ランドリールーム

*その他水廻りリフォーム*性能向上リフォーム2021/7/14

こんにちは!設計の清水です。

今年の梅雨は、昼間は猛暑・夕方にゲリラ豪雨!
最近の天気は何だかおかしいですね。

私も毎朝天気予報を見て、朝晴れていても洗濯物は結局、外干しして出かけられず毎日部屋干しです・・・。

最近のプランでも、ランドリールームを充実させたい!というご要望がとても多いです。
共稼ぎのご夫婦がほとんどで、みなさん部屋干し派のようです。

以前のブログでもご紹介しました、リンナイのガス乾燥機「乾太くん」も大人気です!

乾燥機までは・・・という部屋干し派の方にランドリールームにオススメの、
パナソニックの「部屋干しファン せんたく日和」 をご紹介します!

気流で洗濯物の乾燥を促進し「ナノイー」で部屋干しの臭いを抑制するというものです。
また、壁や天井に取り付けるので邪魔になりません。
そして温風ではなく気流なので電気代が少ない低コスト運転です。

洗濯物が乾くときに出る湿気は、隣の浴室の換気扇かランドリールームに換気扇を設置して、しっかりと排出するのがポイントです。
 
ファン
「洗う、干す、たたむ、しまう」のランドリールームがいつでも最適空間!

プランニングと合わせて様々な商品もご提案いたしますので、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

《冷暖革命》断熱化と気密化はとっても重要!!

*お知らせ*性能向上リフォーム2021/3/15

こんにちは
リフォーム設計のクマガイです。

3月も中旬になり春らしい季節になってきました!
早く暖かくなってほしいものです。

本日は冷暖革命の基本の考え方についてお話します。
https://nagano.reidan-kakumei.com/

夏涼しく、冬暖かく過ごすために欠かせない、重要になってくるのがこちらになります。
①建物の断熱化
②建物の気密化

この考え方がとても大切になってきます。



①建物の断熱化
こちらは、建物の天井(屋根)や壁・床(基礎)の外皮と呼ばれる部分と
あとは開口部をどのように断熱するかという話になります。
illust06
















このように、生活エリアを断熱材(オレンジライン)でぐるっと囲い込むことが必要になります。 そうすうることで、ダウンジャケットを着ているような暖かさを確保する事ができます。 断熱材を施工することでどのようになるか?考えてみます。 元々断熱材とは、その字のごとく「熱を遮断する材料」の事を言います。 断熱材を施工することで、室内と室外の熱の出入りを少なくすることが可能になります。 完全に絶つことは出来ないので、じんわりと出入りします。 熱の出入りが少なくなるとどのようになるか? 室内を少ない熱量で冷暖房することが可能になります。 少ない熱量で冷暖房することができれば、それだけ冷暖房費を抑えることが出来るようになります。


②建物の気密化 こちらは、建物の隙間をどれだけ少なくすることができるかという話になります。 ダウンジャケットを着ていても、ファスナーを開けていたらお腹が冷えてしまいます。 その理屈と同じになります。 隙間があるとどうなるか?考えてみます。 建物に隙間があることで「冬は冷たい空気」が、「夏は暑い空気」が室内に入ってきます。 当然、冬であれば暖房してますし夏であれば冷房をしています。 折角お金をかけて冷暖房した空気が、その隙間から外に逃げていく事になります。 言い換えると、お金が流れ出ていることになります。 なのでお金が流れ出ないように、気密測定機を使い、家にどのくらいの隙間があるかを測定します。 a05_img03 この機械を使う事で、家にどのくらい隙間があるかが分かります。 ではこの隙間は、どのくらいならいいのか? サンプロリフォームでおすすめするC値は1.0㎝/㎡以下となる値です。 先日LDKのリフォーム工事を行った際に、合わせて気密測定を行いました。 その時はリフォーム事業部としても驚きの数値が出ました。 詳しくはサンプロリフォームまでお問い合わせ下さい。 この2つの考え方は、冷暖革命はもちろんのこと 家づくりされる全ての方が持つべき、大切な考え方になります。



■まとめ
まずは、しっかりと断熱化すること。そうすることで、出来る限り少ないエネルギーで冷暖房することを目指します。 断熱化と合わせてしっかりと気密化をすること。そうすることで、出来る限り少ないエネルギーロスで冷暖房することを目指します。 結果的に、冷暖房費が少なくなりお財布にも、地球にも優しい家づくりが可能となります。

詳しくはサンプロリフォームまでお問合せ下さい!

《冷暖革命》ビフォーアフター

*お知らせ*性能向上リフォーム2021/3/6

こんにちは!
リフォームアドバイザーのゴトウです。

今回はサンプロリフォームのインスタグラムに関してご紹介したいと思います!

皆さんはサンプロリフォームのインスタグラムの存在をご存じでしょうか??

サンプロのアカウントは知っていたけど「リフォーム」のアカウントがあることは
知らなかった!という方が多いのではないでしょうか?

実は、サンプロの「リフォーム」に特化したインスタグラムアカウントがあるんです!

@sunpro_reformQRコード


  

@sunpro_reform

検索していただくとチェックすることができます!
QRコードの読み取りでも可能です♪


@sunpro_reformでは
リフォームさせていただいたご自宅の完成写真に加え、
見どころを画像に手書きで文字入れを行い、投稿文にて詳しくご紹介しております!

無題54_20210305174855

最近では動画によるリフォームのビフォーアフターをご紹介させていただいております!
完成後のお写真だけではイメージがわかない事って結構多いですよね。

そんなときにはビフォーアフター動画です!

解体前、解体後、工事中、完成後の姿をご覧いただけるため、
「何が」「どうなったのか」というビフォーアフターを30秒で見ていただくことができます!

まだこのビフォーアフタームービーは投稿を始めたばかりですが
これからたくさんのビフォーアフタームービーを皆様にお届けしていきたいと思います!

これからリフォームをお考えの皆様にとって有益な情報アップしておりますので
フォローしてお待ちいただけると嬉しいです。

サンプロの冷暖革命がどのようにして形になっていくのか
ぜひ一度、ご自宅でご覧になってください!

 

 

三寒四温

*その他リフォーム*リノベーション*性能向上リフォーム2021/3/3

はじめまして!
昨年入社いたしました、ドラフトデザイン課の永沼です。
本日が初めての投稿になります。よろしくお願いいたします。

=DRAFT DESIGNチームとは・・・=
私たちDRAFT DESIGN(ドラフトデザイン)チームは、
女性が中心となり、建築図面などの作成を行っているチームです。
お客様と直接お会いする機会は少ないですが、
サンプロからお客様へのご提案を技術面から支えています。



いよいよ3月に入り、春らしくあたたかい日があったかと思いきや
昨日は雪が降ったり、風が強かったりで肌寒い一日でしたね。
私自身も、すっかり春気分の服を着て出かけてみたら寒かったり、
油断してストーブのタイマーを設定せずに寝てしまい、翌朝布団から出るのに勇気がいったりと
三寒四温の気候に翻弄されています……
のんびり、春本番を待ちたいですね❀

卒業式や受験、年度末、新学期の準備など、3月はとっても忙しい月の一つですよね。
それに加えて「寒暖差」「花粉」のダブル攻撃で
本調子でない日々が続く方も多いかもしれません。

そんなあなたに、ご紹介させていただきたいお家があります。
・しっかり断熱であたたかいお家
・花粉が気にならない室内干しスペース
・生活の変化にも対応できる充実した収納
・集中してリモートワークや趣味活動ができる書斎付き
・家事の時短を叶える動線

……とっても素敵なんです!!
空き家だったお家を「減築」リノベーションし、
今の生活にぴったりな、素敵なお家に生まれ変わった事例になります。
大きなリフォームはちょっと……という方でも、
部分的に取り入れやすい工夫がたくさんつまったお家です。

2Q9A3593-21

こんな素敵な収納スペースがあります!


弊社のyoutubeチャンネルでご紹介させていただいておりますので、ぜひご覧ください♪

はじめまして。

*お知らせ*お風呂リフォーム*その他リフォーム*その他水廻りリフォーム*性能向上リフォーム2021/2/27

こんにちわ!初めまして!

リフォームアドバイザー兼新入社員の下田です。

近頃は暖かい日が続いていた為
やっと春の兆しが見えてきた!
と思ったらすぐ冷え込んでしまいましたね。。。
寒暖差が一日を通して本当に激しいです。
皆様、お出かけする際は是非上着をお持ちになってお出かけください。

私は長野県育ちにも関わらず寒いのが本当に苦手で、この時期に一番嫌いなのがお風呂に入る時です。

早くお風呂に入ってスッキリしたいという気持ちとは裏腹に
暖かいおこたつの中でいつまでもヌクヌクしてしまっています。

こういった経験一度はございませんか??

そんな時こそ、私共サンプロの出番です!
脱衣所でひんやりしない様に断熱改修を行い
上・下・横からの冷気をしっかりとシャットアウト!

近頃はヒートショックの危険性も徐々に問題視されている中
「断熱」がキーワードになってきました。

しかし!
文章ではどうも伝わりにくい。悔しい。
どうにか皆様に断熱性能を向上させることでここまで快適になるのか
それを是非体験して頂きたい。
何かいい方法は…

ございました!!

私共サンプロでは「断熱リフォーム」を施したモデルハウスがございます。

実際に築30年の二階建て家屋を平屋に減築リフォームしたものになります。
是非一度ご見学ください!!

サンプロは「暮らし」をご提案させて頂きます。
ご興味がございましたら是非お問い合わせくださいませ。

最後まで読んでくれたあなたが大好きです。
リフォームアドバイザーの下田でした。

 

 

m_shiojiri

《冷暖革命》寒さのお悩み解決します!!!

*お知らせ*性能向上リフォーム2021/2/11

こんにちは。
リフォーム設計のクマガイです。

突然ですが、今話題のClubhouseはご存じでしょうか?

最近SNS上で話題沸騰中でニュース番組でも取り上げられています!

音声版Twitterと言われておりますが、今後どのように広がっていくか目が離せません!
Clubhouse

目が離せないと言えば、そうです「冷暖革命」ですね(笑)

詳しくHPをご覧下さい。お得なキャンペーンも実施しています!
https://nagano.reidan-kakumei.com/common/video/cm.mp4?1001

おうち時間が多くなり、ふとこんなこと思うことはないですか?

「この家もっと暖かくならないかな?」

そんな多くの方のお悩みを解決する対策をご紹介したいと思います!!!

☆お悩みポイント☆
□足元の温度を上げたい
□明け方の室温低下を抑えたい
□窓結露を抑えたい
□暖房費を抑えたい
□夏の暑さを抑えたい

状況によっては、優先順位を付けることで、より効果的なリフォームが可能となります!

hiesyou_woman

□足元の温度を上げたい!

①気密性能を上げる

気密性能を上げることで、床下から冷気の吸い込みが少なくなります。そうすることで、足元の冷えが軽減されます。

②床の断熱強化

床の断熱を強化することで、床表面の温度を上げることに繋がります。

③開口部の断熱強化

開口部の断熱性能を強化することで、開口部付近の空気の冷えが抑えられます。そうすることでコールドドラフトを軽減させることに繋がり、足元の気流をなくすことで軽減させることができます。

④床暖房を導入

床暖房を取り入れることで、床面が温められ、足元の冷えを軽減します。最近では床下エアコンを導入するお客様(新築)も増えていますが、通常の壁掛けエアコンを床付近に取り付け、直接床下空間を温める方法で、こちらも床面が温められるので有効です。リフォームでは、基礎の状況などにもより現実的には厳しい面もあります。

download

□明け方の室温を抑えたい!

①家全体の断熱強化

家全体の断熱を強化することで、UA値と言われる断熱性能値が向上します。この数値が小さい方が良いのですが、しっかりと断熱材で囲いこみ、開口部の性能も強化(樹脂窓)することで、結果建物(躯体)からの熱の逃げを減らすことができます。

②気密性能を上げる

気密性能をあげることで、隙間風を減らします。隙間が多いと外の冷たい空気(暖かい湿った空気)が室内に侵入してきますので、せっかく暖めた空気(冷やした空気)も無駄になってしまいます。前日に温めた空気(冷やした空気)をできるだけ逃がさずにすることで、翌朝の室温の低下を抑えることができます。

mado_ketsuro

□窓の結露を抑えたい!

①窓の性能を上げる

窓の性能を上げることで、窓の表面温度を上げることができます。表面温度が上がることで、結露する温度(露店温度)以下になるのを防ぐことができます。最低限でも樹脂サッシをお勧めします。

②湿気の発生を抑える

湿気の発生を抑えることで、結露するリスクは減らすことができます。しかし、ただでさえ乾燥する冬場に、湿気を抑えることはリスクがあります。おすすめはできません。。。

watermark

□暖房費を抑えたい!

①断熱・気密性能をあげる

断熱・気密性能を上げることで、熱の逃げる量を抑えることができます。暖房費がかかるということは、それだけ暖めないといけないということになります。ということは、それだけ熱が逃げていってしまうことに繋がります。暖めた空気は上に上がっていきますので、天井(屋根)面の断熱・気密を強化することで、熱の逃げを削減することができます。

②日射熱を取り込む

冬場の日射をできるだけ取り込むことで、暖房費を削減することができます。(ガラスの性能や隣地の状況により他多少変化します)雪が降った後、すぐに解ける所とずっと残っている所があると思いますが、この違いは太陽が当たっているか否かです。そのくらい、太陽光は重要で、まさにタダで手に入る自然の暖房なのです!

③高効率な設備を入れる

設備をより高性能な、最新の設備を入れることで、省エネ性や効率などが改善されたものを使うことで、費用を抑える方法もあります。

sick_atsui_man

□夏の暑さを抑えたい

①日射熱を遮蔽する

夏場の日射を遮蔽することで、室内の温度上昇を抑えることができます。窓ガラスのタイプの使い分けや室内外で遮蔽するやり方があります。室内外で遮蔽する方法で、より効果が高いのは外で遮蔽するやり方です。

②断熱・遮熱性能を上げる

断熱・遮熱性能を上げることで、室内に熱が入るのを抑えることができます。夏の暑さを抑えたい場合は、特に屋根や開口部・外壁の断熱性能を強化することで、より厳しい夏の暑さを抑えることができます。

③通風を行う

通風は時間帯によって使い分けることが必要になります。

④エアコンを入れる

現状では、冷房できる設備はエアコンしかありません。近年夏の暑さも厳しくなっています。知らず知らずのうちに熱中症になるなんてことにもなりかねません。。。エアコンに関しては取り入れることをお勧めします。

□まとめ

このように、寒さの状況やその家の状態によっても、改修方法は変わってきます!とは言え、根本的な解決方法は、しっかりと断熱工事を行い、気密性能をしっかりと確保することから始まります。自分のお家にはどんなリフォームが最適なのか?「○○の時はどうすればいいか?」など、どんな些細なことでも構いません。まずはご相談してみてはいかがでしょうか?

《冷暖革命》「暖」のなかをチラ見せ

*お知らせ*リノベーション*性能向上リフォーム2021/1/30

 お寒うございます。

 松本市街地や塩尻、安曇野エリアなどはまだ大雪に見舞われてはいませんが、
北の地方では相当な積雪になっているみたいですね。
皆様くれぐれも雪道でのスリップ事故や怪我のないよう、
どうぞお気をつけください。

 1月ももうすぐ終わりです。
2月は立春、雨水と、暦も少しずつ暖の向きへと続いてゆきますね。
少し気が早いかもですが「どこかで春が、生まれてる~♪」
と口ずさみたくなる、リフォーム設計担当の高松です、こんにちは。

 暖といえば・・・

 さいきん巷をにぎわしつつある「冷暖革命」。
サンプロリフォームが満を持してお送りする、
冷暖シミュレーションを基にした新しくて正しい断熱リフォームです。

 このブログでも折々にこの「革命」のあらすじを
解説する記事をエントリーさせて頂いていますので、
細かな蘊蓄は割愛するとして。

 実際の断熱リフォームの工事の様子はこんな感じです。
DSCN5785

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

・・・ちょっと分かりづらい画像ばかりでスミマセン。

 サンプロリフォームでは、工事内容によって
最適な断熱材を選んで施工を進めていますが、
そのなかでも中心的役割を果たしているのが
セルロースファイバーです。

 新聞紙の古紙を細かく破断し、繊維状・綿状に再生した
エコロジーな断熱材であるセルロースファイバーは、
床・壁・天井ともに設定する密度でしっかり隙間なく
充填させることで家全体あるいは一定の部屋を
断熱区画として覆ってしまうことができます。

 また、窓などの隙間もしっかり気密を確保するよう計画施工し、
換気も熱交換システムとなっている換気方法を採用して、
24時間換気に伴う熱の逃げ(ロス)を最小限に抑えるよう工夫しています。

 もう少しつっこんだ話は、当ブログに随時アップされている
【冷暖革命】の記事をぜひご覧頂ければと思いますが、
もしこの革命後の世界を体感してみたいという方がいらっしゃったら、
ぜひ一度サンプロリフォームの実際をご体感して頂ければと思います。

 昨今の社会事情で完成現場見学会など制限を設けて実施している状況ですが、
サンプロには随時ご見学頂けるリフォームのモデルハウスの用意があります。
こちらは先約がなければいつでも予約にてご見学頂けますので、
お気軽にお問い合わせください。
003

018

 革命的仕事を設計するのは大変ですが、
リフォーム設計のはしくれとして、とてもやりがいのある仕事だと感じてます。
ぜひみなさまも革命世界のすばらしさを体感してみてください。

【安曇野市】冷暖革命リフォーム

*リノベーション*性能向上リフォーム2021/1/24

こんばんは。
営業の小林です。

今朝の雪は水分をたくさん含んでおり非常にハードな雪かきでした…
今年も今までは雪が少なかったので、久々の雪かきは非常にハードな作業でした。

余りに雪が降らない気象もまずいですが、やっぱり雪は嫌ですね。
スキー場や、雪を必要とする観光地に沢山雪を降らせ、
私たちが普段活動する市街地は雪が降らなければ非常に幸せなんですが。。

今日は12月27日にお引渡しをさせていただきましたお客様の事を少し書きます。

約1年前に、弊社の自由設計の新築を息子様に建築いただき、
そのことからリフォームでも断熱した暖かいお家が出来るのか??と
お問い合わせを頂いたところがスタートでした。

初めに私がお邪魔させていただき、キッチンの老朽化と生活動線が長く
出来れば暖かい空間で生活動線を楽にし、
お孫さんが来ても自由に遊び廻れる空間が欲しいというお悩みから
今回のリフォーム計画をスタートさせました。

お客様も実際に完成後の暖かさがイメージできないという不安もございましたが、
実際に完成したお客様のご自宅を拝見させていただき、
リフォームでも実現できることを確信頂きお話が進んで参りました。

丁度このころ、弊社では【冷暖革命】のCMがスタートしました。
皆様も何回かはCMを見られましたでしょうか??

【冷暖革命】は工事施工前のデータを分析し、
工事完了後の室内温度や、実際に掛かるであろう光熱費までシミュレーションが出来ます。

そのデータをもとに、断熱工事を施工していきますのでお客様も
安心していただけるものになっております。
※工事施工中に第三者機関により機密性能の測定試験も行っております。
試験結果はリフォームでは中々でないC値0.5という数値が出ております。
(C値とは相当隙間面積です。0.5というのは今回の施工空間での隙間面積がハガキ約1/3程度になります)

丁度、9月の秋分明けから工事を開始させていただきあっという間の3カ月でしたが
冬本番になる前に無事お引渡しとなりました。

工事中は、お客様にも施工途中でチェックをして頂き進めて参りましたが
猫やんにもチェックに入っていただき進めてきました。

ご家族様のご協力を頂き進められたこと感謝いたします。
ありがとうございました。

完成後のお写真をUPします。

008

031

035

《冷暖革命》住まいの暖かさと健康

*お知らせ*性能向上リフォーム2021/1/23

こんにちは。リフォーム設計のクマガイです。
びっくりするくらい朝が苦手だった私ですが、最近早起きが日課になりつつあります。

寝室の暖房をつけたまま寝るので、室温はおおよそ15℃ほど。まだ若干低いと感じますが、布団も掛けて寝ているので、ちょうどいい温度で寝ています。

朝の時間をゆっくりと使えるので、とても調子がいいです。

今日はそんな住まいの暖かさと健康についてお話です。
皆さんもご存じだと思いますが、住まいは暖かい方が良いです。

では、なぜ暖かい方が良いのか?
「健康に暮らすためのあたたか住まいのガイド」を参考にしながら見ていきましょう。

目次
□あたたか住まいガイド
□寒いお家に注意
□温度差に注意
□入浴事故に注意
□住まいは暖かい方が良い

□あたたか住まいガイド

冬になると「わが家は寒い!」と感じることありませんか?
・1日の大半を過ごすリビングが寒く、動くことが少なくなっていませんか?
・入浴や着替えで衣類を脱ぐ時に、寒くてふるえていませんか?
・寝室が寒くて、朝起きるのがつらいとおもうことはありませんか?
・夜中のトイレは冷え込み、行くのが億劫になっていませんか?
8

9

日本の住宅は、寒い住宅が多いです。
リビングの平均室温が16.7℃、脱衣所の平均室温が12.8℃となっております。
1

冬場の室温は18℃以上が望ましいといわれている中で、どちらも達していないのがわかります。

□寒いお家に注意:住宅の温度が低いとどうなるか?

まずは、血圧が高くなる傾向があります。
室温の低いお家に住む人ほど、起床時に血圧が高くなる傾向があり、
高齢者ほど血圧の上昇が大きくなります。
(家庭血圧値では135/85㎜Hgが高血圧とされています。)

2

続いて、入浴中の事故のリスクが高くなる傾向があります。
入浴中の事故は冬場に集中しており、1年間の入浴中の急死者数が約19,000人との推計もあります。

そのほとんどが65歳以上の高齢者と言われています。
さらにリビングや脱衣所が寒い住宅では、熱めのお湯に長く入浴する方が多いという傾向もあります。

3

□温度差に注意:住宅に温度差があるとどうなるか?

まずは、部屋と部屋の温度差に注意しましょう。
温度差があると、移動時に血圧が変動します。
例えば
暖かいリビングから寒い廊下に出て入浴する。
暖かいベッドで就寝中に、寒い廊下に出てトイレに行く。などです。

ほかにも、部屋の中の温度差に注意しましょう。
築年数が古い住宅は断熱性能が低い場合が多く、床・壁・天井の温度が低くなります。床・壁・天井の温度が低いと、体感温度も低くなり、いっそう寒く感じます。

5

あとは、足元の温度差に注意しましょう。
床上1m付近の温度よりも足元の温度の方が血圧への影響が大きいという報告があり、足元を暖かくすることが推奨されています。

□入浴事故に注意

まずは、入浴前に脱衣所や浴室を温めましょう。
浴室暖房のスイッチを早めに入れたり、脱衣室で局所暖房を付けましょう。暖房がない場合は、お風呂のふたを開けたり、シャワーで浴室内を温めてから入りましょう。素足で冷たい床に触れないようにマットやすのこなどを敷くことも効果的です。
7

ほかにも、お湯はぬるめにして、長湯はやめましょう。
お湯の温度は41℃以下で入浴時間は10分までを目安にしましょう。いつもより長く入っていたら、同居者は声をかけるようにすると、もしもの時に対応できます。

6
断熱リフォームを行うことで、室内の温度差がなくなります。

もちろん、すべてのことを実施することは難しい場合もあります。
できることから始めるのがいいと思います。

人生100年時代。健康で長生きするための、住まいの準備に「冷暖革命」はいかがでしょうか?

《冷暖革命》CMで話題の冷暖革命とは?

*お知らせ*性能向上リフォーム2021/1/16

こんにちは リフォーム設計の熊谷です。
皆さん冷暖革命はご存知ですか?まずはこちらのcmご覧ください!

↓↓↓クリック↓↓↓
https://nagano.reidan-kakumei.com/common/video/cm.mp4?1001

目次
・冷暖革命とは
・ヒートショックによる死亡者数
・熱中症による死亡者数
・冷暖革命の4つの特徴
・特典

□冷暖革命とは

昨年よりスタートしたサンプロリフォームの新しいプロジェクトです。
長野県でリフォーム売り上げ1位のサンプロが新たに取り組み始め、

冷暖シミュレーションを元にした 新しく 正しい 断熱リフォームの事を言います。

□ヒートショック

冬の室内の寒さは気になっていませんか?
特に廊下や水回りなど、比較的暖房していない部屋が特に寒いです。
人は暖かい部屋から寒い部屋に移動する際に急激な温度変化を感じます。
この温度変化が血圧に影響を与えることで起きる健康障害をヒートショックと言います。

実は、この「ヒートショック」が原因で亡くなられる方が、結構います。
交通事故の5倍、コロナの6倍とも言われています。
a03_01

□熱中症

今は季節が冬なので、ヒートショック等がタイムリーではありますが、
特に夏場に多い「熱中症」も注意が必要です。

昨今の異常気象の影響で夏季の気温も上昇傾向にあります。
長野県の夏でも、エアコンが無いと過ごしにくくなっているのではないでしょうか?

熱中症の死亡事故は約4割が住宅内で起きています。

断熱性能の乏しい住宅ですと夏場の日射の影響をダイレクトに感じ、室温はどんどん上昇します。
窓を開けても、大量の湿気を含んだ温い空気が入り込んでくるので、通風も意味がありません。

知らず知らずのうちに脱水症状になっている危険性もあります。
a03_02

□冷暖革命の4つの特徴

・無料の冷暖診断でシミュレーション
リフォームしたいけど、どのくらいの費用がかかるのか分からない?
断熱改修することでどのくらい性能があがるの?
どのくらい冷暖房費が下げられるか?
などなど。シミュレーションすることで、費用や温度や性能値などを事前に確認できるようにします!

・お客様の声100%公開宣言
「満足」のお言葉も、「不満」のお言葉も全て公開します。その全てがサンプロの財産となります。

・全棟気密測定試験の実施(断熱グレードによる)
リフォームの現場では、1棟1棟全ての形が違います。
年代や工法・作った大工も違ってきます。そんな中で、安定した施工精度を確保するために、
全棟気密測定を実施し、ヒューマンエラーを限りなく少なくする努力を行っています。

・長野県内で一番安心できるお見積り
お金に関しての不安を残さずに、すべて解決してから「契約」を行います。
見積の項目のご説明や住宅ローンや補助金・助成金等も含めてご提案させていただきます。

□特典

・無料相談/見学/資料請求
ホームページよりお問い合わせ頂くと、もれなくQUOカードのプレゼントがあります。

・モニターキャンペーン
リフォーム前後で室温や湿度の計測にご協力頂くと、もれなく30万相当のエアコンをプレゼントします。
もちろん寒冷地専用になります。エアコンのサイズはご自宅に合った最適な機種を選定致しますのでお楽しみください。

詳しくはこちらのホームページをご覧ください。
気になる方は是非サンプロリフォームまでお問い合わせください。

https://nagano.reidan-kakumei.com/