お問い合わせ

サンプロ徒然日記

1309件

1 / 13112345...102030...最後 »

New! 外壁リフォーム!業者選びでは何を気を付ければよいの?

DATE 2018年2月22日(木)

皆さんは、どのような外壁塗装会社に工事を依頼したいですか?
多くの方は、質の良い塗装をしてくれる会社に依頼したいと考えていると思います。
ただ、中には塗装を適当にしてしまうような悪徳会社もあります。
そこで今回は、悪徳会社を見極めて、優良会社に外壁塗装を依頼するために気を付けてほしいことをご紹介したいと思います。

 

◆悪徳会社が存在する理由!

最初に、なぜ適当に塗装をする悪徳会社が存在するのかを説明します。

 

・手抜きをされてもわからない
皆さんは、外壁塗装で手抜きをされたときに、気づく自信はありますか?
実際のところ気づくことは、かなり難しいと思います。
なぜなら、塗装をしたすぐ後には、きれいに仕上がっているように感じるからです。

 

ただ、その塗装は一回しかされていないかもしれません。
外壁塗装では、耐久性の強化や仕上げのために、複数回塗装をします。
しかし、塗装を複数回しているかは、完成形を見ただけではわかりにくいのです。
そのため、手抜きをされても気づかずに、外壁に異常が見つかるまで、悪徳会社だとわからないことが多いです。

 

◆悪徳会社の特徴!

ここからは、悪徳会社にはどのような特徴があるのか、お伝えします。
悪徳会社の特徴がわかれば、悪徳会社に騙されにくくなるので、ぜひ確認してください。

 

・不安感を必要以上に煽り、すぐに工事を始めようとしてくる

これは、不安感を煽ることで皆さんの冷静さを失わせて、皆さんが冷静になる前に契約を結んでしまおうという戦略です。

このような流れになった場合には、悪徳会社の可能性を疑ってみてください。

 

・足場代が不要であることや、異常に安い料金を提示してくる

これは、料金が安いことを売りにして、契約を取ろうと考えているかもしれません。
安い料金を提示できる理由は、手抜き工事であるため、コストが安いからという可能性があります。
また、最初は料金が安いと伝えられていても、後から高額の費用を請求される可能性があります。
異常に安い料金を提示された場合には、なぜ安いのかを確認しましょう。

 

◆優良業者を選ぶ方法!

優良業者を選ぶために確認してほしいことは、保証制度やアフターサービスがあることです。
これらは、その会社が工事に責任を持っていることを示すことにもなる重要な判断材料です。
外壁塗装会社を選ぶ際には、ぜひ保証制度やアフターサービスがあることを確認してください。

 

◆まとめ

外壁塗装の工事の質は、会社選びによって決まることがほとんどです。
そのため、今回ご紹介した内容を参考に、会社選びをしてみてください。


カテゴリー: 未分類 | 0

New! お久しぶりです(^^)

DATE 2018年2月19日(月)

お久しぶりです! 営業の中村です。

最近では、少しずつではありますが、

暖かい日も増えてきましたね**

 

さて、本日は ” キッチンリフォーム ” をご紹介したいと思います。

今回は中古住宅をご購入された方からのご相談でした。

住宅を購入し、数年間は当時のキッチンでお料理をされておりましたが、

新築から20年以上が経過し、設備も古くなってきたので、交換をしたいとのご要望でした。

 

改修する前の写真がこちらです。

 

●○● Before ●○●

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

対面キッチンになっており、とてもシンプルなデザインでしたが、

コンロや換気扇のお手入れがしにくいキッチンでした。

 

●○● After ●○●

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キッチンは 『 クリナップ クリンレディ 』 を採用!

今までお手入れしにくかった換気扇も、

お湯をセットするだけで自動洗浄できる換気扇に生まれ変わり、

お手入れも簡単にできるようになりました(^^)ノ

奥様方の強い味方です☆彡

 

毎日使う空間なので、きれいになり、テンションもアップですね!

 

キッチンリフォームをお考えの方は、

ぜひ 「 サンプロリフォーム 」をお声掛けください!

 

本日より、順次ブログを更新して参りますので、

皆さまお楽しみに~

 

それでは◯


カテゴリー: キッチンリフォーム, リフォーム, リフォーム施工事例, 中古住宅改修 | 0

リフォーム業者の選び方!どうやって決めればよいのか?

DATE 2018年2月16日(金)

皆さんはリフォームでは、どのようなことが重要だと思いますか?
リフォームする上で、重要なことはたくさんありますが、その中でもリフォーム会社の選び方は、特に重要なことです。

ただ、そのリフォーム会社選びを成功させることは、リフォームに詳しくない方にとって難しいことだと思います。

そこで今回は、リフォーム会社の選び方についてご紹介します。

 

◆予算皆さんはリフォームにどの程度の予算を設けていますか?

もしも、予算をまだ決めてないといった方がいらっしゃるのであれば、最初に決めてしまいましょう。

リフォームにかける予算は、かなり高い金額になるはずです。

そのため、予算をしっかりと決めないと、生活にしわ寄せがいってしまうことがあります。

リフォームで生活が苦しくなってしまうのは、あまり良い状態とは言えません。

したがって、リフォームの予算は最初に決めてしまうのが良いと思います。

 

◆サービスの質

リフォームをするのであれば、質の良いリフォームをしてほしいですよね。

ただ、リフォームを請け負っている会社の中には、手抜き工事をする悪徳業者も存在しますので、質の良いリフォームを提供してくれるリフォーム会社を見つけるのも大変です。

そこで、質の良いサービスを提供できているかを確認する方法として、その会社がどのくらいの期間リフォームを請け負っているのか調べるという方法があります。手抜き工事をするような悪徳業者は評判がすぐに悪くなってしまうので、なかなか生き残ることが難しいです。

そのため、10年以上リフォームを請け負っている会社を調べてみることも、質の良いサービスを提供してくれる会社を見つける有効な手段になると思います。

 

◆施行実績

皆さんはリフォーム会社の施行実績はご覧になりますか?
ご覧になっている方も多くいらっしゃると思います。

ただ、施行実績を見る際に特に注目してほしいことがあります。

それは、これまでにどのようなリフォームをしてきたかということです。

これによって、皆さんが希望されているようなリフォームを実際にしたことがあるのかということがわかります。

実際に同じようなリフォームをしたことがあった方が、安心してリフォームを任せられると思います。

 

◆まとめ

ここまで、リフォーム会社の選び方についてご紹介しました。
実際にリフォームされるのであれば、この記事の内容を参考にしてリフォーム会社を探してみてください。

また、最終的に決める場合は、リフォーム会社の説明も聞きましょう。


カテゴリー: 未分類 | 0

【TOPICS】信毎広告賞を受賞!

DATE 2018年2月14日(水)

main

 

 

サンプロが2018年正月に信濃毎日新聞にて展開したコミュニケーションが「信毎広告賞」1月話題広告賞を受賞いたしました。

長野県の皆さまにクスリとでも”笑顔”をご提供出来たとしたら本当に幸せです。

 

 

受賞広告詳細 >>

main2

 

 

信毎広告賞とは? >>

http://ad.shinmai.co.jp/ad-prize/47nd/


カテゴリー: お知らせ | 0

歳をとっても住みやすい家にしよう!シニアリフォームのポイントとは

DATE 2018年2月10日(土)

歳を重ねるにつれて住み慣れた家が住みにくく感じてきたりしていませんか?
年齢を重ねるごとに人の身体能力はどんどん低下してしまうので、ちょっとした段差でつまずいたり転倒してしまったりと事故を起こしやすくなってしまいます。

 

しかし、もっと先の将来を見据えてシニアリフォームをしておけば、今の家でより安心して暮らすことができるのです。

ということで、今回は、より住みやすい家にするためのシニアリフォームのポイントについてご紹介したいと思います。

 

■床を滑りにくくしよう

ビニル素材を床に使用している家は要注意です。

ビニル素材などは歩行時に滑りやすく、他の素材よりも滑って転んでしまう可能性が高いといえます。
滑りやすい床は滑りにくい加工を施してある、フローリングやカーペットに取り替えると良いでしょう。
また、畳を利用している家はもしも今後室内での車椅子の利用を考えているならばフローリングに取り替えると良いでしょう。

 

■お風呂場をより快適に

また、お年寄りの事故が多い場所として挙げられるのはお風呂場で、浴室で滑って転んで大けがにつながることもあります。

そんな転倒を防ぐためには、まず浴室内に手すりを取り付けるようにしましょう。

手すりといってもただ取り付ければいいのではなく、浴槽の横や洗い場の立ち上がる時につかまりやすい場所など考えてつけましょう。

 

他にも、浴室のタイルを滑りにくいものに張り替えたりするとさらに快適に過ごせるようになります。

さらに、歳を重ねるとお風呂場と脱衣所の温度差で体がクラっとして倒れてしまったり、血圧が上がったり下がったりするヒートショックが起こり心臓に負担がかかったりしてしまいます。

 

こういったヒートッショック対策としては、温度差が感じられる場所に、予め浴室暖房乾燥機や暖房を取り付け得ることで防ぐことができます。

65歳以上の、高齢者になると身体機能の低下は避けられるものではありません。今の我が家で老後も暮らし続けるためにも、安全で暮らしやすい家に今から少しずつ変えていきましょう。


カテゴリー: 未分類 | 0

お風呂リフォームをするべきタイミングっていつ?

DATE 2018年2月4日(日)

「お風呂リフォームを考えてはいるけれど、いつすればいいんだろう」と悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

実は、お風呂リフォームはタイミングを逃してしまうと健康被害が出てしまったりすることもあるのです。

ということで今回は、お風呂リフォームの時期についてお話ししたいと思います。

 

◯一般的に15年〜20年が目安

お風呂は一般的に15年〜20年を目安にリフォームするのが良いとされています。それ以上長い間お風呂を放っておくとカビや汚れがつきやすくなってしまいます。

 

ひどい場合は、お風呂場から土台に水や湿気が侵入し、そこが腐りやがて腐食につながることもあるのです。そのぶんお風呂掃除も簡単にできるようになりますよ。

 

さらには、お風呂の外壁に水が滲み出ているような跡があったり、脱衣所の床がブヨブヨして不安定になってきたり床が軋むようになったりすれば、それは要メンテナンスのサインです。

他にもヒビや錆ができて、室内にたくさんのカビがみられたら、それもお風呂リフォームを検討するべきでしょう。

 

◯リフォームをして損をしないためにも早めに取り掛かろう

また、腐食が進んでしまうと、無駄な多額の補修費用がかかる場合があります。しかし、早めにリフォームを行っていれば、コストをかなり低く抑えることも可能です。

 

さらに、ここ10年でお風呂事情は大きく変化していて、以前より格段に省エネにしやすいものへと変わっています。古いバスタブは新しいものに比べ、省エネ効果が大きく変わってくるため光熱費にも差が出てしまいます。

数十年経つ古い浴槽を使っている方や光熱費を安くしたい方は、お風呂リフォームを検討しても良いでしょう。

 

【まとめ】

最新型の浴槽はカビが生えにくいものもあり、節約になるだけでなくお掃除の手間も省くこともできるのです。これらのことを参考に納得のいくお風呂リフォームをして、家族で使うお風呂をより快適なものにしませんか。


カテゴリー: 未分類 | 0

暖かい冬を過ごしたい!家を暖かくするリフォーム!

DATE 2018年1月29日(月)

冬もいよいよ本番、これからもっと気温が低くなってきますが、外は寒くても家の中では暖かく過ごしたい!と思っている方がほとんどだと思います。

実は、思いもよらないことが寒さの原因になっていたりするのです。

今回は、冬を暖かく過ごしたいと思っている人のために、寒い冬を乗り過ごすためのリフォームについてご紹介したいと思います。

 

■窓から熱が逃げちゃう!そんな時は窓に一工夫!

寒い日に、暖房の温度を高めに設定しても冷えを感じるという家は、もしかしたら窓から熱が逃げてしまっているかもしれません。そんな場合は、一度窓際に立って確認してみましょう。

窓ガラスからスーッとする冷気を感じたら、もしかしたら温まりにくい部屋を作っている原因かもしれません。

窓には、光をとりこむ役割がありますが、その分熱を通しやすいという性質もあります。家によっては枠にガラスを一枚はめただけのものもあり、当然そういった窓だと、熱も逃げやすく光熱費がかさむ原因にもなります。

 

◯対処方法

こういった窓の問題で悩んでいる場合は、熱が窓から逃げないように対策できれば、寒い冬でも暖かく過ごすことができます。
一般的に4つの対処方法があります。

 

1つ目は窓の内側に断熱効果が高いスクリーンを取り付ける、2つ目はガラスを断熱性が高いエコガラスに交換する、3つ目が窓の内側にもう1つ窓を取り付けて二重窓にする、4つ目が窓毎弾寝る窓に交換する、というものです。

一枚ガラスの場合は、部屋も暖かくなり結露も軽減するなどの利点もあります。

 

一点気をつけておきたいのは、ガラス交換のリフォームの際に窓ガラスが断熱効果のあるものに変わっても、枠がアルミだとアルミは熱伝導性が高いので、そこに結露が集中する可能性があります。

 

いかがでしたか?

断熱効果のある窓は冬だけでなく夏にも活躍する優れものです。

もしも部屋の寒さが気になるようであれば、窓のリフォームを考えてみても良いでしょう!


カテゴリー: 未分類 | 0

絶対に後悔しないリフォーム会社の選び方!

DATE 2018年1月23日(火)

「最新の設備が気になる」「家の老化が気になる」と、リフォームを考えている方もいらっしゃいますよね。
しかし、どのように業者を選んだらいいのかわからないとお困りになっていませんか?

今回は、そんな人のためにリフォームの会社の選び方のポイントについてご紹介したいと思います。

 

■まずは業績チェック

まず、業者を絞るためにしたいのはインターネットなどを使って業績をチェックしましょう。

ただ、その業者の業績をチェックするのではなく、自分のしたいリフォームの実績があるのかどうかを確認しましょう。

業者によって得意としている分野も様々ですので、一番自分のしたいリフォームのイメージと合っている業者を選ぶようにすると失敗も少なくなります。

 

■気になる業者に見積もりを依頼する

業績チェックで気になる会社をいくつかピックアップしたら、次はその会社に見積もりを依頼しましょう。

住居に応じたプランを提案してくれているかどうか、発生する可能性のある追加工事の説明もしてくれているかどうかなど、費用面だけでなく内容にもしっかりと気を配って慎重に選びましょう。

こちらの要望に沿っている内容で、デメリットの説明やコスト削減の提案もしてくれるような会社は信頼したくなりますよね。丁寧に話を聞いてくれて、しっかりと仕事を行ってくれるような業者を選びましょう。

 

■何かあった時にすぐ来てもらえる場所にあるか

リフォーム工事が実際に始まるまでに、何度も見積もりや打ち合わせ、契約で何度も話し合う機会があります。

オフィスまでの距離が遠いと、交通費がかかったり移動時間もかかってしまったりしますし、来てもらう場合も渋滞などがあれば長い時間待たされてしまうこともあります。

 

何かあった時に迅速に対応してもらうためにも、遠い場所にある業者さんは利用を避けた方が良いかもしれません。

以上のことに気をつけて、満足のいくリフォームをするためにも業者選びは時間をかけて選ぶようにしましょう。


カテゴリー: 未分類 | 0

リフォームっていつ頃始めたら良いの?築10年前後で行うリフォームのポイント

DATE 2018年1月17日(水)

「家を建てて10年、そろそろ家の老化が見えてきたように感じるけれど、一体いつリフォームすればいいの?」とリフォーム時期のタイミングが分からないという方はいらっしゃいませんか?
そのまま放っておくと時期を逃してしまい、後々多額の補修費用がかかってしまったりすることも。

ということで、今回は築10年前後で行うリフォームのポイントについてお話ししたいと思います。

 

■築10年前後でよく見られる家の老化

◯屋外の木部・鉄部の腐食

10年ほど経つと少しずつ家の老化が気になるようになり、特に老化が目立ってくるのが屋外の木部や鉄部です。

場合によっては表面だけでなく中まで腐食が進んでしまっていることもあり、そのような腐った木などにシロアリが集まるようになります。

表面だけであれば塗り替えだけで済むのですが、腐食がひどいと多額の費用がかかってしまうので、メンテナンスはこまめに行うと良いでしょう。

 

◯外壁の汚れや、屋上やバルコニーの防水効果の薄れ

10年も経つと、外壁の汚れやコケが目立ったり、壁のヒビが目立つようになったり、さらに防水効果などの特殊効果が薄れてしまったりしてしまいます。

もちろん、塗装によっても老化する時期には差があるので一概に言い切ることはできませんが、気になるようであれば一度業者さんに見てもらうと良いです。

また、ベランダや屋上の防水工事の保証が切れる時期でもあるので、一緒に相談すると良いかもしれません。

 

◯その他に老化してくるもの

これらの老化現象の他には、サッシ周りのシーリングが縮んだり、全自動給湯器であれば故障してしまったりすることもあります。また、湿気の溜まりやすい浴室や浴室に面した洗面所のカビが悪化して床下が腐食してしまっていたりすることもあります。
築10年経った時にきっちりとメンテナンスを行っているかいないかで、築20年目にかなりの差が出てしまいます。ベストなタイミングでリフォームをして効率的に家を長持ちさせましょう。


カテゴリー: 未分類 | 0

おすすめ!リフォームを考えているならぜひ珪藻土を!

DATE 2018年1月11日(木)

「玄関のリフォームをするのは決めたけど、ついでに他のところもリフォームしたい!」
せっかくリフォームするなら他のところも一緒にリフォームしちゃいましょう。
そうすることで別々に分けてリフォームするよりも費用を安く抑えることができます。
今回は、いまイチオシの珪藻土を使用するリフォームをご紹介します。

 

○珪藻土って何?

珪藻土とは、藻などの植物性プランクトンが長い年月をかけて化石化した天然素材です。
耐火性に優れていて、日本では昔から七輪やコンロの原料として使われていました。
近年ではさまざまな効果があることが分かり、家作りにも利用されています。

 

○珪藻土の特徴って何?

・調湿効果
珪藻土には吸水性を持っている小さな穴がたくさんあいています。
湿度の変化に反応し、乾燥すると水分を放出し、湿度が高いと水分を吸収するといった優れた性質を持っています。
この性質から、部屋の急激な湿度変化を防ぎます。

 

・脱臭効果
タバコやペットの臭いなど生活していて気になる臭いってありますよね。
珪藻土はこれらの悪臭物質や有害物質を吸着させ、脱臭する性質を持っています。
それゆえ、室内の空気がとても清潔になります。

 

・断熱効果
この性質を持つため、七輪やコンロにも使用されていました。
珪藻土は断熱性が非常に高いため、夏は涼しく冬は暖かい理想の空間を実現します。

 

・自浄効果
調湿効果や脱臭効果でさまざまなものを吸収するため、珪藻土は長持ちしないと思ってはいませんか?
そこで注目したいのが自浄効果です。
珪藻土は調湿を行いながら汚れを少しずつ取り除いていきます。
それゆえ、季節によってかかる時間は変わってきますが、ある程度の汚れはほぼ元通りになります。

 

・省エネ効果
珪藻土には微細な穴がたくさんあいていることは先ほどご紹介しました。
この穴は表面だけでなく、内部にもあり、それぞれが空気を含んでいます。
この空気のおかげで発泡スチロールのように断熱効果を持つことにつながります。
この断熱効果が冷房や暖房の効率を上げ、省エネにつながります。

 

いかがでしたか。
今回は珪藻土を使用するリフォームについてご紹介しました。
珪藻土を利用するリフォームでは壁や天井に使うことがよくあります。
脱衣所などの湿気が多くなりがちな空間に利用することがおすすめです。
当社では、ほぼ毎日無料相談会を開いておりますので住まいのお困りごとなど何でもご相談ください。


カテゴリー: 未分類 | 0

1309件

1 / 13112345...102030...最後 »
2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

トップへ戻る