安心して使えるトイレへバリアフリーリフォーム

before

「ご高齢のご夫婦でお住まいのお家にある大小2つのトイレを、より介護に適した物と来客専用の物とに分けて設置したい」とご相談頂きました。

工事内容 トイレ、内装、バリアフリー
お客様名 N様
施工エリア 安曇野市
リフォーム期間 2週間
価格 170万円
施工手順 工事中にもお手洗いを使えるよう、工事を1期2期と分け、手前の介護用トイレの改修の後に、奥の来客用トイレの改修を行いました。

after-(6)

奥の来客用トイレへの動線の為に和室側の壁を一部解体し、トイレへの前室という形へ改修することで、2つの広いトイレを設置する事が可能になりました。また廊下との段差解消、手すりの設置等、シンクの設置等、より介護に適した仕様へと変更しました。

after-(2)

大きな手洗器を設置して使いやすく。

after-(5)

来客用トイレはTOTO GG-800を採用しました。

after-(3)

アクセントクロスで空間を華やかにし、タオル掛けも設置。

after-(4)

段差を解消しこれからも安心して使えるようにしました。

お客様の声

細部の色や位置などを熟考し行った甲斐もあって、おしゃれなデザインが気に入りました。

担当者より

rf_staff_0005_RF_-佐藤

リフォームアドバイザー
佐藤 亮太

ご高齢のご夫婦の為に、決められた予算や条件の中でどれだけ介護に適した物に近づける事が出来るかという案件でした。壁を一部解体する必要があった為、家の耐震診断調査を行い構造の詳細な内容を元にプランをご提案致しました。

  • お問い合わせはこちら

    お問い合わせ
  • カタログなどの請求はこちら

    資料請求

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間 9:00〜18:30(火・水曜日定休)

  • 中信・南信の方はこちら
  • 北信の方はこちら