お問い合わせ

サンプロ徒然日記

1280件

1 / 12812345...102030...最後 »

New! あなたのお家に適切な屋根のリフォーム方法とは?

DATE 2017年10月19日(木)

「屋根のリフォームを考えているけど、塗装以外にも方法は無いのかな。」「塗装だけじゃなんだか不安。」せっかくなら、今の屋根の状態に適した方法を選びたいものですよね。

また、方法によっては耐久性の心配をしなくてはなりません。

そこで今回は屋根のリフォーム方法に関する詳細をご説明します。

 

◆塗装

月日が流れると、屋根の劣化は止められませんが、塗装を行うことで、防水性が高まり、腐食を抑えることが出来ます。

しかし、屋根の傷みが少なく、下地はほぼ傷んでいない場合に限られ、屋根の修復ができるとは言い切れません。

あくまで葺き替え(ふきかえ)の時期を遅らせることが目的です。よって費用は葺き替えに比べだいぶ安く済み、最も馴染みのある屋根リフォーム方法と言えるでしょう。

 

◆重ね葺き(かさねふき)

今ある屋根材をそのままにしておき、上から新しい屋根材を被せる方法です。塗装同様、屋根の傷みがそこまで進んでない状態に向いています。

屋根リフォームにかかる費用には古い屋根材を剥がす作業も含まれますので、費用は葺き替えに比べると抑えられます。

屋根が二重になるので断熱効果は高まるメリットが得られますが、耐震性が気になる所です。

よって重ね葺き用の軽い屋根材を選ぶこともあります。建物によっては葺き替えが難しい場合もあります。

 

◆葺き替え(ふきかえ)

 今ある屋根を丸ごと剥がし、下地から新しく張り替える方法です。

屋根の傷みがひどい、または下地まで腐敗が進んでいる場合はこの方法を選びます。

心機一転、別の屋根材を選ぶことも可能ですが、状況によっては不可能です。

工事期間は3つの方法の中で最も長く、音もうるさいので、近所の人への気配りが必要になります。

 

いかがでしたか。

屋根のリフォーム方法の種類について述べましたが、お家の屋根の状態からどの方法が良いのか分かる手助けになりましたでしょうか。

屋根は見栄えだけでなく、暮らしやすさにも非常に関係してくる部分です。よってそれぞれのリフォーム方法を良く知ってから選ぶようにしましょう。


カテゴリー: 未分類 | 0

New! 知って安心!キッチンリフォームにかかる期間とは?

DATE 2017年10月13日(金)

新築物件を建てる場合とは異なり、リフォームをする方の多くがその家に「住みながら」のリフォームを検討されます。

しかし、「住みながら」となると、その家で普段通りに暮らすわけですから、家の一部が使用できないというのは不便ですよね。

特に、キッチンのリフォームをする際にはどのくらいの期間がかかるのか把握しておきたいという方が多いですよね。

というのも、その期間の食事について事前に考えておく必要があるからです。

そこで今回は、キッチンリフォームの内容に合わせた平均的な施行にかかる期間の目安をご紹介します。

 

□キッチンを取り換えるなら:2~3日

ガスコンロを最近主流になってきているIHに取り替えたい場合など、元のキッチンの場所を変えずに設備そのものを新しくするというリフォーム内容ですが、こちらは古いものの撤去に1日、新しいものの取り付けに1日という具合で作業が行われることが多いため、かかる期間は約2~3日が目安になります。

 

□キッチンの周辺もリフォームしたいという場合:1週間

キッチンの周辺、というと床や換気扇などが当てはまります。使っている年数が長くて老朽化している場合もあれば、油ジミや傷などがリフォーム理由として挙がりやすいものですが、キッチンそのものの交換とその他の工事、合わせて約1週間かかるというのが目安です。

 

□大規模なリフォーム:2~3週間

ただキッチンを付け替えたりその周辺をリフォームしたりするだけでなく、間取りレベルに影響するような大規模なリフォームの場合は、キッチンのみならず電気の配線や水道管の工事など、リビング以外の多くの部分にも工事が必要となるため、かかる日数も2~3週間と長期間になります。

このような場合には、「住みながら」ということが困難になるため。マンスリーホテルなど用意したほうが良いかもしれませんね。

 

いかがでしたか?

このように、一口にキッチンのリフォームといってもその種類は多様なため、かかる日数は変わりますが、どの場合でも事前にどれくらいの工期であるのかを確認して臨んでください。


カテゴリー: リフォーム | 0

リフォーム工事を行う上で、

DATE 2017年10月9日(月)

こんにちは!
リフォーム営業の向山です。
10月の3連休は、皆様どこかにお出かけしましたでしょうか?
気温差も激しいので、体調崩されないようにしてくださいね。
自分は、体調を崩していまいましたが。

さて、今回は、リフォーム工事を行う上で、一緒に確認をしてほしい補助金について
お話をさせて頂きます。

ひとえに補助金といっても国が行っているもの、県が行っているもの、市町村が行っているもの
様々なものがあります。
すべてのリフォーム工事に補助金が活用できるかというとそうでもありませんが、
リフォーム工事を行う上で確認が必要なものになります。
補助金の対象工事であれば、多かれ少なかれお金が戻ってきます。

例えば、給湯器交換について先日、補助金を活用して工事を行いました。
今回のお客様が松本市に在住ということで、松本市の住宅用温暖化対策設備設置補助金を活用を致しました。
ちょうど給湯器が壊れてしまったとお話を頂きましたので、
補助金についてもご説明をして工事を行わせて頂きました。

~Before~
DSC07317

 

 

 

 

 

 

 

~After~
DSC07369

 

 

 

 

 

 

 

今回は、高効率給湯器を設置することで、補助金の対象になっておりましたので、
高効率給湯器のご提案を行う、補助金の金額についてもご説明をさせて頂きました。

こういった市町村の補助金については、独自に行っていたり、今年はやっているけど昨年はやっていなかったりと
お住まいの場所やタイミングにもよりますが、活用出来たことにこしたことはないと思います。
そのため、リフォーム工事をご相談するタイミングで、補助金についても確認してみては
いかがでしょうか?
お気軽にご相談いただければと思います。

以上、リフォーム営業向山でした。

 


カテゴリー: 未分類 | 0

高齢者向けの浴室リフォームで気を付けるべき3つのこととは? 

DATE 2017年10月7日(土)

「両親がお風呂に入りにくそうだ」「高齢の父が一人で入浴できるか心配」
こうした悩みをお持ちの方はいませんか?
入浴時に転倒などしないかなど、両親の入浴時が少し心配という方は意外と多いと思います。確かに、入浴時は何度も立ったり座ったりすることがあり、足元も滑りやすくご高齢の方には負担が多いですよね。そこで考えられるのがお風呂を高齢者にも使いやすいようリフォームすることではないでしょうか?
そこで今回は浴室を高齢者向きにリフォームする際に気を付けるポイントをご紹介します!

 

1. 転倒しにくく、移動しやすい浴室を!

浴室を高齢者向けにリフォームする際に最も気を付けるべきこと。

それは転倒を防止することです。

具体的な例としては、手すりを付けたり、床材を滑りにくいものにするといったことが挙げられます。

扉を大きくして出入りを簡単にすることも効果的でしょう。
また、浴室をまたぎやすい高さの浴槽を使用することも大切です。

こういった機能を付けて、浴室へ高齢の方でも簡単に移動できるよう意識しましょう。

 

2.ヒートショック対策も重要!

皆さんは、ヒートショック現象をご存知ですか?

ヒートショックとは急激な温度差によって体に異変が生じることです。

実はこのヒートショックとは自宅での高齢者の死因一位なのです。

そしてこのヒートショックは冬場の浴室で起こりやすいとされています。

浴室のリフォームを考える際はこのヒートショックも対策する必要があります。

一般的には、浴室の断熱性や、保温性を高めるとヒートショックのリスクを下げるとされています。

 

3.浴室のバリアフリーリフォームの費用は?

浴室のリフォームで何を気を付けるべきかわかってもらえたと思います。

しかし、気になるのは費用ですよね?

そこで代表的工事費用の相場を下にまとめました。

 

浴槽交換10-40万円

床材交換10-20万円
手すり取り付け3-5万円
段差解消5-7万円

 

いかがでしたか?

今回は浴室のバリアフリーリフォームのポイントを簡単にまとめました。

ぜひリフォームをお考えの方は参考にしてください!


カテゴリー: リフォーム | 0

世界に一つのだけの・・

DATE 2017年10月5日(木)

こんにちは!

リフォーム営業の武居です!

10月に入り、朝夕の寒さに磨きがかかってまいりましたね(>_<)

皆さま風邪などひかれないよう、体調管理にはお気を付け下さい。

 

さて、本題へ・・・

タイトルは、「♪世界に一つだけの~・・花」 、といきたい所ですが、

今回御紹介するのは、世界に一つだけの「洗面化粧台」です!

 

「洗面ボールが割れてしまったので、ボールの交換をしたい」というお問い合わせを頂いたのですが、

もともと、人工大理石の天板に埋め込みの洗面ボールをお使い頂いていたこのお宅。

埋め込み型のボールは同じサイズのものがなく、置き型も設置が難しい状況でしたので、

天板ごと新しくする事に致しました!

Before>>>

P1090187

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

After>>>

P1090721

 

P1090720

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お家全体が純和風でとても素敵なお宅でしたので、

雰囲気を壊す事のないよう、より素敵な雰囲気になるよう、カウンター材には、ノタ付きのタモを使用。

しかし雰囲気があまり重たくならないように、カウンターはあえてクリアの塗装にしました。

 

「造作は高い・・」というイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

確かに既製品と比べると手間がかかる分、費用がかかるケースもありますが、

お宅の雰囲気に合った、世界にたった一つの、そのお家に住む人の為だけのスペースを作り出す事のできる「造作」には、

お金には代えられない、お金以上の価値があるのではないかと思います★

皆さまもリフォームをご検討の際には、ぜひ造作の家具やカウンターなどもご検討下さい♪

それでは今回はこの辺で(^^)


カテゴリー: 未分類 | 0

これってリフォームすべき?お風呂リフォームの適切なタイミングとは

DATE 2017年10月1日(日)

もう長く使っているお風呂、「なんだか最近調子が悪いような…」そんな風に感じて浴室のリフォームをすべきか迷われている、この記事を見てくださっている皆さんの中には、そんな方も多いのではないでしょうか。

実はお風呂のリフォームは、適切な時期に行わなければ後々になって損をしてしまう可能性もあるのです。

そこで今回は、お風呂のリフォームをすべき適切なタイミングかを見極めるための6つのサインと、損をしてしまうかもしれない理由をご紹介します。

 

□お風呂リフォームの時期を知らせるサイン

1. 浴室の壁や床、浴槽にヒビやサビが出ている
2. カビがひどい
3. 洗面所の床がういてぶよぶよしている
4. 排水口が流れにくく、臭う
5. 温度調節が効きにくくなってきた
6. 浴室の外の壁に水が染み出た跡がある

 

このような6つのサインが確認されたら、浴槽リフォームの適切なタイミングであると考えてください。

また、これらのサイン以前にそもそもそのお風呂を使用し始めてから20年以上たっているにも関わらず、まだ一度もメンテナンスをした覚えがない、という方は早急にメンテナンスしましょう。

 

□なぜ、時期を逃すと損をしてしまうかもしれないの?

 

お風呂場のリフォームの時期を逃すと多くの場合に予測されるのが、水の被害がお風呂場以外にも拡大してしまうということです。

具体的には、水がしみ出すことで木造住宅なら構造部を腐食させてしまったり、マンションなら下の階に漏水してしまったりといったことが挙げられます。

ここまで被害が拡大してしまった場合のことを考えると、リフォームや修繕の費用がより大きく増加してしまうということが予想されますね。

こうならないためにも、早めの時期にサインに気づいてリフォームを行ってしまうことが重要です。

 

いかがでしたか?

お風呂場をリフォームする時期を知らせてくれる上記6つのサインに気づいてリフォームしてしまえば、後々にやってくるかもしれない被害拡大とそれに伴う修繕費を避けることが出来るかもしれませんね。


カテゴリー: リフォーム | 0

5分でわかる!高齢者に優しいトイレの3つの共通点とは?

DATE 2017年9月25日(月)

高齢になると、筋力も落ち始め、立ち上がるのも大変ですよね。

その際に問題となるのがトイレです。一人で座ったり、立ったりできないとトイレをするのも一苦労。

それなのに、高齢になるとトイレが近くなるので困ってしまいます。

また、狭いトイレだと、介護者にも負担がかかってしまうでしょう。

実際に、「トイレで介助をするのがしんどい」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そうなると、トイレのリフォームを考えますよね。そこで今回は高齢者に優しいトイレの特徴をご紹介します!

 

1,移動のしやすさを意識したトイレを

高齢者になり、足腰も弱ってくるとトイレに移動するのも負担がかかります。

例えば、トイレの入り口に段差があると困りますよね。

 

また、寝室からトイレが離れていると夜中にトイレまで歩かないといけません。

これもお年寄りには大変なのではないでしょうか?

対策としては、寝室とトイレを隣り合わせにしたり、入り口を引き戸にしたりしてみてはいかがでしょうか?

 

2,転倒防止を心がけよう

高齢者の中には足腰が弱り、自分で立ち上がるのがしんどいという方もいらっしゃるのではないでしょう。

そんなときに心配なのが、トイレで転倒してしまうことです。

そこで高齢者も使用するトイレには転倒防止対策をしておきましょう。

代表的な対策は、手すりを付けることです。仮に今、手すりを取り付けることがなくても、将来設置できるよう下地材を施しておくとよいでしょう。

 

3,トイレは広めに作ろう

移動の際に杖を使う方も多いかと思います。

しかし、場合によってはトイレが狭すぎて、杖を中で使えないということもありませんか?

そのようなことを避けるためにもトイレは広めにしておきましょう。

そうすれば、将来車いすを利用することになっても便利です。

 

いかがでしたか?

今回はトイレリフォームで気を付けるべき3つのポイントをお伝えしました!

リフォームをお考えの方はぜひご参考にしてください!

次回は浴室リフォームを特集します!


カテゴリー: リフォーム | 0

5分でわかる!高齢者向けのキッチンリフォームで気を付けるべき3つのこととは? 

DATE 2017年9月19日(火)

「母の介護をすることになった」「高齢の両親が心配だ」
こうした理由でご両親とともに住むことになった人は意外と多いと思います。

特に、ご両親の体が不自由な場合、やはり心配ですよね。

また、「この際、2世帯住宅にリフォームしよう」といった人もいらっしゃるのではないでしょうか。

お年寄りにとって負担となるのが台所での作業です。

そこで今回はキッチンリフォームで気を付けるポイントをご紹介します!

 

1.足腰に負担がかからないキッチンを!

年を取ってくると、どうしても足腰が弱くなってしまいますよね。

また、腰も曲がり、身長も低くなってきます。

こうした状況を踏まえ、キッチンのリフォームに取り掛かりましょう。

 

例えば、キッチンの作業台を低くしたりすることが考えられます。
無理に高い作業台を使用するとますます足腰に負担がかかってしまうので注意しましょう。

また、作業台の下がオープンスペースであれば、椅子に座って作業が楽にできます。

 

2.加熱器はIH仕様に!

足腰と同様、握力や腕力にも衰えが見え始めます。当然、思い鍋屋フライパンを持ち上げるのも一苦労。

そこで、コンロを表面が平らになっている物に変えてみてはいかがでしょうか?

持ち上げる手間が少なくなります。
また、年を取るとどうしても物忘れがひどくなります。

そこで気を付けたいのが火の消し忘れです。消し忘れが多いという方は、コンロをIHヒーターに変えてみましょう。

消し忘れ防止の機能もついており、万が一の時にも安心できます。

 

3.収納はすぐに手が届く位置に!

低い位置の収納は足腰の負担になります。

かといって、高い場所に収納を作ってしまうと転倒や、入っている物を落としてしまう危険もあります。

無駄なものを整理し、必要なものがすぐ手に取れるような収納を意識しましょう!

 

いかがでしたか?

今回は高齢者向けのキッチンリフォームで気を付けるべき点を3つご紹介しました。

ぜひ参考にしてください!次回は、高齢者向けのトイレリフォームを特集します。


カテゴリー: リフォーム | 0

長野県でリフォームをお考えの方必見の助成金制度とは?

DATE 2017年9月13日(水)

みなさんこんにちは!
今回ご紹介したい情報は、①長野県にお住まい、もしくは長野県に移住される方で、②リフォームをお考えの方を対象としております。ご了承ください。

そんな、2つの要素に当てはまる方にお伝えしたいのは、「信州型住宅リフォーム助成金」についてです。リフォームをする際に、ある一定の条件を満たしていれば助成金がもらえるこの制度を是非覚えていってください!

 

■どのような工事が対象?

この助成制度で対象となるリフォームは、①浴室、もしくは②寝室に対するリフォームになります。
そしてその条件といたしましては、①外気に接する壁や床、天井、屋根に関して10平方メートル以上の部分を断熱改修すること、そして、②外気等に接するすべての寝具の断熱性能を確保すること、となっています。冬の寒さが厳しい信州ですから断熱加工をすることで、暖房の機能が向上し、エコにつながるということも理由の一つとしてあるのでしょう。

 

■助成額はどのくらい?

そして、気になる助成額に関しては、

①工事内容に応じた助成対象工事金額の合計額(床、天井、屋根の場合2,000円/㎡)、
②総工事費の20%
③40万円

のうち、一番小さい額となります。つまり、この助成金システムを通じて、リフォームを行う方は最大でも40万円の補助を受けることができるということです。
とてもお得な制度であることは間違いないですよね。

 

■他のリフォームと合わせるとさらにお得に!

また、上記の条件に加え、その他の部屋でも断熱改修を行うことで省エネに貢献したり、床の段差などを解消するバリアフリーに役立つリフォームを合わせて行えば、さらに助成金の保護を受けることができます!
長野県産の木材を使用してリフォームを行うことも一つの補助の対象ですので、是非覚えておいてくださいね!

 

いかがでしょうか?

この記事を読むことで、信州型住宅リフォームについての知識が増えたと言っていただければ幸いです。こうした助成金をきっかけに、是非当社サンプロリフォームで、納得のいくリフォームをお得に実現させてみてください!


カテゴリー: リフォーム | 0

水回りのリフォームはまとめて行おう!

DATE 2017年9月7日(木)

みなさんこんにちは!
「不便をしているから、リフォームをしてみたい。」とお考えの方、みなさんはご自宅の中のどのような点に不満をお持ちですか?
トイレ、お風呂、、、などと様々な要素がありますが、その中でも複数の要素が思いついた方は、「水回りのリフォームをまとめてしてしまう。」ことをお勧めいたします。今回は、そうすることによって得られるメリットなどを詳しく話していきたいと思います!

 

■配管につながるリフォーム

トイレや浴室などのリフォームを行う際、もちろんその規模などによって異なってはきますが、配管などの交換もまとめて行うことが多いです。その際に、水回りのリフォームをまとめてしまうことで、一気に新しい設備に対応した配管を組むことが可能となります。これはコスト的にも非常に良いことですね。

 

■手間が省ける!

秋に、浴室のリフォームをして、冬にトイレのリフォームをする、といったことは非常に無駄が多いです。その期間、その設備を使えないことになりますし、工事を長期間抱えることになって、気持ち的にも煩雑です。
是非、少し迷いがあるという方はまとめてしまうことを一度ご検討ください!

 

■費用が安くなるかも!?

リフォームの費用には、実際にかかる材料費や工事費などの他に、人件費や移動費、工事のための見積もり費や準備費も含まれています。どうせ、リフォームをするなら、2つのリフォームを1回にまとめてしまえば、後者のような費用が一括され、少し費用を削減できることができます。無駄とまでは言いませんが、カットできるところをカットするのは非常に効率的ですよね。
みなさんも、そういったメリットも是非お考えの上、見積もりをしてみてくださいね!

 

いかがでしたか?

リフォーム工事を考えているという方は、家の中で他にも改善の余地がある箇所がないか確認してみてください。そして、もしそれに思い当たる節があったら、せっかくの機会を無駄にしないようにしてくださいね!見積もりなどは当社サンプロリフォームが真摯にさせていただくので、是非ご活用ください!


カテゴリー: 未分類 | 0

1280件

1 / 12812345...102030...最後 »
2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

トップへ戻る