塩尻の方必見!トイレのリフォームを成功させるポイントとは!?

*お知らせ*コラム*トイレリフォーム2019/7/26

「トイレのリフォームで失敗したくない」
「トイレをスッキリさせたい!」
「最新の設備にしたい!」
とお考えの方はいらっしゃいませんか。
リフォームは自分の好みばかりを優先すると、失敗するかもしれません。
そのため、家のトイレに合ったリフォームをしなければなりません。
しかし、トイレのリフォームについて詳しい方は少ないかと思います。
そこで、トイレのリフォームを成功させるポイントを紹介します。

□トイレのリフォームを成功させるポイント

*タンクレスのトイレにする

数年前まで、家庭用のトイレは後ろに水を流すためにタンクがあることが主流でした。
しかし、最近は家庭用のトイレもタンクレスにすることが主流になっています。
理由は2つあります。
1つ目は、タンクがなくなることで、便器本体がスッキリするからです。
2つ目は、便器本体がスッキリすることで、トイレを広々と使えるからです。
また、タンクレスのトイレにも注意点があります。
タンクレスのトイレにするには、流すときに一定以上の水圧が必要です。
そのため、一定以上の水圧がない場合、流れにくいなどのトラブルが起こります。

*床材を選ぶ

トイレの床材を展示会などで見て、フローリングにしたい方は多いかと思います。
床材をフリーリングにするには、少し注意が必要です。
なぜなら、フローリングは水分に弱いので、さまざまな問題が起きるからです。
例えば、水分で床が腐ってしまうことや洗剤が付着して変色することなどもあります。
当然、トイレは水回りで、水分が付着するため、水分に強い床材が合っています。
このときに、「毎日掃除するから大丈夫!」という方もいるでしょう。
しかし、水分は広範囲に飛ぶため、全て拭き取ることはできません。
加えて、毎日3分間掃除すると、年間で18時間以上の無駄です。
そのため、フローリングにすることはおすすめできません。

*トイレの臭いに注意する

トイレは臭いがこもりやすい場所です。
そのため、臭い対策は必須です。
臭い対策の例として、換気扇をつける、消臭機能がついた便座を選ぶなどがあります。
最近は消臭効果がある壁紙も販売されているため、一度検討してみてはいかがでしょうか。

*老後についても考える

老後について考える方は少ないと思います。
しかし、老後になってからもう一度リフォームすることは二度手間です。
そのため、手すりをつけることやバリアフリーにすることも頭に入れておきましょう。

□まとめ

以上、トイレのリフォームを成功させるポイントを紹介しました。
この記事を参考に、トイレのリフォームを考えてみてはいかがでしょうか。
また、「自分の予算内でどれだけリフォームができるか知りたい!」という方は当社にお問い合わせください。
当社には知識豊富なスタッフが在籍しています。
そのため、わからないことがあれば、丁寧にご説明いたします。

長野県の方必見!水回りのリフォームのタイミングとは!?

*お知らせ*お風呂リフォーム*その他リフォーム*その他水廻りリフォーム*コラム*トイレリフォーム*リノベーション2019/7/8

「最近、水回りが古くなってきた」
「水回りのリフォームっていつからがいいんだろう」
「水回りの耐用年数ってどれくらいだろう」
と思う方はいるのではないでしょうか。
確かに、水回りは毎日使うため気になる場所です。
そのため、リフォームしたい人気な場所でキッチンやお風呂場は上位に入ってきます。
しかし、「少しの汚れならクリーニングだけでも」と思う方は多いと思います。
そこで、水回りのリフォームをするタイミングを紹介します。

□水回りのリフォームをするタイミング

*耐用年数が過ぎたとき

リフォームするタイミングの目安の1つとして耐用年数が挙げられます。
そこで、水回りのそれぞれの耐用年数を紹介します。
キッチン・台所は10~20年
風呂・浴室は10~15年
トイレは10~20年
洗面所は10~20年
しかし、この耐用年数は本体を全て取り替えるリフォームの目安です。
例えば、トイレの便座が壊れた、風呂場の汚れが取れないという場合は異なります。

*不具合や汚れが出てきたとき

「最近、コンロの汚れが取れにくくなってきた」
「排水口の臭いや詰まりが気になり始めた」という方はいませんか。
たとえ耐用年数が過ぎていなくても、10年ほど経てば不具合や汚れが出てきます。
何か不具合が出てきて、「もうあれから10年も経ったのか…」と懐かしく思う方も多いでしょう。
そして、この不具合が出てきたときにリフォームをする方もいます。
例えば、トイレのタンクが水漏れした場合やお風呂場の壁のタイルにヒビが入った場合などのときにリフォームします。
また、水回りは水によって侵食されやすい場所であるため、定期的にメンテナンスすることも必要です。

□水回りのリフォームのコツ

水回りのリフォームは同時にすることがおすすめです。
水回りのリフォームは同じ業者が入ることが多いため、まとめてリフォームを依頼すると安くなる可能性があります。
そのため、水回りのリフォームは「これも古いから一緒にやってしまいたい!」というところがあれば、まとめてリフォームしましょう。

□まとめ

以上、水回りのリフォームをするタイミングを紹介しました。
この記事を参考に、自分の家がリフォームするタイミングなのか考えてはいかがですか。
また、「水回りのリフォームについて相談したい」「自分の予算に合ったプランを提案してほしい」という方は当社にお問い合わせください。
当社は長野県で8年連続リフォームの売り上げが1位です。
そのため、信頼と実績があり、お客様が安心して相談できます。
他にも、リフォームのスペシャリストが在籍しているため、お客様に合ったプランを提案できます。

【箕輪町】お引渡し

*お風呂リフォーム*その他リフォーム*その他水廻りリフォーム*キッチンリフォーム*トイレリフォーム*屋根・外壁リフォーム2019/6/22

営業の矢嶋です。
今年の梅雨は、序盤順調に雨が降っていたのですが、中休み?が長く、個々の所暑いですねぇ・・・
そんなにジメジメ感ないし・・またいつの間にか夏突入!とかになっちゃうんですかね??
暑いのやだなぁ・・(-_-;)去年みたいなのホントにやだなぁ(+o+)
よし!今夜はそうめん食べよう!
というわけで、先日箕輪町にてお引渡しさせていただいたお宅をご紹介します。

中古物件を購入後、リフォームをして家族4人で暮らしたい!とのご要望でした。
サンプロの事はインターネットでお知りになられたそうで、昨年の9月に会社案内からスタートし、その数日後に「プラン申込み」を頂き、耐震診断。
築年数は35年ほど経っていましたが、潜ってみたら状態はあまり深刻ではなく、むしろ白蟻被害や腐食は見られず、リフォームして十分価値が上げられる建物でした。
その後、間取りの打ち合わせ、仕様決め、見積もり提出と進んでいき無事ご契約。今年の2月に着工し、今月完成しました。
ただ、これ中古物件あるあるなんですが、「現状渡し」なので、家の内外共に以前住まわれていたオーナー様の不要物が相当量残されており、その片付けがかなり大変な
感じでした。
なので、今回のbefore写真は外部のみご紹介します。内部はちょっとお見せ出来兼ねまして・・・(^_^;)
こちらです↓↓
IMGP2502

この現状の外壁の上に、今後のアフターメンテナンス費用を極力抑えるためガルバリウム鋼板でできたサイディングを増し貼りしました。
↓↓
IMGP4505
IMGP4515
いい感じですね!(^^ゞ

内部はほんの一部ですがafter写真をどうぞ
↓↓
IMGP4477

IMGP4495

IMGP4499

IMGP4485

ご要望に沿うリフォームが完成し、お客様はご家族で心から喜んで頂きました。
また一つ、私の中で思い出に残るリフォームが完成しました。
H様、本当にありがとうございました。これからもアフターサービス等でお世話になりますが、宜しくお願い致します。

長野の主婦の方必見!リフォームの資金計画のやり方とは!?

*お知らせ*お風呂リフォーム*その他リフォーム*その他水廻りリフォーム*キッチンリフォーム*コラム*トイレリフォーム*マンションリフォーム*リノベーション*増築・減築リフォーム*屋根・外壁リフォーム*性能向上リフォーム2019/6/20

「リフォームしたいけど、お金がかかりそう」
「ローンを利用したいけど大丈夫かな?」
「リフォームローンってなに?」
と思う方はいるのではないでしょうか。
リフォームするときは数十万円から高いものでは1000万円ほどします。
それを自己資金のみで支払うことは難しい方が多いと思います。
しかし、リフォームの場合でもローンを利用できます。
そこで、リフォームの資金計画のやり方を紹介します。

□資金計画

*リフォームローンを利用する

「リフォームローンなんか聞いたことない」という方が多いと思います。
最近はリフォームの需要が高まってきたため、リフォームローン利用できる銀行が増えています。
リフォームローンのメリットは、審査が早く簡単にローンが利用できることです。
しかし、リフォームローンは住宅ローンより返済期間が短いことや、金利が高いことのデメリットもあります。
また、ローンを利用するためにはリフォームの見積書や図面が必要です。

*住宅ローンを利用する

「リフォームするときに住宅ローンを利用できるの?」と思う方もいると思います。
しかし、住宅ローンはリフォームするときも利用できます。
住宅ローンは返済期間が長いことや借入限度が多いことがあります。
そのため、500万円を超える場合は住宅ローンを利用することになります。
また、住宅ローンは審査が長いというデメリットがあります。
そのため、住宅ローンを利用するときはリフォームまでの期間に余裕を持って審査を受けましょう。

*自己資金のみで行う

自己資金のみで行うメリットは借り入れによる利息が必要ないことです。
まず、自己資金のみで行う場合は、貯金や保険などを確認して手持ちのお金がどのくらいあるのか計算します。
その後、老後や教育費でどのくらい残しておく必要があるか計算します。
すると、使えるお金が出てきます。
これは手持ちのお金があまりない方や、これから教育費が必要になる方へはおすすめできません。

□まとめ

以上、リフォームの資金計画のやり方を紹介しました。
この記事を参考に、自分に合っている方法を選んでみてはいかがですか。
また、「長野県で信用できる業者にお願いしたい」「どれくらいの予算が必要か知りたい」という方は当社にお問い合わせください。
当社は長野県で8年連続売り上げがNo.1です。
そのため、信頼と実績があり、お客様が安心して相談できます。
他にもリフォームのスペシャリストが在籍しているため、お客様に合ったプランを提案できます。

長野の主婦必見!水回りのリフォームの注意点とは!?

*お知らせ*お風呂リフォーム*その他リフォーム*その他水廻りリフォーム*キッチンリフォーム*コラム*トイレリフォーム*リノベーション2019/6/14

「お風呂場のタイルにヒビが入ってきた」
「水回りをリフォームしたいけど、失敗したくない」
「築15年以上の物件だからリフォームも考えようかな」
と思う方はいるのではないでしょうか。
水回りは生活する上で使用する回数が多いため、気になりますよね。
また、水を使用するため、カビが生える、床が侵食されたなど問題が起こりやすい場所です。
そのため、キッチンやトイレはリフォームしたい場所の上位に入ります。
しかし、リフォームの注意点を知らないと後で後悔するかもしれません。
そこで、水回りのリフォームの注意点を紹介します。

□水回りのリフォームの注意点

*トイレ

トイレをリフォームするときの失敗を2つ紹介します。
1つ目は便座が大きすぎたことです。
トイレの便座を変えるときに、展示会で試して座りやすかった大きな便座を選ぶ方がたくさんいます。
しかし、その便座のサイズが自分の家のトイレに合うかわかりません。
もし、大きすぎる便座を選んだ場合、トイレが狭くなり閉塞感が生まれます。
2つ目は床の材質を間違えることです。
床がフローリングのトイレは展示会ではおしゃれに見えても、実際は使っていないため後で起こる問題がわかりません。
例えば、トイレの床は水で濡れると床の材質によっては腐ることがあります。

*キッチン

キッチン選びを間違える方がたくさんいます。
キッチンは自分に合った料理スペースや料理台の高さを選ぶ必要があります。
なぜなら、料理スペースが狭いと料理するときに不便さが出てくることや料理台の高さが低いと腰を痛めることがあるからです。
また、「キッチンは広めがいい!」とキッチンのことばかり考えていると、冷蔵庫や他の家電を置く場所を忘れてしまいます。
すると、通路が狭くなり、冷蔵庫などが開けにくくなるかもしれません。

*お風呂場

お風呂場をリフォームするときの失敗を2つ紹介します。
1つ目はお風呂場を広くしすぎたことです。
お風呂場が広くなると、保温性が下がることで冬場は極寒になるかもしれません。
また、広くしすぎると掃除も大変になるため、使用する人数に合ったサイズを選びましょう。
2つ目は使わない機能をたくさんつけたことです。
最近のお風呂場にはジェットバスやミストサウナをつけることができます。
最初のうちはテンションが上がって使うかもしれません。
しかし、年々使用する回数が減り、メンテナンスの時間やお金のみが取られることになるかもしれません。
もし最新の機能をつける場合は、どれくらい使うかよく考えてから決めましょう。

□まとめ

以上、水回りのリフォームの注意点を紹介しました。
水回りのリフォームをするときはこの記事を参考にしてみてはいかがですか。
また、「水回りのリフォームについて詳しく聞きたい!」「自分の予算に合った最適なプランを紹介してほしい」という方は当社にお問い合わせください。
当社は長野県で8年連続リフォームの売り上げが第1位です。
そのため、たくさんの信頼と実績があり、お客様が安心して相談できます。
他にもリフォームのスペシャリストが在籍しているため、お客様に合ったプランを提案できます。

長野市のリフォーム業者が解説|失敗しない業者選びのポイント

*お知らせ*お風呂リフォーム*その他リフォーム*その他水廻りリフォーム*キッチンリフォーム*コラム*トイレリフォーム*マンションリフォーム*リノベーション*増築・減築リフォーム*屋根・外壁リフォーム*性能向上リフォーム2019/6/7

「住みにくくなってきたのでリフォームをしたいと考えている」
「長野市でリフォーム業者を探している」
このようなお悩みをお持ちではないでしょうか?
家は、家族構成や年齢の変化によって暮らしやすさが変わってきます。
そのため、必要に応じてリフォームすることをおすすめします。
リフォームするには、まず業者選びが重要です。
そこで今回は、リフォーム業者を選ぶときのポイントについてご紹介します。

□種類
リフォームを依頼できる業者は複数あります。

*リフォーム専門会社

地元に密着した中規模の業者が多く、幅広い内容に対応しています。

*ホームセンター、家電量販店

お店で販売している商品を購入して、そのまま取り付け工事をしてもらうのが主です。

*ハウスメーカー

新居を購入した方に向けたリフォームがメインですが、新しく依頼もできます。

*設計事務所、建築家

デザイナーが在籍していることが多いので、デザインを重視した大規模なリノベーションに適しています。

*住宅設備メーカー、電気、ガスメーカー

トイレのような住宅設備メーカーや、電気会社、ガス会社はそれぞれの設備に関した分野でリフォームを行っています。

これらの中から、自分のリフォームの希望に最も適している業者を選びましょう。

□リフォーム業者選びのポイント

*担当者

リフォームには話し合いが欠かせません。
そのため、もし担当者が合わなかったり、誠実でなかったりするとせっかくのリフォームもうまくいきません。
担当者との相性も非常に大切です。

*実績

業者には、たいていそれぞれ得意な分野があります。
例えば、大規模のリフォーム経験がなかったり、バリアフリーのリフォームの経験がなかったりします。
そのため、自分が希望するリフォームと同じようなリフォームの実績があるかどうか確認しましょう。

*保証、アフターサービス

リフォーム中に道具がぶつかって家に傷ができて、後から欠陥が見つかる場合があります。
そのときに、保証やアフターサービスがしっかりとしていると、こちらに不利がないようにきちんと補償が受けられます。

*複数社を比較する

業者選びは、初めの1つの業者だけで決めてしまうのは危険です。
費用も、一社だけだと相場が分からず損をしてしまう可能性があります。
複数の業者で相見積もりのような比較をして検討することが大切です。

□まとめ
今回は、リフォームの業者選びのポイントについてご紹介しました。
どの業者が良いかをしっかりと考えて素敵なリフォームをしてくださいね。

【松本市】和風トイレリフォーム

*トイレリフォーム2019/6/2

こんにちは!

リフォーム営業の山岸です!

松本は、先週の暑さを忘れる程、過ごしやすい気温になっております。
朝晩の気温差で体調を崩しやすい時期です。
いつもブログをご覧の皆様お身体お気をつけください。

さて、今回は和風トイレリニューアルです!

【before】

IMG_1177

IMG_1175

写真宅にお住まいのお客様が、寒さを解消したい・トイレを綺麗にしたい。
との想いを形にするリフォームをご提案しました。

【after】

RIMG0600

RIMG0599

RIMG0598

黒と白の純和風空間に、視認性を高める為、茶系手すりを設けました。
おばあさんから工事して良かったと仰って頂き、携われたことに感謝致しました。

今後もリフォームを通じて沢山の信州の方を笑顔にしていきたいと思います!
ブログをご覧の皆様、お気軽にご相談ください。
誠心誠意対応させて頂きます!!

安曇野市の方必見!自然素材へのリフォームは健康にどんな効果が?

*お知らせ*お風呂リフォーム*その他リフォーム*その他水廻りリフォーム*キッチンリフォーム*コラム*トイレリフォーム*マンションリフォーム*リノベーション*増築・減築リフォーム*屋根・外壁リフォーム*性能向上リフォーム2019/6/1

「家を自然素材のものにリフォームしようかな」
「自然素材は健康に良いときいたけど、他にどんなメリットがあるのか知りたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
自然素材の家は、一般の住宅にはないメリットがたくさんあります。
家は普段生活する場所なので、健康配慮された、快適な場所でありたいですよね。
そこで今回は、健康に配慮した自然素材と、そのメリットについてご紹介します。

□自然素材について

*無垢材

自然素材の代表的なものには、無垢材があります。
主にフローリングに用いられます。
一般のフローリングの床とは異なり、自然の柔らかさのある素材です。
自然の材料なので色合いなど一つ一つに違いがあり、年数が経過すると味のある色合いに変化していきます。
裸足で歩くのが心地よく、子どもが転んでも安心な素材です。

*珪藻土、漆喰

主に、壁に使用されるのが珪藻土や漆喰です。
こちらも自然のものなので色合いや仕上がりにばらつきがあり、その雰囲気を楽しめます。
有害な化学物質が使用されていないので、小さな子どもからお年寄りまで安心して暮らせます。

□自然素材のメリット
自然素材には、他にもメリットはたくさんあります。

*アレルギー反応やシックハウス症候群を防ぐ

一般の住宅には、人体に有害な化学物質が使用されていることがあります。
それらがアレルギー反応やシックハウス症候群を引き起こす危険性を持っています。
自然素材は、そのような有害物質が含まれていないので人体にも無害です。

*湿度調整

暮らしやすさの秘訣は、湿度の管理です。
自然素材には湿度を調整する機能が備わっています。
湿度が高いときには空気中の水分を吸収して、湿度が低いときには空気中に水分を放出します。
こうして室内の湿度を一定に保つことで、快適な空間を作り上げます。

*断熱性、保湿性

自然素材の代表である無垢材は保湿性や断熱性を持っています。
空気の流れといった家の構造を工夫する必要はありますが、無垢材の効果で夏も冬も快適に暮らせます。

*経済面

「自然素材を使った家はお金がかかりそう」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
確かに自然素材を使用することで費用は一般的な住宅よりも高くなります。
しかし、自然素材には、その特徴による経済的なメリットがあります。
まずは、優れた調湿機能、断熱性、保湿性によって暖房代のような光熱費が削減できます。
また、自然素材に使用される材料は厳選されたものなので、寿命が長くなります。
そのため、長い目で考えるとお得な買い物です。
「将来子どもに残せるような家にしたい」
このように考えている方におすすめです。

□まとめ
今回はリフォームで自然素材を考えている方に向けて、自然素材についてとそのメリットについてご紹介しました。
住宅によって生活の質にも差ができます。
家族とよく相談して素敵なリフォームをしてくださいね。

長野市のリフォームのプロが解説|リフォームの流れについて

*お知らせ*お風呂リフォーム*その他リフォーム*その他水廻りリフォーム*キッチンリフォーム*コラム*トイレリフォーム*マンションリフォーム*リノベーション*増築・減築リフォーム*屋根・外壁リフォーム*性能向上リフォーム2019/5/20

「今住んでいる家をリフォームして住みやすくしたい」
「リフォームの流れを知りたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
年齢や家族構成の変化によって暮らしやすい家の条件は変わってきます。
不便なところはリフォームをして改善したいですよね。
しかし、リフォームの流れが分からないと計画が中々立てれないでしょう。
そこで今回は、知っておきたいリフォームの流れについてご紹介します。

□リフォームの流れと期間

*リフォームのイメージ

まず、リフォームをするときに大切なのは、長期的に考えてどこをリフォームするか、リフォームのイメージを家族で共有することです。
それぞれの希望や不便に感じているところをはっきりとさせましょう。
そうすることでまとめて施工でき、費用を抑えられます。
カタログを読んだり、ショールームに足を運んだりしてどこをどのようにリフォームするかを考えましょう。
イメージが明確だと業者と話し合う際にもスムーズにいきます。

*リフォーム業者に相談

リフォームはリフォーム業者、工務店、住宅設備会社のような専門業者に依頼することになります。
業者選びもリフォームの成功のためには重要です。
相談や、現地調査、相見積もりをして、どこの業者のプランが良いかを判断しましょう。
見積もりまでは基本的に無料で行ってくれるところが多いです。
ただ、マンションの場合は管理規約が存在して、リフォーム可能な箇所と不可能な箇所があります。
不安なところは大家さんに尋ねて確認しましょう。

*契約

契約を結んでしまったら、キャンセルするのにもお金がかかります。
本当に契約を結んで大丈夫か慎重に判断しましょう。
追加工事の規定やアフター保証までしっかりとしているのかを確認しましょう。

*工事、引き渡し

契約を結んだら、いよいよ工事が始まります。
工事の期間はリフォームの内容によって大きく変わります。
工事が完了したら、きちんと依頼した内容通りにリフォームされているかを業者と一緒に検査します。
何も問題がなかったら設備の説明書、保証書、リフォーム完了確認書などが渡されます。
引き渡し後に何か不具合が発見したときには注意が必要です。
設備自体の不調ならメーカー保証等で取り替えてもらえます。
しかし、工事の不具合の場合は依頼した業者によって対応が大きく変わります。
優良業者ならばリフォーム瑕疵保険に加入しているため、対応してくれます。
一方、「引き渡しが完了した後のことは知らない」という悪徳業者もいるのも事実です。
打ち合わせや話し合いの段階で、アフター保証についても確認しておくと安心です。

□まとめ

今回はリフォームの流れについてご紹介しました。
みなさんのライフスタイルに合わせて快適な家にリフォームしてくださいね。

バリアフリーが必要な方|安曇野市のリフォーム業者がポイントを解説

*お知らせ*お風呂リフォーム*その他リフォーム*その他水廻りリフォーム*コラム*トイレリフォーム*リノベーション*性能向上リフォーム2019/5/14

「安曇野市でバリアフリーリフォームをすることを考えている」
「親と住むことになったので家をバリアフリー対応にしたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
家の中には、転倒したり、事故が起きたりしやすい箇所がいくつかあります。
しかし、普段生活しているうちはどこが障害になるのか気づきにくいです。
そこで今回は、バリアフリーリフォームするときに注意するポイントについてご紹介します。

□バリアフリーを意識するポイント

*浴室

浴室はただでさえ滑りやすくて危険です。
そのため、入り口の段差をなくして床の素材も滑りにくいものにすることが大切です。
また、お年寄りになると浴槽から立ち上がるのも大変です。
浴槽の中、シャワーの横、出入り口のように必要な箇所に手すりを取り付けましょう。
浴槽の深さもポイントです。
深すぎると出入りも大変で、浴槽に腰かけることも難しくなります。
浴槽自体は50cm程度、床からは40cm程度が目安の深さです。
また、冬場は急激な温度変化のせいでヒートショック現象が起こる危険性があります。
暖房器具、浴室乾燥機などを設置して温度管理をしましょう。

*トイレ

お年寄りの方は、夜中に目が覚めてトイレに行く回数が多くなります。
そのため、トイレと寝室はできるだけ近くに設置して、フットライトのような工夫も必要です。
また、将来介護が必要になったときにトイレが狭いと、うまく介護できません。
コンパクトトイレにしたり、増築リフォームをしたりしてスペースを確保しましょう。

*玄関

お年寄りになると、座ったり、立ったりする動作が大変になります。
そのため、玄関にベンチやいすを用意して靴の着脱を楽にしましょう。
また、車椅子の方はドアが引き戸になっていると出入りがしやすくなります。
取っ手も、丸いドアノブよりもレバー式にするのがおすすめです。

*階段、廊下

階段は転倒が多く危険な箇所です。
滑り止めや、手すりを効果的に設置して危険防止をしましょう。
また、傾斜がきついと上り下りも大変です。
なるべく傾斜も緩くして、踊り場も設置しましょう。
廊下は、85cm以下の狭い幅だと車椅子が通行できないので必要に応じて拡張しましょう。

□まとめ

今回は、バリアフリーリフォームをするときのポイントについてご紹介しました。
将来、バリアフリーの家が必要になってからのリフォームでは遅いので、なるべく早めに対応することが大切です。
効果的なリフォームができるように家族でよく話し合いましょう。