キャットウォーク

2021/4/8

コーディネーターの湯口です(*^^)v
本日は猫好きにはたまらんばい!
キャットウォーク特集でございま~す♪

みなさま、お家時間いかがお過ごしでしょうか?
コロナショックの影響もあり、ペットと一緒に過ごす時間が以前よりも増えてきたのではないでしょうか?
作業をしてると邪魔しに来たり、パソコンしてると上に乗っかってきたり。。
自分の行動の罪深さを分かっているのかいないのか、、、
く、くそぉ~可愛くて怒れない!!
そんな気まぐれに行動するお猫さま用に作られたキャットウォークの数々でございます。
0110

じゃじゃ~ん!
こちらは吹抜けも活用して大規模に施したキャットウォーク=^_^=
家の中だけで十分お散歩を堪能できますね!
001
いい感じにハマっております♪

38 (1)

こちらは窓台を伸ばして兼用させたバージョンです♪
YKKapのCMみたいですね( *´艸`)
40

下にあるデスクもにゃんこにとってはステップです!
006 (4)

こちらのお家もリビング全体にキャットウォークを施しています。
IMG_5315

飾り棚を兼用させたキャットBOX★
なるほど!このBOXの中なら小物を飾っても倒されることがなさそうですね!飼い主さんにこんなにも愛されて、なんて幸せな猫ちゃんたちなんでしょう。

ちなみにわたくし湯口は、猫好きなのに猫アレルギー(´;ω;`)
お家の中では飼えませぬ。。
しかしながら、子供の頃から外飼いで犬・猫・うさぎなどを飼っていたこともありまして、大の動物好きでございます♪
動物好き過ぎて、小学生の時は飼育委員の委員長でした(*^^)v
てそんな話はさておき、つづきまして、最近のお引渡ししたばかりのできたてほやほやキャットウォーク=^_^=
057 (2)

こちらはテレビボードと本棚を交えたキャットウォークでございます。
afe416601c476c6bdad4d096996ae0b6IMG_4034 (3)
人見知りする猫ちゃんだったので、お施主様にご協力いただき、餌でつってキャットウォークに乗せてもらいました(^-^;

IMG_4074 (2)
そして檻に囚われたにゃんこ( *´艸`)プフッ
か、可愛すぎる!
H様その節は大変ありがとうございました。
早速、施工事例として投稿させていただきました(^^♪

*スタッフ日常 2021/4/7

こんにちは
リフォーム事業部 SD課の武居(たけい)です。

やっと桜が満開だ!!と思いきや、
先日の雨風であっという間に散ってしまいましたね・・・・
気候も、温かくなったかと思えば、まだまだ肌寒い日もありますので、
体調管理にはお気をつけください。

そんな中、土曜日と日曜日で、今年の桜を堪能してまいりました
土曜日は、島立の河川敷付近にある公園で。
日曜日はあいにくのお天気且強風で、すでに桜が散り始めていたので、
車で何か所かのお花見スポットを、さらさら~と周ってきました。
phonto (1) phonto (2)

土曜日は暑いくらいの良いお天気だったので、お弁当を食べながら桜を見ました!
2歳の娘は、お弁当を食べたり公園で遊んだり、終始忙しそうでした笑
久しぶりにゆっくりと外で過ごせて親子共々リフレッシュできた一日でした!

皆さんは、今年お花見をしましたか?
昨年に引き続き今年も新型コロナの影響で、思うように娯楽を楽しめない状況ではありますが、
感染対策をしっかりとしつつ、何か息抜きができるといいですね!

以上、
保育料無償化の恩恵が待ち遠しい SD課武居でした
※あと1年、がんばるぞ~~~!!

電気代値上がり

2021/4/4

こんにちは

塩尻市、松本市、長野市、上田市にあります、
建築会社のサンプロ、リフォーム営業の矢沢です。

季節も春めいてまいりましたが、花粉症の季節にもなり、皆さん苦労されているのでは
ないでしょうか。
私も数年前から症状が出始めて、苦労しております。

ご存知の方もいるかと思いますが、新年度から一般家庭ですと
再生可能エネルギー発電促進賦課金の上乗せ負担額が1,000円(使用量により異なる)増額されて、
年間で1万円を超えてくることになります。
「再生可能エネルギー発電促進賦課金(再エネ賦課金)」とは、
風力発電・地熱発電・水力発電などの再生可能エネルギー発電を普及・拡大させることを目的に、
電力会社が再生可能エネルギーを買い取る際の費用を消費者が負担するものなんです。

毎月の「電気ご使用量のお知らせ」を見ていただくと「再エネ発電促進賦課金」という項目で
請求されています。

日本ではエネルギーの自給率が6%と言われ、主要国の中では一番低いそうです。
ノルウェーはなんと、682.9%だそうです!!

家庭の負担も増えますね。。。

家庭で電気を自給するとなると、太陽光発電が思い浮かぶかと思います。
売電価格は年々下がっております(2021年度は21円)が、太陽光自体の設置費用は下がっております。
売って利益を得るのではなく、高い電気を買わずに、自給するという時代になってきております。
その中で、蓄電池の設置数も年々増えております。

サンプロでは、太陽光、蓄電池のご相談も可能ですので、
お気軽にご相談をいただければと思います。

DSCF2527

引っ越し

*スタッフ日常 2021/3/31

こんにちは
ドラフトデザイン課 小野です。
————————————————————-
DRAFT DESIGNチームとは・・・
私たちDRAFT DESIGN(ドラフトデザイン)チームは、
女性が中心となり、建築図面などの作成を行っているチームです。
お客様と直接お会いする機会は少ないですが、
サンプロからお客様へのご提案を技術面から支えています。
————————————————————–

もう3月も終わりで、明日から4月ですね。
先日、ドラフトデザイン課の引っ越しがありました。
松本支店から本社へ移動し、次の行先は吉田スタジオです。
今度の事務所は、3Fで窓から見える景色は
とても見晴らしがよくとても気持ちがいい♪
エレベーターもありますが、日ごろの運動不足解消にも
毎日階段を上り下りしてます。
事務所も広いのでますます仕事がはかどりそうです(^^)/

最後に桜の写真を
暖かい日が続いて、桜が咲き始めましたね。

915_ext_02_0
こちらは有名な高遠城址公園の桜。
今は八部咲きだそうです。

large_b8d0814a-5bdf-4e68-b368-b5676136a73b
池に映る夜桜が大好きで毎年のように行ってましたが
今年も行けそうにないので残念です。

皆さんも春を満喫してくださいね。

生活に合わせて

2021/3/28

こんにちは。
リフォーム営業の向山です。
桜も咲き始め段々と春を感じる季節になってきました。
今日は、そんな時期に合わせて生活拠点を移動し、移動した先で
使い勝手がしやすくするためのリフォームを行いましたので、
そんなお話をしたいと思います。

昨年の冬から新しいところ生活をし始めたところ、
不便なところがあったためリフォームを検討し、
今回リフォームを行いました。
元々、キッチンでお湯が出なかったので、
お湯が出来るようにするとともに、
台所が暗くなってしまうので、
キッチン側の窓の交換と内装を新しくして
明るい雰囲気にしました。

~Before~
RIMG6624

~After~
RIMG0046

これだけでも雰囲気含め大きく変わります。
又、使い勝手もよくなります。
今の生活の中で気になることがありましたら
お気軽にご連絡ください。

景観について語る会、しました。

*スタッフ日常 2021/3/26

 春といえば、桜・・・なのですが。
 本原稿の執筆当番に近所の桜は開花が間に合わず。
 数日前の休日の夜、松本城へ足を運んできたのですが、
さすがにまだ夜桜と呼べる段階ではなく。
AED96309-046D-4C4A-9662-5500F083ED30
開花予想では来週あたりからその週末にかけて、
一気に満開になりそうな気配ですね。
今年は(今年も?)コロナ禍でにぎやかなお花見宴会
というわけにはいかなさそうですが、静かに人込みを上手に避けながら、
日本人の心象風景でもある桜の美しさを愛でたいと考えている、
リフォーム設計担当の高松です、こんにちは。

 風景といえば・・・

 つい先日、リフォーム事業部のスタッフにて
「景観について語る会」なるものを開催しました。
景観語る会 (2)
仰々しいタイトルですが、
決して勉強会とか研修というような堅苦しいものではなく、
景観とか風景というものについて、なにが大切なんだろう、
どういう考え方でとらえればいいのだろうと改めて考えてみる、
そんな集まりでした。

 リフォームでも新築でも、日ごろから私たちは
町や農村の風景と深くかかわる仕事をさせて頂いています。
言うまでもなく、建築というのは建物を建てて
その地域の風景に影響を与えるもの。
だからこそ、住まいの内観だけでなく、
外観についてもしっかりとした考えをもって
取り組まねばいけないと考えているところです。

 でも、今回実施した語る会というのは、
建物の形状とか外観の色彩とか、
そういう実務的なことを語り合ったのではなくて、
もっと本質的な、風景の捉え方とか、文化的景観についてとか。

 町の風景であれ農村の風景であれ、
私たちが日々、目にする風景というのは、
先人たちの生業のなかから地域で受け継がれてきた伝統であり、
地域文化でもあります。
風景は地域社会の活動と切っても切れない間柄ですが、
であるからこそ、風景には地域のよさが
「地域らしさ」として結実しているのだと思います。
IMG_7333

IMG_1779

Photo_18-08-31-12-43-41.514
 近年は文化的景観というキーワードが
地域づくりの中で重要性を増しつつあるともいいます。
また、日本の景観は変化することを前提に捉えなくてはいけない
という考え方もあります。
そんななかで私たち建築を生業とする者にとって
常に心に留め置かなくてはいけないのは、
建築を通じてより良い変化を地域にもたらし貢献すること、
そしてその前提として長い年月のなかで培われてきた
地域らしさの結果である文化的景観を大切に思い、
次世代に継承していくことではないかと思います。

 「景観十年風景百年風土千年」とよく言われますが、
私たちの住まいづくりで作り出される景観がやがて地域の風景として馴染み、
それが風土の一部として醸成されていく様子を想像(妄想?)しながら、
これからも日々建物と住まいづくりとに向き合って行きたいと思います。
IMG_7338

IMG_7341

IMG_7335

天井好き

*リノベーション 2021/3/23

皆さんこんにちは。DD課増澤です。
DRAFT DESIGNチームとは・・・
私たちDRAFT DESIGN(ドラフトデザイン)チームは、
女性が中心となり、建築図面などの作成を行っているチームです。
お客様と直接お会いする機会は少ないですが、
サンプロからお客様へのご提案を技術面から支えています。

先日何年かぶりに現場調査に同行させて頂きました。
DD課はCADで図面やご提案書を作る部署なので、あまり外に出かける事はありませんが、
久しぶりの外出はお天気もよく現調日和(?)で、半日はあっという間に過ぎてしまいました。

今回お邪魔したのは、築120年の古民家のお宅です。
軒が深く、構造材がまるっと見える状態なのは、古い木造住宅の大好きなところです。
ついつい大好きな天井や屋根裏ばかりみてしまって、
帰ってきてから「床ってなんだったっけ?」と写真を見直す。。なんて事になります。
RIMG6972
RIMG8470
IMG_3925

リフォームという部署なので。って訳ではありませんが、
新しくまぶしい位の白いおうちよりか、家の歴史や家族の生活が感じるような古い建物に心惹かれます。
あと構造がそのまま意匠(インテリア)になっているのも木造の建物のステキなところです。
RIMG5674RIMG5679

「古民家に住む」のは聞こえはいいですけど、やっぱり大変なことだと思います。
先祖代々の古い建物を残して次の世代に住みつないでほしいと思う、親の世代の願いもですが、受け入れる子世代の理解も素晴らしいと思います。きっとこういう家に産まれ育ったから、そんな気持ちを引き継げるのだと思います。

私の実家も築140年(と聞いていますが)の古民家です。寒いし、暗いし、段差だらけです。
でも新しい家に建て替える選択はいままで上がらず、現在も母が住みつないでいます。

「暖かい古民家」を実現させるため、これからも古い家の図面を描いていきたいです!

【松本市】マンションリノベ

*スタッフ日常*マンションリフォーム*リノベーション 2021/3/18

こんにちは!
コーディネーターの宮坂です*

最近、あたたかい日が増えてきましたね!
まだ遠出ができない世の中なので、
地元の諏訪探索をしてみたのですが、
とても素敵なお寺を見つけてしまいました!
「慈雲寺」と言われる、下諏訪にある武田信玄ゆかりのお寺です。

D84280DF-2518-4D07-BE64-1DE56525BFAB

B4A25C8F-082E-4ECE-9052-0615C6C0468B

入口は戸隠神社に少し似ていて、苔がとても綺麗でした!
門を抜けると、立派なお寺が….✨

9793A1D6-55FC-4B0F-9220-EF195D8C8869

お寺っていいですよね。落ち着きます。
下諏訪の町は、古い建物が多く残っているので、
どうやって改修されて現在に生かされているのかを見ることができ、
とても勉強になります。今後のご提案に生かしていきたいと思います!

それでは、先日お引渡しさせて頂きました、
マンションのリノベーションをご紹介致します^^

084 (2)
115
107

今回のリノベーションは、
お部屋の配置をガラッと変え、水回りも一新した、
ワンフロア全体のリノベーションです!

水回り以外のお部屋は、自然素材をふんだんに使用していまして、
床が国産の「しなの栗」、壁は珪藻土、天井は珪藻土クロスを採用して頂きました。

TV裏には大谷石を貼らせて頂き、LDKから続くご主人と奥様のスペースは、
エコカラットや、機能性の塗り壁でアクセントを付けました。

089 (1)
101

寝室は、ご家族全員で寝れるように、
ベッドではなく小上がりをご提案させて頂きました。
畳の下は全て引き出しになっているので、収納力もバッチリです!

こちらは完成写真のほんの一部ですが、
素敵な写真がたくさん撮れました~✨
製作家具や製作建具はシナで揃えているので、
全体的に統一感のある優しい雰囲気に仕上がりました*

K様、携わらせて頂き、本当に感謝です。
ありがとうございました!

【冷暖革命】断熱化と気密化はとっても重要!!

2021/3/15

こんにちは
リフォーム設計のクマガイです。

3月も中旬になり春らしい季節になってきました!
早く暖かくなってほしいものです。

本日は冷暖革命の基本の考え方についてお話します。
https://nagano.reidan-kakumei.com/

夏涼しく、冬暖かく過ごすために欠かせない、重要になってくるのがこちらになります。
①建物の断熱化
②建物の気密化

この考え方がとても大切になってきます。



①建物の断熱化
こちらは、建物の天井(屋根)や壁・床(基礎)の外皮と呼ばれる部分と
あとは開口部をどのように断熱するかという話になります。
illust06
















このように、生活エリアを断熱材(オレンジライン)でぐるっと囲い込むことが必要になります。 そうすうることで、ダウンジャケットを着ているような暖かさを確保する事ができます。 断熱材を施工することでどのようになるか?考えてみます。 元々断熱材とは、その字のごとく「熱を遮断する材料」の事を言います。 断熱材を施工することで、室内と室外の熱の出入りを少なくすることが可能になります。 完全に絶つことは出来ないので、じんわりと出入りします。 熱の出入りが少なくなるとどのようになるか? 室内を少ない熱量で冷暖房することが可能になります。 少ない熱量で冷暖房することができれば、それだけ冷暖房費を抑えることが出来るようになります。


②建物の気密化 こちらは、建物の隙間をどれだけ少なくすることができるかという話になります。 ダウンジャケットを着ていても、ファスナーを開けていたらお腹が冷えてしまいます。 その理屈と同じになります。 隙間があるとどうなるか?考えてみます。 建物に隙間があることで「冬は冷たい空気」が、「夏は暑い空気」が室内に入ってきます。 当然、冬であれば暖房してますし夏であれば冷房をしています。 折角お金をかけて冷暖房した空気が、その隙間から外に逃げていく事になります。 言い換えると、お金が流れ出ていることになります。 なのでお金が流れ出ないように、気密測定機を使い、家にどのくらいの隙間があるかを測定します。 a05_img03 この機械を使う事で、家にどのくらい隙間があるかが分かります。 ではこの隙間は、どのくらいならいいのか? サンプロリフォームでおすすめするC値は1.0㎝/㎡以下となる値です。 先日LDKのリフォーム工事を行った際に、合わせて気密測定を行いました。 その時はリフォーム事業部としても驚きの数値が出ました。 詳しくはサンプロリフォームまでお問い合わせ下さい。 この2つの考え方は、冷暖革命はもちろんのこと 家づくりされる全ての方が持つべき、大切な考え方になります。



■まとめ
まずは、しっかりと断熱化すること。そうすることで、出来る限り少ないエネルギーで冷暖房することを目指します。 断熱化と合わせてしっかりと気密化をすること。そうすることで、出来る限り少ないエネルギーロスで冷暖房することを目指します。 結果的に、冷暖房費が少なくなりお財布にも、地球にも優しい家づくりが可能となります。

詳しくはサンプロリフォームまでお問合せ下さい!

散歩日和の休日!

2021/3/11

今日は、東日本大震災から丁度10年の節目になります。
当時高校生だった僕は、自宅のTVから津波の被害を目の当たりにしていました。

あれから10年、全国各地で自然災害が多発しておりますが
たまたま自分の身に起きてないだけで、いつ起きてもおかしくありません。
自分自身の身の回りの防災意識も薄まってくる時期なので、再確認する良い機会だと思います。

合わせて、子供に震災の話ができるように、記憶を風化させない取り組みが必要だと改めて思いました。


こんにちは

リフォーム設計のクマガイです。話は変わりますが、

3月になり少しずつ春らしい、暖かな気候になってきましたね。

娘も歩けるようになってきたので、娘を連れて先日アルプス公園に遊びに行ってきました!
天気も良く、気持ち良い散歩日和です。(⌒∇⌒)

IMG_9228

常念岳もきれいに見えました。

今は、コロナの関係で触れ合い体験はできませんでしたが、動物が居たり
遊具遊びやアスレチックもあるので、子供が1日遊んでも飽きないと思います!

良い場所を見つけました(・∀・)ニヤニヤ

たくさん遊んだ帰りがけに、こんなものを見つけました!!!
IMG_8270

何かわかりますでしょうか?

僕も知らなかったのですが、こちらは「宿り木」だそうです。
たまたま通りかかった人が教えてくださいました。

まん丸に育った宿り木は、木から養分を吸い寄生する植物です。
ヤドカリの植物版ですね!

コロナや寒い影響で、あまり外出したり、ゆっくり散歩することも少なかったので
まだまだ、いろんな発見があるなと改めて感じました。

おうち時間が多い中で、つかの間の散歩となりました!