春が待ち遠しいです♪

*お知らせ*スタッフ日常2021/2/10

こんにちは!
リフォーム助成金申請担当の原山です。
国・県・市町村のリフォームに関するさまざまな助成金の申請手続きをさせていただいております。
春からは国の【グリーン住宅ポイント】の申請受付けも始まります。
ぜひこの機会に助成金を活用したリフォームはいかがでしょうか♪

さて、今年の冬は厳しくて厳しくて・・・
私、寒さに結構やられました。
仕事中は足元ヒーターで温め、寝るときは湯たんぽ大活躍しています。

1

立春も過ぎ、暦の上では「春」です。
サンプロカレンダーと一緒にヒヤシンスの球根。
日に日に成長する姿を見ながら一足先に春気分です。

2

花屋さんで珍しい枝を見かけました。
「アオモジ」というそうです。
この黄色のつぶつぶがかわいくて。
春にはこのつぶつぶが黄色い花に変わるそうですよ。
こちらも成長が楽しみです。

4
3

でも、結局は花より団子のわが家。
息子たちのリクエストでフルーツサンドと肉まん。
肉まんの生地はパンと同じようにイーストで発酵させてます。
包み方は素人感満載ですが、蒸し立ての肉まんは格別です。

寒さを言い訳にお料理も億劫になってましたが、
暖かさとともにお料理意欲も沸いてきます!

リフォーム 長野市 はじめまして

*スタッフ日常2021/2/3

みなさまこんにちは!DD課の小林律子です。

DRAFT DESIGNチームとは・・・
私たちDRAFT DESIGN(ドラフトデザイン)チームは、
女性が中心となり、建築図面などの作成を行っているチームです。
お客様と直接お会いする機会は少ないですが、
サンプロからお客様へのご提案を技術面から支えています。

はじめて投稿させていただきます。
よろしくお願いいたします。

昨日は124年ぶりといわれた、2月2日節分でしたね。
我が家でも、豆まきを行いました!

子供たちも、保育園で、鬼をやっつけてきたそうです。。。

これを作って、かぶって!
IMG_5844

下の子(3歳)は、泣きながらも、最後には
「おにはーそとおおお! ふくはーうちいいい!!」
と攻めの姿勢を見せたそうです。(よくやったぞ!)

上の子(5歳)は、泣いているお友達に寄り添いつつ、逃げるという
微妙な動きをしていたそうです。(まあ泣かなかったから成長したかな)

おうちでも豆まきやりました!
IMG_5847

最後に
福の神 みなさまに、福のおとどけです♪

IMG_5848

今日は立春。
あたたかい春がきます。

また更新します。

【長野市】遅れた初詣へ

*スタッフ日常2021/1/23

こんにちは!
リフォーム事業部のトクタケです。

こちら長野市はまだまだ冷え込む季節が続いており、
暖房が欠かせない日々が続いています。
2月、3月ともっと寒い日が来るかと思うと
ゾッとしますね…。(・・;)

春に綺麗な桜を観れることを楽しみに
寒い冬を乗り越えたいと思います!

先日、善光寺へ遅れた初詣へ行ってきました。
コロナの影響もあり、人は疎らで気持ちよく
お参りすることが出来ました!

昨年無事に過ごせたことを感謝し、
今年一年何事もなく過ごせますようにと
コロナの影響を受けず行きたい所に行けるように
なりますようにと欲張ってお願いしました!(^_^)

今年は旅行したいなぁと思う今日この頃です。。
京都へ行きたいです。。笑

天候もとても良く雲一つない快晴でした。
年明けからとても良い日を過ごせたと思います!
また来年必ずお参りに来ようと心に決めました。

コロナ対策を怠らず、良い一年になることを願います!

最後までお読みいただきありがとうございました。
善行寺

お正月の過ごし方

*スタッフ日常2021/1/13

みなさんこんにちはDD課増澤です。
今年もよろしくお願い致します。

DRAFT DESIGNチームとは・・・
私たちDRAFT DESIGN(ドラフトデザイン)チームは、
女性が中心となり、建築図面などの作成を行っているチームです。
お客様と直接お会いする機会は少ないですが、
サンプロからお客様へのご提案を技術面から支えています。

今年のお正月はどこにも行かずにおうちで過ごされた方が大半かと思います。
なにもない年であれば、帰省や旅行や初詣とやる事いっぱいあったはずですね。
我が家も通年であれば、それぞれの実家に年越しと新年のあいさつで遠征が常でしたので、
お正月を初めて自宅で過ごす事になりました。

毎年どちらの母も腕をふるってくれるおせち料理をおいしく食べる係だったのに。。
初おせちに初お雑煮。
大みそかにのほほんと紅白見てる場合ではありませんでした。
母達毎年ありがとうを実感しました。
DSC_2052

その後まだまだ続く冬休みと3連休。。
やる事なくなった子供達は、自分で出来るおやつを作ってみる事に。
スイートポテトとドーナツとプリン。
プリンは寒いから家の外に出して冷やすという、冬ならではの技!
ギョーザも50個作って(正確には包んで)くれました。
DSC_1913DSC_2064DSC_2068 (1)
DSC_1985

食べてばっかりでコロナ太り?お正月太り?
おうちで不健康に丸々ないよう気を付けたいと思います。

【安曇野市】真冬を楽しむお風呂リフォーム!【温泉ver】

*スタッフ日常*リノベーション*性能向上リフォーム2021/1/7

リフォームプランナーのサカイです。

新年、明けましておめでとうございます!

2021年もどうぞよろしくお願い致します。

年末年始は皆さま どのように過ごされましたか?

我が家では「手作りおせち」をつくってみたい!ということで、

主人とお節料理に初挑戦してみました!

ぜんぶ手作りとまではいきませんでしたが、

なんとかカタチになりました~

ブログ①

・たたきごぼう
・なます
・エビの旨煮
・ローストビーフ
・辛子レンコン
・煮物

こちらは手作りでがんばりました(^^)/

あとは買ったものを切ってお重に詰めただけです・・(笑) 来年は伊達巻と黒豆もガンバルゾ。

失敗を繰り返しながらも、少しずつ自分で作れるものが増える喜びを感じたいと思います ^^

——————————————————

さて、今回ご紹介するリフォームは別荘リフォームです!

今回の注目は、在来風呂リフォーム!

◆タイル風呂(BEFORE)

IMG_2777

浴室リフォームというと、今ではほぼ大半がユニットバスへの交換をされるかと思います。

こちらのお宅は安曇野の別荘地にあり、当初からすでに温泉が引かれていて

シーズンのときだけこちらの別荘でご生活をされるため、

「非日常を楽しめる特別なバス時間を」というコンセプトのもと

別荘ならではのタイル風呂のリフォームを行いました。

もともとついていた大きいアルミ窓は、断熱のことを考えサイズを小さくし、YKKAPの高性能樹脂サッシへ。

もちろんガラスは外の景色が眺められるように透明ガラスです。

+ 湯舟に浸かったときに景色がちょうどよく眺められる窓の高さはどのくらいか

+ まわりの家が見えない窓の位置はどの高さか

などプライバシーにも配慮しながら、検討を重ねました。

快適にお風呂を楽しめるように「浴槽の形状」も一工夫。

+ 浴槽の背面には少し傾斜をつけて、寝る姿勢で入浴できるように。

+ 反対側には、ベンチにして体の滑り込みを防ぐストッパーとして&ベンチに座って半身浴も。

◆完成したお風呂(全体)

017 (1)

023

床のタイルは、ヒヤッとしにくいLIXILの「サーモタイル」を選定させていただき、

壁のタイルには、大判タイルを4面全面に大胆に貼らせていただきました。

天井はもともとアーチ型になっていまして、こちらは素敵だったので形はそのまま活かしました。

浴槽の縁はヒノキを使用しましたが、ヒノキがとても良い雰囲気を出していて、

まるで高級温泉旅館の個室風呂のようです。

ちなみに同じヒノキ材で、「湯口」も作ってしまいました・・! 

◆ヒノキでつくった「湯口」

022

蓋はパカッと開きます。

020

雰囲気を演出してくれているひとつです。

お打合せの時からご主人と脱衣所の出入口に「ゆ」の暖簾をつけましょう♪

なんていう会話をしていましたが、撮影時にしっかり暖簾を準備してくださり、

「暖簾カット」もバッチリカメラで納めさせてもらいました!

◆ゆ♨のれん

013

◆ another photo

048

LDKには薪ストーブも設置しました。
素敵なレッドカラーの薪ストーブです

047

薪ストーブで暖をとりながら、ゆっくり本を読んだり、招いた友人と会話を楽しめるベンチスペース

053

窓際のカット。おサルさんも良く来ます。

080

外観はシックに。

これからのスローライフを、生まれ変わった空間で楽しく過ごしていただきたいです。

Nさま、本当にありがとうございました。

こんなご時世だからこそ、おうち時間の充実が必要です。

今だからこそ、これまで以上に家での暮らしを心から楽しめる かもしれませんね。

コロナ禍のなかで、私たちの暮らしにもさまざまな制限がありますが

そこから気が付ことや見いだせる可能性があるのではないかと感じます

2021年も皆さまの暮らしが より快適に、安心して暮らせるお手伝いができるよう、頑張ります!

それでは、また!(^^)!

年末年始の思い出…

*スタッフ日常2021/1/6

明けましておめでとうございます
本年もどうぞよろしくお願いいたします

リフォームドラフトデザイン課のフジマキです

DRAFT DESIGNチームとは・・・
私たちDRAFT DESIGN(ドラフトデザイン)チームは、
女性が中心となり、建築図面などの作成を行っているチームです。
お客様と直接お会いする機会は少ないですが、
サンプロからお客様へのご提案を技術面から支えています。

さてさて、今年のお正月はみなさんどのように過ごしましたか?

私は、京都の実家への帰省は諦めて。。。
どこにも行くことなく、寝正月となりました(-_-)zzz
(子ども達は京都に行きたくてブーブー言っていましたが。。。)

年末から寒波到来で寒い年末年始
大雪とはならなかったのでよかったですが
やはり、京都とは全く違う信州の寒さにはまだまだ慣れません((+_+))
(バケツの水が分厚く凍っていたのにはビックリしました(+o+))

IMG_8350

IMG_8351

毎年恒例フジマキ家は親戚、大人も子供も総勢20人近く集まって
お餅つきをし、お昼は焼肉をするのですが。。。
今年はコロナもあり規模を縮小。。。

我が家と両親、兄弟家族のみでお餅つきをしました

毎年、主人のお母さんと伯母さんが仕切ってやっていたのですが
今年は主人と主人の姉、妹とで頑張りました!!!

IMG_8346

もちろん、長男くんにも手伝ってもらって

IMG_8349

IMG_8354

双子ちゃんも張り切って手伝ってくれました!

お正月もみんなで集まってご馳走食べて。。。
子ども達は従兄弟とまた会えてとても嬉しそうでした( *´艸`)

さて、今年はどんな1年になるのか。。。
家族、子ども達が健やかに生活できている事に感謝しつつ
今、自分に出来ることをしっかりとやっていこうと思います!

冬ですね

*スタッフ日常2020/12/16

師走に入り、一気に冬らしい寒さになりましたね。
悲しいくらいに手がカサカサになってしまった
ドラフトデザインチームの山田です。

DRAFT DESIGNチームとは・・・
私たちDRAFT DESIGN(ドラフトデザイン)チームは、
女性が中心となり、建築図面などの作成を行っているチームです。
お客様と直接お会いする機会は少ないですが、
サンプロからお客様へのご提案を技術面から支えています。

今年は社内の加湿器の台数も大幅に増やし
しっとりした空気の中で快適に仕事が出来ています。
コロナだけでなく風邪やインフルエンザ予防にも
お肌にも・・・ 
大変助かります。

話は変わりますが
先日、新しい年に向けて、気合いが入るよう
家の鍵をつけているキーホルダーを新調しました!

ジャーン!
キーホルダー

IWGPヘビー級ベルトのミニサイズ!

~説明~
WGPヘビー級王座は、日本のプロレス団体である新日本プロレスが管理する王座。
ウィキペディアより

チャンピオン気分で、今日も作図がはかどりそうです。

サンプロアルウィンで。そして大掃除を少しずつ。

*スタッフ日常2020/11/25

こんにちは。
リフォーム事業部の原山です。

9

クリスマスまであと1か月ですよ~!
1年経つのあっという間ですね。
わが家も少しだけ雰囲気出してみました。
息子たちが大きくなり、こんなことしても無反応なので、
自己満足だけで飾ってます。

その息子たち、それぞれの部活動が一区切りつきました。

5

長男は、サンプロアルウィンで高校サッカーが終了。
写真にある準決勝で敗退してしまいましたが、
このサンプロアルウィンの電光掲示板に息子の名前がデカデカと映し出されたのは、
私の一生の宝物となりました。
長男にとってサッカーは生涯スポーツになるかと思いますが、
親としてのサポートはこれで終わりです。
10年間楽しませてもらいました!
(涙もたくさん流しました)

いままでは週末は息子たちの応援や送迎で時間を使ってましたが、
一気に時間が空いて、何しようか?と。
とりあえず年末慌てないように、休日ごとに大掃除を少しずつ始めようとやる気スイッチ入れました!

3

7

まずはキッチン。
185㎝の長男が換気扇担当。
これから照明器具とか高い場所の掃除に重宝しそうです。

1

ダイニングテーブルのお手入れもしました。
父に結婚の時に作ってもらった欅のテーブルです。
半年に一回、やすりで木目に詰まったゴミを取り除き、オイルを塗って一日かけて乾かします。
使い続けて20年近くになります。
木目がいい感じに浮かび上がってきました。

4

きれいになったキッチンとテーブルで、早速おやつに。
アップルパイ。鉄板ごとテーブルに運び、焼き立てアツアツを頬張りました!

大掃除は「自分的にできるところまで」という気持ちで乗り切ろう(笑)
と思ってます。

あったかいお風呂って

*お風呂リフォーム*スタッフ日常2020/11/19

 先日、休みの日に諏訪へ所用で出かけたときのこと。
帰りがけに片倉館の傍を通ると、ヨーロッパを思わせるあの独特な外観の建物と、
庭先の紅葉の様子がとても素敵だったので、寄り道して写真を撮ってきました。
IMG_5245

 重要文化財に指定されている建物は近代産業建築を代表するものとしてお馴染みですね。
千人風呂といわれる、大きく深い浴槽(深さおよそ1.1mあるらしい)のお風呂で
温泉に浸かった方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか。

 コロナ禍で温泉施設の利用が躊躇われるところもありますが、
信州の冬場はやっぱり温泉に浸ってのんびりまったり過ごせるのがいいですよね。
人混みは避けつつ、様子を見計らいながら温泉であったまりたいと考えている、
リフォーム設計担当の高松です、こんにちは。

 

 温泉といえば・・・。

 

 私たちがお手伝いさせて頂いているリフォーム工事のお施主様の住まいには、
温泉設備を持っていらっしゃる方もおられます。

 温泉好きの僕としては自分の家に温泉があるというのは
「いいなぁ~」と羨ましく思えたりするのですが、
そんな温泉を引っ張った浴室の施工をさせて頂けていることもまた、
ありがたいお話だなと感じています。

 

 写真は工事前の様子。

IMG_2777

タイル張りの壁にヒノキの浴槽。
壁芯の寸法から計算すると、4畳半くらいも大きさがある立派なもの。
ちょっとした温泉旅館のお風呂くらいありますよね。

 窓も大きく外の景色が一望。
でも今回のリフォームではさすがに寒さ対策もしなくてはいけないので、
窓サイズはひと廻り小ぶりに変更しました。

 そして新しい浴槽はお施主様とも相談して基本的にタイル張りで、
縁の部分だけはヒノキで仕上げて温かみを出すように計画。
計画初期段階ではタイル風呂は冬場の冷え込みがきつい点を課題に挙げていたのですが、
長年この住まいで過ごされているお施主様曰く、

「出湯温度がとても高いので、タイルで冷まさせるくらいでちょうどよくなるから。」
とのこと。そういう発想もあるのかと驚き入った次第です。

 

 とかくお風呂という場所は、
とくに冬場の冷え込みについてはナーバスになるところで、
サンプロへご相談頂くお客様もあたたかなお風呂に
作り替えたいとご希望される方は多いです。

 通常なら最新鋭の仕様で保温力も抜群のユニットバスを
ご提案させて頂いているわけですが、ご紹介させて頂いた御宅のような、
タイル風呂だけれどもあたたかさを確保してお風呂タイムを満喫したいと
考えておられる方もいらっしゃいます。
私たちも洗い場の床のヒンヤリ感を和らげるよう、
仕上げ材も冬場の素足にも優しい素材を採用するなど
考えられる策を講じて取り組んでいるところです。

 IMG_4997

 プライベート空間だからこそ、自分だけのオリジナルなデザインの
お風呂にしたいというのも、すごく頷けるお話です。
ヒートショックなどの重要なポイントは押さえておかなくてはいけませんが、
お施主様の要望もしっかり受け止めて、適切な住環境を
作り上げて行きたいと考えながら志事に尽くして行きたいと思います。

 

 こちらのお風呂、いまはまだ工事中写真だけですが、
完成したらこちらのブログでもぜひご紹介させて頂ければと思っています。
もっとも、記事にアップするのは僕ではなく、
同じ現場に携わっている別のスタッフかもしれませんが(^^;

蔵のまち

*その他リフォーム*スタッフ日常*リノベーション2020/11/18

こんにちは
リフォームDD課の佐藤です。

めっきり寒くなってきました。
今年はより一層、換気必須ですので寒さと戦う冬になりそうですね!
サンプロショールームも冬の装いになりました。
ほっこり雑貨をもとめてお越しください。

IMG_9048IMG_9036 (2)

IMG_9042IMG_9033

今ならサンプロノベルティステッカー第1弾「信州の山シリーズ」も配布中です。
限定数となりますので是非どうぞ☆彡

IMG_9051

さて、みなさん突然ですが蔵のすばらしさについてご存じですか?
私の故郷は蔵のまちと呼ばれるところで、いたるところに蔵があります。
もちろん、通学路にも友人宅の庭やはなれにも。

IMG_9057IMG_9061

IMG_9059IMG_9054

「ーに嫁とり、二に孫もうけ、三に宝の蔵を建て」

こんな歌が語り継がれていますが
いい嫁を迎え、跡取りを決め、立派な蔵を建てればお家安泰、
男の人生は万々歳だ、といわれていていたそうです。

IMG_9062IMG_9056

また、蔵が現在も多く残っている理由に、
明治時代の大火の際に300棟以上の家が焼おちる中、
蔵だけが焼けずに残っていたという歴史があり、
まちの人々は誇りをもって蔵を語り継ぎ建設してきたという背景があるようです。

災害でも蔵が流されずに残ったという話を聞きますが、
それほどまでに頑丈で保温性にも優れた昔の人の技法と知識に感心です。

IMG_8779

蔵の写真を見ていたらなんだか故郷が恋しくなりました。
真夏にひんやりすずしい蔵のなかで食べる
熱々のラーメンも絶品ですよ!