【長野市】★リノベーション★

*お風呂リフォーム*イベント情報*キッチンリフォーム*トイレリフォーム*マンションリフォーム*大工の現場日記*性能向上リフォーム2019/12/8

こんにちは!
リフォーム営業長野エリア担当の菅沼です!

本日ご紹介いたしますのは、
歴史ある町、【松代】で先日お引渡し致しました、
「リノベーション」のご案内です。

親御様から引き継いだお家をこれからも快適に永く住みたいとの事で
ご依頼を頂きました!

〇BEFORE〇
IMG_6116

おしゃれで、理想を詰め込みたい!!
そんなお打合せを重ねさせて頂き、
完成したご自宅が・・・

〇AFTER〇
IMG_5099
IMG_5069

インスタ映えしそうな出来栄えです!!

実は、お客様の御好意で、

【1月11日(土)~13日(月)】の3日間お披露目会を開催致します!!

HPにも近々情報がUPされますので、
お見逃しなく!!
是非、サンプロリノベーションの体感をしにきてください♪

【諏訪市】今晩は!

*その他リフォーム*トイレリフォーム2019/11/26

皆さん、こんばんは!グロースセクション大工の大室です。
最近は大工応援が多く色々な現場で作業しております。
今、作業している現場の紹介をしたいと思います。

IMG_0091

ここはトイレです。これから内装工事が始まり最後に手洗器やトイレといった器具が
設備屋さんによって取付けられます。

IMG_0092

ここは通路なのですが日中はずっと日が入る場所で洗濯物を干したりするのに良さそうでした。

私は多くの現場で作業をさせて頂いてますが毎回大工工事が終わるたびに無事終わったことへの喜びと今後、どのように仕上がっていくのかが気になります。
この現場も綺麗に仕上がり何事もなくお客様に引き渡し出来ればと思います。

以上です。

水回りのリフォームが必要なタイミングっていつ?長野にお住いの方必見!

*お知らせ*お風呂リフォーム*その他水廻りリフォーム*キッチンリフォーム*コラム*トイレリフォーム2019/11/26

「最近、家族で水回りのリフォームについて検討している。」
「水回りのリフォームって一体どういう時に行ったらいいんだろう。」
このように、水回りのリフォームについてお悩みの方も多いのではないでしょうか。
ある程度の費用もかかってくるため、適切なタイミングにリフォームしたいですよね。
そこで今回、水回りのリフォームが必要なタイミングについてご紹介します。

□水回りのリフォームが必要なタイミング

*築年数から考えるタイミング

故障や老朽化を放っておくと、修復が困難になってしまう可能性もありますので、築年数から考えていきましょう。
浴室は10年から15年、トイレと洗面所は10年から20年ほどで、リフォームをした方がいいと言われています。
特に目立った故障がなくてもリフォームが必要になる場合があります。
特に水回りは、見た目で判断しにくいです。
万が一以下の症状が出ている際は、メンテナンスをおすすめします。
・浴室:タイルのひび、はがれ、給湯器の点火不良、水栓不良等
・トイレ:便器やタンクの水漏れ、破損、しつこい汚れ等
・洗面所:ボールやガラスの破損、水漏れ等

*住み心地から考えるタイミング

リフォームする方の動向として、設備の使い勝手に不満のある方も多いようです。
水回りは特に、収納したいものが多くあるのにもかかわらず、収納できる場所が少ないでしょう。
リフォームして収納を増やすことで、全体的にすっきりとした印象になります。
しかし、リフォームするには、費用がかかってくるため、あらかじめどこに何を入れたいのか、量はどれくらいなのかをしっかり考えた上で、リフォームを活用してみてくださいね。

*デザインから考えるタイミング

水回りは、長年使っていると、色あせてきてしまってリフォームを考える方も多いようです。
水回りのカラーを統一することで、一体感のあるデザインにできます。
毎日使うところだからこそデザインも意識したいですね。

□水回りをまとめてリフォームする

水回りは、まとめてリフォームする方が費用を削減できます。
関連工事をまとめて行い、効率が上がるためでしょう。
そのため、タイミングを考えて、まとめてリフォームした方がいいかもしれませんね。

□まとめ

今回、水回りのリフォームが必要なタイミングについてご紹介しました。
決して安い買い物ではないからこそ、タイミングを考えてリフォームして、快適に暮らせるようにしたいですね。
当社では、リフォームについてのご相談を随時受け付けております。
長野で実績を積み上げたリフォームの専門家が、お客様を全面的にサポートさせて頂きますので、何かありましたらお気軽に当社までお問い合わせください。
 

【松本市】イメージチェンジ

*トイレリフォーム2019/10/27

こんにちは。リフォーム営業の向山です。
最近は、台風など天候の崩れることが多く、すっきりしない日が多いですね。
皆様はいかがお過ごしでしょうか?

今日は、自分が以前担当したお客様の事例をご紹介したいと思います。
工事内容としては、トイレの交換でした。
ただ、トイレの交換をするとともに壁が汚れたりしていましたので、
クロスの張替え、木枠の塗装も合わせて行いました。
トイレという同じ空間ではありますが、壁紙、木枠の塗装、収納を変える
ことで、雰囲気も大きくかわります。

~Before~
IMG_4478

~After~
CIMG8388

このようにトイレを交換する場合など一緒に行うことで、新鮮味をだすこともできます。
ご参考になればと思い、ご紹介いたしました。
今回は、ここまで。
リフォーム営業の向山でした。

長野にお住まいの方必見!トイレをリフォームする際の注意点とは?

*お知らせ*コラム*トイレリフォーム2019/10/26

トイレのリフォームをお考えの方はいませんか?
「トイレをリフォームする場合は、何に注意すればいいの?」
「トイレのリフォームで失敗したくない。」
このように、トイレのリフォームについて知りたい方は多くいらっしゃると思います。
そこで今回は、トイレをリフォームする際の注意点についてご紹介します。

□トイレの面積

トイレは住宅の中でも特に狭い部屋です。
そのため、限られたスペースを有効活用しないと、圧迫感が生じてしまいます。
また、開き戸の開閉時に引っかかってしまう事例もあります。
既存のトイレ内部をリフォームするだけなら、リフォーム後に十分なスペースを確保できるか確認しておきましょう。
特に、便器を大きいサイズのものに替える場合は注意が必要です。
もともとトイレのスペースは狭いため、少し狭くなっただけで圧迫感が生まれます。

□壁や床の素材

トイレは水漏れによる湿気やカビ、汚れがひどくなりやすい場所です。
そのため、湿気やカビに強い壁材や床材を選ぶ必要があります。
特に、床材は耐水性が高く掃除しやすい素材がおすすめです。
例えば、クッションフロアは耐水性に優れているだけでなく、値段もお手頃です。
一方で、木の床材を用いるとシミになりやすいので注意しましょう。
また、壁紙の選択は、室内の印象を変える上でも重要です。

□リフォーム後の安全性

快適さだけを追求してリフォームすると、思わぬところに危険が潜んでいる場合があります。
お年寄りが突然転ぶ、発作が起きて意識を失うといった事態が発生するかもしれません。
そのため、トイレで転ばないように手すりを設置することや、すぐに助けられるようドアを引き戸にすることも検討してみるとよいでしょう。

□コンセントを確認する

便座は機能によって必要とする電力が異なります。
暖房便座は300~500W程度の消費電力で済むものの、温水便座の場合は1000W以上必要です。
利用する便座の消費電力に合わせてコンセントを設置する必要があります。

□トイレ空間に傾斜がないか確認する

排水を正常に行うために、床の傾斜は要チェックです。
リフォーム業者に相談して、事前に確認してもらうとよいでしょう。

□まとめ

今回は、トイレをリフォームする際の注意点についてご紹介しました。
当社では、リフォームについてのご相談を随時受け付けております。
長野で実績を積み上げたリフォームの専門家が、お客様を全面的にバックアップいたします。
ぜひ一度、当社までお問い合わせください。
 

【長野市】★トイレ交換のご紹介★

*トイレリフォーム*リノベーション2019/10/12

皆様、こんにちは!
長野SRリフォーム営業の菅沼です。

10月に入ってすっかり秋になるかと思いきや、
まだ暑い日もありますね><
寒暖差に負けずにくれぐれも体調には気を付けてくださいね!

さて本日は、
【トイレ交換】
のご紹介をさせて頂きます!

(before)
CIMG5902

こちらがこのように大変身!
(after)
IMG_7130
お施主様のセンスもヒカリ、
からし色のクロスとNEWトイレが
とてもおしゃれな空間を演出しています♪

また、こちらもお施主様のこだわりのポイント!
IMG_7141

IMG_7142

トイレだけではなく、お困りの事がございましたら、
ご遠慮なくまずは、お声がけください!お待ちしております♪

安曇野でトイレをリフォームしたいあなたへ!注意すべき点とは?

*お知らせ*コラム*トイレリフォーム2019/10/8

「トイレをリフォームしたいけど、注意点が分からない。」
「トイレをリフォームするときのやり方を教えてほしい。」
このような思いを抱いている方はいらっしゃいませんか?
トイレをリフォームしようとするきっかけの多くは、トイレの故障です。
トイレが故障してしまうと、非常に不便ですよね。
早めのトイレリフォームが必要です。
今回は、トイレをリフォームする際の注意点を説明します。

□トイレリフォーム前の注意点

*便器のサイズ
見学会などでは、サイズが大きい便器の方が、座りやすく感じます。
しかし、トイレのスペースに対し、便器が大きすぎると、掃除が非常にやりづらいです。
一般的に、便器から壁までが500ミリメートル以上離れていない場合、部屋が狭く感じると言われています。
誤りがないように、念入りにリフォーム会社と確認をしましょう。

*排水管の場所
排水管は、主に2種類存在します。
排水管が見えない床排水と壁に対して排水管を繋いだ壁排水です。
分かりやすく言えば、便座の裏に伸びている排水管が壁排水です。
床排水と壁排水で便器の種類も変わるため、事前に確認しましょう。

*床の素材
近年は、住宅の床をフローリングでまとめるリフォームが人気です。
しかし、トイレの床は水や汚れに強い素材を選びましょう。
フローリングですと、水や掃除の薬剤によって傷みやすいです。

*扉の種類や手洗い場の位置
トイレをリフォームする際に、見落としやすいのが手洗い場の位置と扉の種類です。
タンク式の便器は、狭いスペースの節約に長けています。
しかし、手を洗った際に水滴が床、壁や便器についてしまい、掃除の手間が増えます。
また、扉には引き戸と開き戸の2種類があります。
開き戸であれば、扉を引く十分なスペースがあるかどうかを必ず確認してください。

□トイレの増設

新たにトイレを増やしたい方もいらっしゃると思います。
しかし、トイレの増設をする際は、必ずマンションの管理会社への相談と確認が必要です。
マンションの構造によっては、トイレの増設ができない場合があるからです。

□まとめ

今回は、トイレをリフォームする際の注意点を説明しました。
便器のサイズ、排水管の場所、扉の種類や排水管の位置などを忘れずに確認してください。
今回の記事を参考に、さっそくリフォーム会社へ問い合わせてみてはいかがでしょうか?
当社の売り上げは、長野県で8年連続、第1位です。
多くの実績と施工例があるため、お客様に合ったリフォームを提案できます。
安曇野でリフォームをご検討の方は、当社までお気軽にお問い合わせください。

マンション水回りリフォームの時期とは?安曇野のスタッフが解説!

*お風呂リフォーム*その他水廻りリフォーム*キッチンリフォーム*トイレリフォーム2019/9/26

「マンションの水回りは、いつリフォームが必要?」
「そもそもリフォームの時期が分からない。」
このような疑問を抱いている方はいらっしゃいませんか?
水回りは、自宅に欠かせない設備です。
しかし、計画的にメンテナンスをしないと、気づかないうちに水回りは劣化しているかもしれません。
そこで今回は、マンションの水回りをリフォームする時期について解説します。

□一般的なリフォームの時期

基本的に、5~10年が経過すると、小さな汚れや破損が出てきます。
早めの対応が、住宅の寿命を延ばします。
10~15年が経過すると、水回り全般に問題が生じます。
そのため、リフォーム時期の目安は10~15年と考えてください。
15~20年が経過すると、水回りの内側や給排水管といった見えない部分に問題が生じます。
そのため、少し規模の大きいリフォームが必要です。

□水回りごとのリフォームの時期

水回りといっても、それぞれに適したリフォームの時期があります。
適切な時期を1つずつ確認しましょう。

*キッチン
キッチンは、およそ15~20年が寿命の目安です。
特に、水漏れ、腐食やキッチン設備の不具合が多いです。
水漏れは、金属の腐食を助長します。
気づきにくいですが、換気扇やオーブンなども劣化している可能性があります。

*トイレ
トイレリフォームは、20年が目安です。
トイレ自体は、外見は問題がなくても、内部に問題があることがあります。
タンク内の部品は、およそ10年、トイレの配管設備はおよそ20年が寿命と言われています。
トイレが突然使えなくなると、生活に深刻な影響があるため、忘れないようにしましょう。

*お風呂
お風呂のタイルやバスタブは、10~15年がリフォーム時期の目安です。
お風呂は、水回りの中で特に腐食の恐れがあります。
毎日使用している水が、ヒビの隙間から内部に浸食します。
シロアリは、高温で湿気が多い場所を好むため、お風呂でも発生する可能性が高いです。
よって、見えない箇所であっても、リフォームの検討は必要です。

□まとめ

今回は、マンションの水回りをリフォームする時期を解説しました。
水回りのリフォームは、10~15年が平均的な目安です。
キッチンは、10~15年が寿命の目安です。
トイレは20年が目安で、お風呂は10~15年を目安にしてください。
水回りのトラブルを防ぐために、早めのリフォームを検討してみてはいかがでしょうか?
当社の売り上げは、長野県で8年連続、第1位です。
多くの実績と施工例があるため、お客様に合ったリフォームを提案できます。
安曇野でリフォームをご検討の方は、当社までお気軽にお問い合わせください。

安曇野でリフォームを検討中の方へ!見積もりのチェックポイントを解説!

*お知らせ*お風呂リフォーム*その他リフォーム*その他水廻りリフォーム*キッチンリフォーム*コラム*トイレリフォーム*マンションリフォーム*リノベーション*増築・減築リフォーム*屋根・外壁リフォーム*性能向上リフォーム2019/9/7

「リフォームの見積もりで何を見たらいいのか分からない!」
「見積書のチェックポイントを知りたい!」
とお考えの方はいらっしゃいませんか。
リフォームにおいて、複数の業者から見積もりを取り、検討することは必須のプロセスです。
しかし、具体的に何を見ればいいのか分からない方が多いと思います。
そこで今回は、見積もりのチェックポイントについて解説します。
見積もりのチェックポイントを押さえ、リフォームを成功させましょう。

□見積書のチェックポイント

*部材は具体的で適当か

まず、リフォームに使われる部材が具体的に明記されているか確認しましょう。
適切な見積もりであるなら、部材の型番が記載されているはずです。
部材が具体的に分からないと、完成のイメージも湧かないでしょう。
また、必要以上のグレードの部材を使われていても、気づけません。
他社と正確に比較するためにも、グレードを把握した状態で見積もりを見る必要があります。

*単価は適当か

部材が明確に分かれば、その単価が適当か確認しましょう。
同じ部材なのに、明らかに単価が変われば、悪徳業者の可能性があります。
数円の差でも、数量が多くなると、大きな差になります。

*数量は具体的で適当か

単価と同時に、数量もチェックしておく必要があります。
部材の数量があなたのリフォームに適切な数量なのかを確認しましょう。
見積もりの段階で少ない数量を提示し、後から追加で必要になったと伝え、追加費用を請求する悪徳業者もいます。
複数の業者の見積もりを比較することで、適切な数量を把握できます。

*諸経費は適当か

ここまで、とにかく細かく費用を確認する必要性を述べてきました。
しかし、諸費用は具体的な中身が分かりにくい費用です。
そのため、諸費用が適切な金額かを見極めるのは少し難しいですが、相場はあります。
諸費用は、全体の工事費の10~15%が相場です。
そこから大きく外れている見積もりは、一度疑ってみる必要があります。

□まとめ

今回は、見積もりのチェックポイントについて解説しました。
見積もりで何を見るべきかご理解いただけたでしょうか。
この記事を参考に、リフォームを検討してみてはいかがですか。
当社は、リフォームの売り上げが長野県で8年連続、第1位です。
そのため、たくさんの実績があり、お客様に合ったリフォームを提案できます。
安曇野でリフォームをご検討の方、見積もりのチェックポイントを詳しく知りたい方は、当社までお気軽にお問い合わせください。

塩尻の方必見!トイレのリフォームを成功させるポイントとは!?

*お知らせ*コラム*トイレリフォーム2019/7/26

「トイレのリフォームで失敗したくない」
「トイレをスッキリさせたい!」
「最新の設備にしたい!」
とお考えの方はいらっしゃいませんか。
リフォームは自分の好みばかりを優先すると、失敗するかもしれません。
そのため、家のトイレに合ったリフォームをしなければなりません。
しかし、トイレのリフォームについて詳しい方は少ないかと思います。
そこで、トイレのリフォームを成功させるポイントを紹介します。

□トイレのリフォームを成功させるポイント

*タンクレスのトイレにする

数年前まで、家庭用のトイレは後ろに水を流すためにタンクがあることが主流でした。
しかし、最近は家庭用のトイレもタンクレスにすることが主流になっています。
理由は2つあります。
1つ目は、タンクがなくなることで、便器本体がスッキリするからです。
2つ目は、便器本体がスッキリすることで、トイレを広々と使えるからです。
また、タンクレスのトイレにも注意点があります。
タンクレスのトイレにするには、流すときに一定以上の水圧が必要です。
そのため、一定以上の水圧がない場合、流れにくいなどのトラブルが起こります。

*床材を選ぶ

トイレの床材を展示会などで見て、フローリングにしたい方は多いかと思います。
床材をフリーリングにするには、少し注意が必要です。
なぜなら、フローリングは水分に弱いので、さまざまな問題が起きるからです。
例えば、水分で床が腐ってしまうことや洗剤が付着して変色することなどもあります。
当然、トイレは水回りで、水分が付着するため、水分に強い床材が合っています。
このときに、「毎日掃除するから大丈夫!」という方もいるでしょう。
しかし、水分は広範囲に飛ぶため、全て拭き取ることはできません。
加えて、毎日3分間掃除すると、年間で18時間以上の無駄です。
そのため、フローリングにすることはおすすめできません。

*トイレの臭いに注意する

トイレは臭いがこもりやすい場所です。
そのため、臭い対策は必須です。
臭い対策の例として、換気扇をつける、消臭機能がついた便座を選ぶなどがあります。
最近は消臭効果がある壁紙も販売されているため、一度検討してみてはいかがでしょうか。

*老後についても考える

老後について考える方は少ないと思います。
しかし、老後になってからもう一度リフォームすることは二度手間です。
そのため、手すりをつけることやバリアフリーにすることも頭に入れておきましょう。

□まとめ

以上、トイレのリフォームを成功させるポイントを紹介しました。
この記事を参考に、トイレのリフォームを考えてみてはいかがでしょうか。
また、「自分の予算内でどれだけリフォームができるか知りたい!」という方は当社にお問い合わせください。
当社には知識豊富なスタッフが在籍しています。
そのため、わからないことがあれば、丁寧にご説明いたします。