明るく、暖かく過ごせるリビングへ 断熱リフォーム

「建築年月が経過しており耐震性能を高めるために、2階を減築し1Fで生活全てが完結するようにしたい。キッチンと居間の和室が分かれているため、一緒にフローリングで繋げて暖かい空間にしたい。」とご相談頂きました。

工事内容 キッチン、屋根・外壁、リビング、廊下、バリアフリー
お客様名 Y様
施工エリア 安曇野市
リフォーム期間 4ケ月
価格 1,600万円
施工手順 仮設工事(仮設キッチン)⇒養生⇒解体⇒大工工事⇒電気工事・給排水設備工事⇒断熱工事⇒住宅設備機器組み立て(キッチン)⇒大工工事仕上げ⇒屋根・外壁工事⇒左官工事⇒内装工事⇒電気工事・給排水設備工事仕上げ⇒クリーニング⇒仮設引上げ⇒竣工

P1260567

1階の既存キッチンと居間スペースをつなげ広々としたLDK空間へ。明るさを取り込むため、既存居間に隣接していた広縁をLDKに取り込みました。また、お客様宅にて防風林として長年育った後に乾燥保管されていた、赤松とイチイの木を加工して、フローリングとお仏壇の角にアクセント柱として利用しております。

P1260547

天井・壁・床に断熱材を充填して、暖かく過ごせる空間へ。

P1260541

キッチンはLIXILのASを採用。収納を十分に確保して使いやすく。

P1260520

外壁はサイディング張り、屋根は瓦から板金に変更して見た目も一新。

お客様の声

今まで非常に寒く動線の悪かった台所がとても暖かく、使いやすい空間に生まれ変わり、毎朝キッチンに行くのが楽しくなりました。
断熱施工したLDK空間と他の部屋の気温差がめっきり違うため、断熱施工できていない部分も今後手を入れればと思います。

担当者より

yasuhiro-kobayashi

リフォームアドバイザー
小林 保洋

一番初めは2階を減築して取り除き、耐震性能を上げたリフォームをしたいというご希望でした。とても広いお家で、耐震診断をしてもそこまで耐震評価点も悪くなく、立派な2階を壊してしまうよりは、残しながら断熱改修を行い基本性能をあげるリノベーションをご提案しました。
ご主人様、奥様のこだわりがアクセントにうまく活かせたLDKとなりました。暖かなLDK空間で、ゆっくりとしたお時間をお過ごしください。

  • お問い合わせはこちら

    お問い合わせ
  • カタログなどの請求はこちら

    資料請求

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間 9:00〜18:30(火・水曜日定休)

  • 中信・南信の方はこちら
  • 北信の方はこちら