【松本市】リモート対策

*その他リフォーム2021/2/25

こんにちは!
プランナーの小松です。

今回の内容は「在宅勤務」

コロナの影響によりこの、在宅ワークを経験された方も多いのではないのでしょうか。
弊社でも警戒レベルにあわせ実施致しました。

やって分かったこと。
おうちって、思ったより、、仕事しやすい環境じゃない!!!(´;ω;`)

・家族の声がリモート中に聞こえてくる
・おうちのガタガタが目に入って集中できない
・ネット環境が悪い
などなど。(笑)

欲しいのは「こもれる」「集中できる空間」ではないでしょうか!
でもなかなかそのスペースを確保できない。
大規模リフォームになる??・・

そんな方にオススメの!仕事部屋空間のご紹介。
先日お引渡しをさせていただきました❁
携わらせていただき光栄です。W様ありがとうございました。

「クローゼット&PCスペース」
無題53_20210225152707

IMG_1781 (3)

・ミラー付き洋服入れ
・収納引出し
・ワークスペース
を寝室の一面に作らせていただきました。
自分の使いやすさ、用途に合わせて作ることが可能です!

寝室にゆとりがある方、ぜひこのようなリモートスペースはいかがでしょうか。
お好きな色、使いやすい高さに合わせてご提案可能です。

ご相談お待ちいたしております。
では❁

日差し

*その他リフォーム2021/2/17

こんにちは!設計の清水です。
雪景色の長野市ですが、今週末からは暖かな日差しが期待できそうです。

そんな日差しですが、快適な住環境をつくるうえではとても重要な役割をします。

住宅の断熱性あってのことですが、自然の力も積極的に借りることも重要で、特に光熱費に差が出てきます。

「冬は積極的に日射を取り入れる」「夏はできるだけ日射をさえぎる」これに尽きます。
冬、掃き出し窓1ヶ所からの日射の熱はコタツ1つ分にもなるそうです。電気代を考えると取得しないともったいない!となりますよね。

リフォームで南面を大きな断熱サッシに交換して、冬は日射取得が十分にできる!まではよくありますが、夏の対策がおろそかにならないよう対策が必要です。

我が家では夏、タープを取り付けています。落葉樹も相まってウッドデッキに日陰ができ、見た目も涼しげです。

タープ

他にも、外付けのロールスクリーンやブラインド、後付けの庇、スダレやヨシズを取り付けるバーなどもあります。

寒い冬だからこそ忘れがちな、夏の対策もご提案いたします。

グリーンバー

アウターシェード

書斎&スタディーコーナー

*その他リフォーム2021/2/11

コーディネーターの湯口です(*^^)v

いきなりですが、みなさまはテレワークをされたことありますか?
コロナショックの影響を受け、昨今では当たり前に行われるようになったリモートでの打合せやミーティング。
本日はちょっと真面目に、コロナショックと書斎について、施工事例を交えて書こうと思います♪

住宅産業大予測というムック本の中で、男性300人、女性300人を対象に行った、住宅ニーズの変化に対する調査というものがありました。
「コロナショックが収束に向かっても、テレワークを行いたいですか?」とう質問に対して、実に57%の方達がテレワークの継続を希望している結果が出ていました。
女性はフルタイムで働いている割合が少なかったり、エッセンシャルワーカーとして働いている方が多いためか?男性ほどテレワークの実施率が少ないようですが、テレワークを行えるような職種の方であれば、女性向けの書斎を作るのもアリなのではないでしょうか。
女性と限定しなくとも、家族みんなで活用できる書斎コーナーを設けるのもいいかもしれません。
059
こちらはダイニングの脇に設けたスタディーコーナーです
家族が集まる部屋の一角へ設けることで、ファミリースペースの一つとしても活用できます
088 (1)
こちらもリビングの一部です
コロナに関係なく、例えばお子様が体調を崩してしまって出掛けることが出来ない。。
けど付きっきりでなくても良いような時は、こんなスペースがあるとテレワークが出来ていいですよね!
002 (2)
こちらは親子のスタディーコーナー
左側がお母さん用で、右側が息子さん用♪
090
こちらはご夫婦のスタディーコーナー
2人で仲良く活用するもよし、時には独り占めで広々利用するもよし!
102
こちらはご主人様用のこもり書斎
ガッツリと仕事に専念するには、家族が集まるリビングからの距離を置き、寝室の一角へ書斎をご提案することもあります。
オンラインミーティング等を行ったりする場合は、こういったこもり書斎があるといいですね!

安曇野市 ネコちゃん、お孫さんと快適に過ごすリフォーム

*その他リフォーム2020/12/27

こんにちは。コーディネーターの田中です。
2020年も残すところ数日となりましたね。
今年はコロナ禍という事で生活が大きく変わった年でしたね。
みなさんはどんな1年でしたでしょうか?

さて、本日は先日お引渡をさせて頂いた施工例をご紹介させて頂きます。

IMG_3936IMG_5288

キッチンの廻りを回遊でき、キッチンの隣にダイニングテーブルを置くことで
お料理をしながら、お孫さんの様子を見る事ができます。
仕上げは、無垢の床材を中心に温かみのある落ち着いた和風ナチュラルとなりました。

IMG_5351IMG_5366IMG_5315

一緒に暮らすネコちゃんには、キャットウォークとキャットステップ、キャットボックスをご用意しました。気に入って頂けたようで嬉しいです。

いかがでしたでしょうか?

それでは、みなさまもよいお年をお過ごしください。

蔵のまち

*その他リフォーム*スタッフ日常*リノベーション2020/11/18

こんにちは
リフォームDD課の佐藤です。

めっきり寒くなってきました。
今年はより一層、換気必須ですので寒さと戦う冬になりそうですね!
サンプロショールームも冬の装いになりました。
ほっこり雑貨をもとめてお越しください。

IMG_9048IMG_9036 (2)

IMG_9042IMG_9033

今ならサンプロノベルティステッカー第1弾「信州の山シリーズ」も配布中です。
限定数となりますので是非どうぞ☆彡

IMG_9051

さて、みなさん突然ですが蔵のすばらしさについてご存じですか?
私の故郷は蔵のまちと呼ばれるところで、いたるところに蔵があります。
もちろん、通学路にも友人宅の庭やはなれにも。

IMG_9057IMG_9061

IMG_9059IMG_9054

「ーに嫁とり、二に孫もうけ、三に宝の蔵を建て」

こんな歌が語り継がれていますが
いい嫁を迎え、跡取りを決め、立派な蔵を建てればお家安泰、
男の人生は万々歳だ、といわれていていたそうです。

IMG_9062IMG_9056

また、蔵が現在も多く残っている理由に、
明治時代の大火の際に300棟以上の家が焼おちる中、
蔵だけが焼けずに残っていたという歴史があり、
まちの人々は誇りをもって蔵を語り継ぎ建設してきたという背景があるようです。

災害でも蔵が流されずに残ったという話を聞きますが、
それほどまでに頑丈で保温性にも優れた昔の人の技法と知識に感心です。

IMG_8779

蔵の写真を見ていたらなんだか故郷が恋しくなりました。
真夏にひんやりすずしい蔵のなかで食べる
熱々のラーメンも絶品ですよ!

デザインリフォーム

*その他リフォーム2020/10/8

おはこんばんにちは♪
コーディネーターの湯口でございます(*^^)v

10月に入り肌寒くなってきましたが、みなさま体調を崩されてはいませんか?
相変わらず頑丈で風邪を引くことがない湯口ですが、寒さにめっぽう弱いため昨日から暖房を使いだしました。
毎年この時期になると、なぜ人間には冬眠がないのだろう?と思う今日この頃。。
季節の変わり目、みなさまご自愛くださいませ。

さて、本日も施工事例をお送りしたいと思います(^^♪
こちらはお化粧直しでフェミニンに生まれ変わった元和室!
長野市のT様邸です。
《Before》
RIMG0242
《After》
f737a16a8c8f9927cf6288ad2f473c00
《Before》
IMG_4066
《After》
296297a2653ef34fc77a9fefdb4ec8f7
テーマは見せる収納!
中段に使っている固定棚は、デスク代わりに利用出来るよう高さを70cmにしました。
中にはお施主様御支給品の可愛いプチシャンデリアで女性的でフェミニンな雰囲気に仕上がりました♪
T様のセンスの良さが伺えますね( *´艸`)
コロナ禍の中で、ワークスペースとしても使えるオシャレな収納!
テンション上がりますね♪
お引渡しに伺えずとても残念でしたが、T様ありがとうございました。

今回はもうひとつ施工事例をご紹介します!
こちらは既存の建物に合わせて、レトロな雰囲気を残したリフォームです♪
松本市のN様邸♪
《Before》
RIMG4733
《After》
4a0b8a37458d0ef721d4aa66928bdc71
こちらのお家もワークスペースを設けています。
f0d9ceef183880ea28437046e7251210
《Before》
RIMG4769
《After》
271ba59291a5df2775055f76e3fb61e8
今は亡き、叔父様がご自身の設計で建てられたこだわりのお家。
意を決するリフォームのご依頼だったのではないかと思います。
既存柱を表しにしたり、腰壁を入れたり、工事をしない部分とのギャプが出過ぎないようレトロな雰囲気を意識した施工事例です。
工事中は何かとご迷惑をお掛けしましたが、N様本当にありがとうございました。

和室リフォーム

*その他リフォーム2020/9/19

こんにちは

塩尻市・松本市・長野市・上田市にショールームがあります、
株式会社サンプロのリフォーム営業の矢沢と申します。

気付けば9月も後半になりまして、台風の季節になってきました。
私共、建築会社は工事が天候に左右されることもあり、
毎日天気予報をチェックしております!

本日は、和室のリフォームのお話をさせていただきます。
メーンは掘り座卓を入れたいとお客様からご要望を受け賜りました。
Panasonicの堀座卓になりまして、冬はこたつになります。
6面のパネルヒーターになっており、凹凸もなく、お掃除もしやすい設計になっております。

畳もいぐさの畳ではなく和紙を使用した畳になります。
DAIKENというメーカー商品になります。
色褪せも無く、お掃除性も良く、色のレパートリーが豊富です。

IMG_1254
RIMG7534

ステキな和室の空間に生まれ変わりました。

思い出を大切に

*その他リフォーム2020/8/28

こんにちは!

コーディネーターの田中です。
暑い日々が続いていますが皆様いかがお過ごしでしょうか?
我が家では、火を使わずに調理をしたいという事で
電子レンジが大活躍な今日この頃です。

さて、8月も終わりに近づき、
月末のお引渡しに向け工事も着々と進んでおります。
そんな中から私が担当させて頂いているリフォーム2件をご紹介させて頂きます。

こちらの2件に共通するキーワードは「思い出」です。
リフォームを行い現在生活されているご家族にとって
住みやすい空間に生まれ変わると同時に、今まで生活してきた空間に残っている
ご家族の思い出も大切にしたいという思いから、既存の一部を残すリフォームを
行いました。
IMG_2931

お父様との思い出として、既存の天井のみを残し、天井を活かした和風ナチュラルな空間に仕上げていきます。

IMG_4324

ご夫婦で生活されている思い出のあるリビングの雰囲気を残し、奥様ご希望のカウンターを設けました。

新しくなる空間にご家族の思い出が残る。とても素敵ですよね!
今までの思い出を大切に、新しい空間でも新しい思い出をたくさん作って頂きたいと思います。

それでは、暑い日々が続きますが、皆様ご自愛ください。

 

上田市でリフォームをお考えの方へ!床暖房のリフォームのポイントを紹介します!

*その他リフォーム2020/8/1

「そろそろマイホームを建てて長年経ったので、リフォームをしたい」とお考えの方はいませんか。
今回は、冬場の寒い時期でも快適に暮らせる床暖房のリフォームをご紹介します。
リフォームについて何も知らなくても大丈夫ですので、この記事を読んで基礎知識をつけましょう。

□床暖房の種類は2つ

床暖房には電気式床暖房と温水式床暖房の大きく分けて2種類があります。
それぞれ詳しく紹介していきます。

*電気式床暖房

電気式は床下に電熱線が入ったパネルを設置する方式です。
工事がシンプルなので、1日で終わりますし、お値段を抑えられます。
リフォームは大変そうというイメージを持っている方がいるかもしれませんが、この方式ならお手軽にできるでしょう。
しかし、デメリットととして、暖まるまでに時間がかかること、暖かさにムラがあることが挙げられます。
そのため、少し暖かければ嬉しい脱衣所やトイレに設置するのが良いでしょう。

*温水式床暖房

電気式に対して温水式は床下に通したパイプに温水が流れる方式です。
白熱電球とLEDライトの比較とよく似ていて、設置費用は電気式よりも高いですが、使用する際のコストは低いため、長い目で見るとお得です。
また、電気式よりも素早く均一に暖められます。
他の暖房器具を使わなくても、床暖房のみで充分暖かくなるため、冬場の電気代を節約できるでしょう。
また、小さいお子様が床でハイハイする際にも暖かいと良いですよね。
温水式は機能性に優れているため、リビングに導入するのがおすすめです。

しかし、設置費用が高い以外にも注意点があります。
床下に配管設備を設置するため、リフォーム期間として1~3日かかってしまうのです。
そのため、計画的にリフォームを行いましょう。

□押さえておきたいポイント

実は床暖房は、導入したい部屋の床全てに設置する必要はありません。
そのため、必要な部分のみに設置すれば費用を抑えられます。
例えば、ソファーやたんす、ベッドといった巨大家具の下は歩かないため、床暖房は不要です。
また、一般的に床面積の約6割に設置しておけば、床全体が暖まると言われているため、日当たりや良く歩く所を考慮して設置しましょう。

また、大抵の家で使用されているフローリング材は床暖房に順応していません。
そのため、仕上げ材は、熱に強い素材や床暖房用のフローリングにしてもらいましょう。

□まとめ

床暖房のリフォームについてご紹介しました。
床暖房の種類や費用の抑え方、注意点を理解しておけば、床暖房のリフォームの際に少しは役立つでしょう。
冬場にじゅうたんを敷いて暖房をかける暮らしから、どこに座っても暖かい暮らしに変えてみませんか。

上田市でロフトのリフォームをお考えの方へ!メリットと注意点を紹介します!

*その他リフォーム2020/7/26

上田市在住で、ロフトに憧れをお持ちの方はいませんか。
おしゃれな家にあるイメージですが、リフォームすればご自分のお家にもおしゃれなロフトを作れます。
今回は、ロフトをリフォームする際のメリットと注意点をご紹介します。

□ロフトのメリットとは

ロフトは天井を高くして、部屋の一部を2層化した空間のことで、屋根裏部屋の一種です。
居住空間が広がることが大きなメリットで、同じ居住面積でも、より効率的に住まいを利用できるでしょう。
一般的には就寝スペースや子供の遊び場、収納スペースに利用されています。
他にも、完全に閉鎖された屋根裏部屋とは異なり、ロフトの下からロフトの中が見えるため、開放感があります。
この解放感によって、部屋の雰囲気が一気に変わるでしょう。
また、部屋としての開放感が生まれるだけではなく、下から見えるためお子様がロフトに居ても、親御さんは安心です。

*節税対策

ロフトは固定資産税を増やさずに、居住面積を広げられるメリットもあります。
なぜなら、ロフトは建築基準法において居室の扱いではないため、固定資産税の床面積として計上されないからです。
ただし、ロフトが居室ではなく小屋物置等に認められるには、高さが1.4m以下をはじめとするいくつかの条件を満たす必要があります。
リフォームの際にはそれらの条件を考慮して作りましょう。

□ロフト作成における注意点

*ロフト自体よりもはしごに注意

お子様やお年寄りが使う場合には、安全のため、はしご選びが重要です。
デザイン重視で選ぶのではなく、安全性の観点から選びましょう。
足を置く踏板タイプで、かつ踏板部分が分厚いものを選ぶことで踏み外しを防げます。
また、手すりがあるタイプを選べばより安全性を高められるでしょう。

*暑さと風通し対策

ロフトをつくる際は、窓やエアコンの追加工事や換気対策を行う必要があります。
同じ空間だからそれほど変わらないのでは、と思う方がいるかもしれませんが、ロフトは太陽が当たる屋根の直下であるため、非常に暑いことが予想されます。
屋根に断熱材を入れるリフォームを追加する場合があるため、業者とよく話し合いましょう。

□まとめ

ロフトをリフォームするメリットと注意点をご紹介しました。
ロフトを作ると新しい空間ができるため、暮らしがより快適なものになるでしょう。
快適で安全にロフトを使用するためには、はしごや暑さ、湿気のことを考えるのも大事です。
ぜひ、この機会に上田市でロフトをリフォームで作成してみてはいかがでしょうか。