リフォームコンテスト

*リノベーション*増築・減築リフォーム2020/11/9

こんにちは

塩尻市・松本市・長野市・上田市にショールームがあります、
株式会社サンプロのリフォーム営業の矢沢と申します。
先日の早朝、車の窓ガラスが凍っておりまして、
いよいよマイナスの気温が近づいてきましたね。
これからの季節は、水道管の凍結の恐れが出てきますので、
凍結防止帯等の事前のご確認をお願いします。
もちろん、凍結防止帯等の交換工事も承っておりますので、ご相談下さい。

本日は、毎年、リフォームコンテストと呼ばれているものがいくつかの団体で
開催されております。
私が、以前のブログで紹介させていただきました、減築リフォームの建物が
何と、コンテストで受賞をさせていただくことができました!!!

日本住宅リフォーム産業協会(ジェルコ)が、開催する「ジェルコリフォームコンテスト」
上記のコンテストで受賞をさせていただきました!!

審査員の方は建築業界で有名な方が審査を務めておりまして、
受賞をさせていただくということは、とても名誉があることです。

毎年、サンプロでは数件の受賞をさせていただいております!

004

058

011

数多くの受賞品もこのHPで確認できますので
覗いてみて下さい!!

家の履歴を探る

*その他リフォーム*リノベーション*増築・減築リフォーム2020/4/30

三密状態になることはほぼないはず、とはいえ・・・。

僕のライフワーク“まちあるき”も、いまは社会情勢を考慮してブラブラは自粛中。
当ブログで時折紹介させて頂く「サンプロまちあるき部」の活動も、
コロナ禍の終息がハッキリするまでは当面休止です。
我慢の時期ですね。
日常生活で不便なこともありますが、みんなで助け合って乗り切って行きたいと思う、
リフォーム設計担当の高松です、こんにちは。

 

そんなこんなの非常時ですが、日々の仕事は粛々と進めさせて頂いております。
リフォーム設計の大切な仕事、耐震診断もそのひとつ。
過去にも当ブログでその様子を紹介してきました。
そんな診断業務のなかで耐震性能を確認するという主業務以外にも、
いろいろ興味深いモノやコトとの出会いというのがあり、
いささか語弊がありますが、とても楽しくワクワクする体験をさせて頂いています。

 

そのワクワクを感じられる瞬間のひとつが、“家の履歴”との出会い。

履歴と言ってもなにかの証明書とか図面などの類ではなくて。
もちろんそうした古い資料も貴重な履歴には違いないですが、
ここでいう履歴は建物の内や外、小屋裏や床下といった隠れた場所に潜む、
新築当時や過去に行われた増改築の痕跡のことをいいます。

 

例えば。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今から60年ほど前に建てられた民家の小屋裏。
1階天井の点検口から入り込むと2階壁の裏側が目の前に。
画像を見て分かる通り、上半分は漆喰仕上げ、下半分は土壁の下塗りが露出しており、
きれいにスパッと切られたように上下に分かれています。
これは何かというと、もともと1階の片流れ屋根がこの壁面に対して
真っすぐに取り付いていた痕跡です。
漆喰で仕上げられた面は屋外に面した外壁で、
その下部は現在同様に天井裏だったため下塗り状態で終えられているものです。
1階の一部を増築したことまではお施主様から伺っていましたが、
屋根の架け替えについてはハッキリ聞いておらず、
しかも建物外観を観察しただけでは全く分かりませんでしたが、
こうして小屋裏を調査することで過去の屋根形状が明確になりました。
柱の色具合も小屋裏だった箇所は汚れが目立つ程度ですが、
外壁だった部分はかなり黒ずんでいるのがよく分かりますね。

 

またこちらは画像中央の通し柱に刻まれた切り欠きの痕。(赤丸の部分)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この柱に対してそこそこ太い梁が接合していたようで、
緊結するために使用していた金物のボルト孔も残っています。
なぜ梁を外す必要があったのか。ハッキリした理由は分かりませんでしたが、
おそらく改修工事の際に天井高や間取りの都合などから
梁を撤去する必要があったのかもしれません。
それに柱を挟んで向こう側とこちら側。
取り付いている梁も新旧の違いが見ていてよく分かりますね。

 

ほかにも床下を見てみると、基礎の立ち上がりで細かく区切られているのが分かります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この画像は耐震診断のそれではなくすでに工事が始まって
床組を解体した直後の写真ですが、当初床下に潜って調査した際、
この二列の基礎に阻まれて区画全体をチェックすることが出来ませんでした。
上部の既存間取りは広い台所でしたから、
それが新築時からの姿だとすればこの床下状態は不自然です。
しかしこの並列する基礎に挟まれた部分が、じつは廊下だったとすればどうでしょうか?
耐震診断後、お施主様の御父様の証言から、やはりこの部分はむかし廊下だった部分で、
さらにその廊下と同じ幅だけ屋外(写真左方向)に増築し、元の座敷だった部屋と
一体にして広い台所ひと部屋にしたのだということが分かりました。
写真に写る二列の土台。左側の中央部と右側の一番下のほうを見ると、
昔廊下だった当時に存在したであろう柱の差し込まれていた”ホゾ穴”が確認できますね。

今回リフォームをさせて頂いたこちらの家では、
まさにこの既存台所を含む区画のLDK化がメインとなる工事でしたから、
この並列基礎は無視することが出来ません。
幸い新しいキッチンの配管工事などには大きな影響もなく、
うまく納めることができたのでよかったですが、
小屋裏の梁や柱と共に床下の基礎の状況も、
リフォームを進める中で少なからず影響が出てくるので、
耐震診断の折には耐力壁をチェックだけでなく、
こうした建物履歴の部分にも、しっかり目を向けて対応して行きたいと思います。

 

ほかにも釘の話など書きたいことがありましたが、
すでに長くなってしまいましたので今日はこの辺で。
釘話はまた次回・・・たぶん。

【松本市】お披露目会

*マンションリフォーム*リノベーション*増築・減築リフォーム*屋根・外壁リフォーム*性能向上リフォーム2019/11/8

こんにちは!
リフォームドラフトデザイン課の小松です
______________________________
ドラフトデザイン課とは・・・
女性が中心となり、建築図面などの作成を行っているチームです。
______________________________
先日、11/2、3にリフォーム完成お披露目会が
松本市巾上で開催されました。
お寒い中、ご来場いただきありがとうございました。

ご都合が合わず、参加できなかった方のために
少し紹介させていただきます
まずは写真をご覧ください!!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
before
IMG_1306
after
IMG_2345
IMG_2371

はい。素敵なんです!!
家族での素敵な団らんが目に浮かびます☆

・料理をしながら、子供の勉強が見れるカウンター
・おたよりを貼れ、ラクガキもできる壁
・リビング内にありながらも、隠れ家のようなスタディールーム
・奥様セレクトの素敵なタイル
・防音設計のピアノルーム
・両親を想った、同敷地内のおうち

お施主様の思いがそこら中から感じれる空間となっておりました。
『こんな日常を過ごせる空間が欲しい!』
という思いがある方、
ぜひご相談ください☆

そして寒くなってきた今
私も身をもって感じたのは、断熱性能の良さです。
おうちに入るたびに
あったかい・・・・・・・(T_T)♡
と幸せを感じました。
私の住んでいるマンションも古く、すでに極寒なので
リフォームしたくなっちゃいました。

こちらのお披露目会は終わってしましましたが
ぜひ実際の建物で体感していただきたいです!!
ではまた(^^♪

大型リフォーム

*増築・減築リフォーム2019/4/5

こんにちは現場管理の宮下です。
4月に入り暖かくなってきたので
安心していたら
急に雪が降ったり
春といえば強風が吹き
外部のシート等心配する今日この頃です。

さて最近リフォームも大型が増え
工事期間も新築並み またそれ以上期間がある
工事もあります。
今回ご紹介する物件は約6ヶ月位の
大規模リフォームでした。

IMG_1096

減築 増築工事という事で、
1部減築し 1部増築工事をしました。

IMG_1186

解体もスケルトンの為 雨・風の養生から気になる所ですが
無事完成する事ができました。

機会があればまた写真アップしたいと思います。

減築リフォーム

*リノベーション*増築・減築リフォーム2019/2/16

こんにちは
近々花粉がまってくるとニュースでビビております
サンプロリフォーム部営業の矢沢です。
本日は減築リフォームについてブログを書きます!
 
来月着工に迫って参りました減築リノベーションの
お客様の最終現場確認に伺いました。
まだBeforeのみの写真ですが、
 
 
 
DSCF3824
 
 
 
 
 
 
増築を何度か繰り返していることもありますので、解体後の確認も必要になります。
間取りなどの打合せは全て終わっております。
2階と1階の一部を減築し、平屋の建物に生まれ変わります!
耐震、断熱性能は新築同等、それ以上になります!
ブログにて工事の経過を報告できればと思います!!
 
ちなみにこちらの写真は昨年完成しました、弊社の減築モデルです!!
Before
 
IMG_8918
 
 
 
 
 
 
After
 
005
 
 
 
 
 
 
いつでも内覧可能なので、気になる方は「サンプロ リフォーム 減築リフォーム」にて検索してみて下さい。