空間となっておりました。
『こんな日常を過ごせる空間が欲しい!』
という思いがある方、
ぜひご相談ください☆

そして寒くなってきた今
私も身をもって感じたのは、断熱性能の良さです。
おうちに入るたびに
あったかい・・・・・・・(T_T)♡
と幸せを感じました。
私の住んでいるマンションも古く、すでに極寒なので
リフォームしたくなっちゃいました。

こちらのお披露目会は終わってしましましたが
ぜひ実際の建物で体感していただきたいです!!
ではまた(^^♪

2019年度版!エコリフォームをする際にもらえる補助金についてご紹介!

断熱工事リフォーム2019/11/7

リフォームをお考えの方はいませんか?
「エコや省エネのためにリフォームをしたら補助金がもらえるの?」
「リフォームに関する補助金にはどんな種類があるのか知りたい。」
このように、エコリフォームについて興味のある方は多くいらっしゃると思います。
そこで今回は、2019年度にエコリフォームする場合の補助金の種類や内容をご紹介します。

□断熱リノベ(高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業)

高性能建材による断熱リフォームによって、一定の省エネ効果(15%以上)が期待できる場合に適用される補助金です。
断熱材やガラスに加えて、今年度からは窓のみのリフォームでも申請できます。
また、家庭用蓄電システムの導入も補助の対象です。
ただし、家庭用蓄電システムは、断熱リフォームに合わせて導入する必要があります。
そして、戸建て住宅のみが対象であることにも注意しましょう。
補助額は、戸建て住宅1軒あたり120万円が上限です。
補助率は、対象費用の3分の1以下です。

□次世代建材(次世代省エネ建材支援事業)

高断熱パネルや潜熱蓄熱建材を用いてリフォームした場合に補助金を受け取れます。
このとき、断熱材や窓といった製品を導入する工事費を加味した補助金が付与されます。
室内側からの施工が可能なため、住みながらリフォームできるのがメリットです。
また、住宅の一部に限ったリフォームにも適用されます。
補助額は、戸建て住宅1軒あたり200万円が上限です。
補助率は、対象費用の2分の1以下です。

□ネット・ゼロ・エネルギーハウス支援事業

太陽光発電でエネルギーを作り、省エネ性もある「ネット・ゼロ・エネルギー住宅」にリフォームする場合の制度です。
ゼロエネルギー住宅とは、家庭でのエネルギー消費量を差し引きゼロ、または削減する住宅を指します。
認可を受けるには、基準を満たす断熱性能や太陽光発電の設備、データ蓄積ができる計測装置が必要です。
補助額は、1戸あたり定額の70万円です。

□長期優良住宅化リフォーム推進事業

耐震、省エネ性能が高く、長持ちする「長期優良住宅」にリフォームする場合も、補助を受けられます。
補助額は、1戸あたり100~250万円が上限です。

□まとめ

今回は、エコのためにリフォームする際の補助金についてご紹介しました。
当社では、リフォームについてのご相談を随時受け付けております。
リフォームの専門家が、お客様を全面的にバックアップいたします。
ぜひ一度、当社までお問い合わせください。
 

減築リフォーム パートⅡ

*リノベーション*施工監督の現場日記断熱工事リフォーム耐震リフォーム自然素材リフォーム2019/3/30

こんにちは

花粉症が絶賛継続中のサンプロリフォーム部営業の矢沢です。
薬と最近流行りの顔にスプレーで吹くタイプの製品で対策をしてまして
何とか過ごしております。

本日は、前回のブログの第二弾ということで
減築工事が着工しましたので
お伝えをさせていただきます!

前回のブログの内容はこちらです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://www.sunpro-reform.jp/blog/page/4

今回は、先月に着工致しまして解体の様子をお伝え致します!

IMG_2991

2階の屋根から解体をしていき
クレーンを使用して、解体の廃材を降ろしていきます。

IMG_2994

内部の写真です。

IMG_3051

新築時の壁は土壁になります。

IMG_3047

養生をして2階解体完了です。
残りは一階のサッシを取りまして、解体完了になります。

DSCF7170

天気に恵まれましたが、解体完了だけでも三週間程
掛かります。

次回は基礎工事になります。

お楽しみに!!!