【塩尻市】リフォームモデルハウス**

リノベーションリフォーム塩尻市2019/9/11

こんにちは!ドラフトデザイン課の中村です(^^)

まだまだ残暑厳しい日が続いていますね~。。
涼しかったり暑かったり… 
皆さま体調を崩されないようにお気を付け下さいね*

サンプロリフォームでは「リフォームモデルハウス」を運営しているのですが、
先日お手入れに行った際に、お庭においしそうな夏野菜を発見しました!!

オクラ!
IMG_0244
ミニとまと!
IMG_0245
バジル!
IMG_0246

オクラは大きくなりすぎておりましたが…(^^;

家庭菜園できるような空間があると気分も楽しくなりますよね◎

どなたでもお気軽にご覧頂ける空間となっておりますので、
ご興味がある方はぜひお問い合わせください!
 ※ご見学は完全予約制です

それでは☆ノ~~

塩尻に住んでいる方必見!リフォームとリノベーションの違いは!?

リフォーム塩尻市松本市2019/8/7

「リノベーションとリフォームの違いは何だろう」
「リノベーションの方が向いているのかなあ」
とお考えの方はいらっしゃいませんか。
実は、リフォームとリノベーションには明確な定義はありません。
そのため、世間ではリフォームとリノベーションが曖昧に使われています。
しかし、言葉の意味には少しだけ違いがあります。
そこで、リノベーションとリフォームの違いを紹介します。

□リフォームとは

時間経過とともに汚れて、古くなってしまった家をできるだけ新築の状態に戻すことです。
一言で説明すると、原状回復するための修繕です。
例えば、古くなった洗面台を付け替える、ヒビが入った浴室の壁を張り替えることなどです。
そのため、新築を0、現在がマイナスだとすると、できるだけ0に近づけることだと言えます。
また、家を綺麗に保つためのメンテナンスだとも言えます。
「大規模な工事はちょっと…」「一部を新しいものに変えたいだけ」という方はリフォームがおすすめです。

□リノベーションとは

内装や間取りをこれから住む方の暮らしに合わせて、機能を刷新して、新しい付加価値を与えることです。
一言で説明すると、機能や価値を再生する改修です。
例えば、4LDKの住宅を3LDKにする、2DKの住宅で壁を取り外してワンルームにするなどです。
そのため、機能やデザインを刷新して、新しい付加価値を与えるものだと言えます。
「ちょっと家のデザインに飽きたなぁ」「家の雰囲気を丸ごと変えたい!」という方はリノベーションがおすすめです。
また、家のイメージがガラッと変わるため、デザインや間取りは慎重に選びましょう。

□リノベーションとリフォームの違い

1番の違いは自由度です。
リフォームではできないことも、リノベーションではできます。
そのため、「自分の希望を反映させることが最優先!」という方はリノベーションを選びましょう。
また、自由度が高いため、大規模な工事になるかもしれません。
すると、工事期間が長くなったり工事費用が高くなったりします。
まとめると、違いは自由度で、それに応じて工事期間や費用の違いがあります。

□まとめ

以上、リノベーションとリフォームの違いを紹介しました。
言葉の違いを分かっていて損はしません。
また、「自分の予算内でどれだけリフォームができるか知りたい!」
「自分はどちらが向いているか知りたい!」という方は当社にお問い合わせください。
当社には知識豊富なスタッフが在籍しています。
そのため、分からないことがあれば、丁寧にご説明いたします。

塩尻の方必見!トイレのリフォームを成功させるポイントとは!?

トイレリフォーム塩尻市松本市2019/7/26

「トイレのリフォームで失敗したくない」
「トイレをスッキリさせたい!」
「最新の設備にしたい!」
とお考えの方はいらっしゃいませんか。
リフォームは自分の好みばかりを優先すると、失敗するかもしれません。
そのため、家のトイレに合ったリフォームをしなければなりません。
しかし、トイレのリフォームについて詳しい方は少ないかと思います。
そこで、トイレのリフォームを成功させるポイントを紹介します。

□トイレのリフォームを成功させるポイント

*タンクレスのトイレにする

数年前まで、家庭用のトイレは後ろに水を流すためにタンクがあることが主流でした。
しかし、最近は家庭用のトイレもタンクレスにすることが主流になっています。
理由は2つあります。
1つ目は、タンクがなくなることで、便器本体がスッキリするからです。
2つ目は、便器本体がスッキリすることで、トイレを広々と使えるからです。
また、タンクレスのトイレにも注意点があります。
タンクレスのトイレにするには、流すときに一定以上の水圧が必要です。
そのため、一定以上の水圧がない場合、流れにくいなどのトラブルが起こります。

*床材を選ぶ

トイレの床材を展示会などで見て、フローリングにしたい方は多いかと思います。
床材をフリーリングにするには、少し注意が必要です。
なぜなら、フローリングは水分に弱いので、さまざまな問題が起きるからです。
例えば、水分で床が腐ってしまうことや洗剤が付着して変色することなどもあります。
当然、トイレは水回りで、水分が付着するため、水分に強い床材が合っています。
このときに、「毎日掃除するから大丈夫!」という方もいるでしょう。
しかし、水分は広範囲に飛ぶため、全て拭き取ることはできません。
加えて、毎日3分間掃除すると、年間で18時間以上の無駄です。
そのため、フローリングにすることはおすすめできません。

*トイレの臭いに注意する

トイレは臭いがこもりやすい場所です。
そのため、臭い対策は必須です。
臭い対策の例として、換気扇をつける、消臭機能がついた便座を選ぶなどがあります。
最近は消臭効果がある壁紙も販売されているため、一度検討してみてはいかがでしょうか。

*老後についても考える

老後について考える方は少ないと思います。
しかし、老後になってからもう一度リフォームすることは二度手間です。
そのため、手すりをつけることやバリアフリーにすることも頭に入れておきましょう。

□まとめ

以上、トイレのリフォームを成功させるポイントを紹介しました。
この記事を参考に、トイレのリフォームを考えてみてはいかがでしょうか。
また、「自分の予算内でどれだけリフォームができるか知りたい!」という方は当社にお問い合わせください。
当社には知識豊富なスタッフが在籍しています。
そのため、わからないことがあれば、丁寧にご説明いたします。