小屋裏の秘密…!

*屋根・外壁リフォーム2020/3/19

こんにちは!
ドラフトデザイン課の前田です。

DRAFT DESIGNチームとは・・・
私たちDRAFT DESIGN(ドラフトデザイン)チームは、
女性が中心となり、建築図面などの作成を行っているチームです。
お客様と直接お会いする機会は少ないですが、
サンプロからお客様へのご提案を技術面から支えています。

先日耐震診断に同行させていただきました。
そこで出会った衝撃的なものをご紹介したいと思います。

それはなんと、巨大なハチの巣!
ひょうたん型のハチの巣や、きれいな丸型のハチの巣がいくつも発見されました。

古いお家の小屋裏を調査させていただくと、このような大きなハチの巣と出会う機会が多々あります。
今のところ出会う巣は空巣ばかりですが…
知らないうちに住人が増えているなんて、こわいですね。

皆様のお家の小屋裏にも、もしかしたら住処が作られているかもしれません。
お気を付けください!

IMG_3113

IMG_3114

安曇野でリフォームをお考えの方へ!サイティングの素材別の特徴とは?

*屋根・外壁リフォーム2020/2/26

「リフォームでサイディングにしたい。」
「サイディングの種類ごとの特徴を知りたい。」
このように考えている方はけっこういるのではないでしょうか。
なかには住宅をサイディング外壁にしたいけど特徴がわからないといった方もいると思います。
そこで今回は、サイディングリフォームについてご紹介します。

◻サイディングについて

サイディングは家のイメージを大きく変えられるものですが、1種類ではありません。
おおまかに以下の4つに分類できます。
それぞれの特徴をご紹介するのでしっかり把握し、参考にしてください。

まずは、窯業系サイディングについてです。
窯業系サイディングはセメントや砂などで作られており、パネル一枚一枚が重いので、家への負担が大きくなります。
そのため、地震による落下が大きな二次災害になるかもしれません。
しかし、他のものに比べると防火性と防音性に非常に優れているというメリットを持ちます。

次に金属系サイディングについてです。
これはアルミやガルバリウムなどといった金属で作られており、コスパが最も高いです。
温度上昇と乾湿調整の機能持っていません。
そのため、工事するときに空気と水分の抜け道を作らなければいけません。
さらに表面のメッキが劣化して、金属の部分にダメージを与える可能性もあります。
定期的にしっかり手入れして対策してください。

次は木質系サイディングについてです。
名前の通り、天然の木材が素材のサイディングになります。
木の質感を楽しめるので、おしゃれにしたい方にとても人気があります。
しかし、素材が木なので防火性がありません。
さらに腐りやすいのでしっかり手入れすることが求められるでしょう。

最後は樹脂系サイディングについてです。
これは塩化ビニルの樹脂を利用したサイディングです。
寒さや酸性雨に耐性があり、さらにひび割れも比較的に起きにくいといった特徴があります。
しかし、日本ではあまり扱われていないのでお金がかかるかもしれません。

素材ごとの特徴の次は期間についてご紹介します。
期間は工法によって異なります。
重ね張りという工法では壁の撤去は必要ありません。
これに対し、撤去しない場合は張り替えという工法になります。
張り替えにかかる期間はだいたい14日から25日かかります。
重ね張りは撤去期間がないのでだいたい8日から15日と張り替えの約半分の期間で完了します。
例外として、長期の悪天候、僻地(へきち)、複雑な構造といった条件がつくと期間が延びるかもしれません。

◻まとめ

ここまでサイディングリフォームについてご紹介してきました。
それぞれの種類ごとの特徴や工事に必要な期間について知っていただけたでしょうか。
当社は、安曇野などの信州を中心に展開しています。
リフォームの他にも新築住宅、不動産などを扱っているので、お気軽にお問い合わせください。

安雲野市でリフォームをお考えの方必見!屋根の形状について紹介します!

*屋根・外壁リフォーム2020/1/20

安曇野にお住みの方でリフォームをお考えの方はいませんか?
「屋根のリフォームを検討していて、どの形状にするか悩んでいる。」
「屋根の形状ごとの特徴について知りたい。」
みなさん、このようなことをお考えではありませんか?
屋根のリフォームは何度も経験することではないので、屋根の形状について詳しく知っている方は少ないと思います。
この記事では、安雲野市でリフォームをご検討中の方に向けて、屋根の形状の特徴について詳しくご紹介します。

□安雲野市でリフォームをご検討中の方へ!屋根の役割とは?

そもそも、屋根の役割をご存じでしょうか?
屋根は、家を守る役割があります。
代表的な役割としては3つあります。
1つ目は、雨や風に耐えるための防水性です。
2つ目は、太陽の光を遮る遮断性です。
3つ目は、屋内の熱を外に放出する通気性です。
屋根には、他の役割もあり、家の中では重要な部分です。

□屋根の形状

*切妻

家のイラストを書く時によく見かけるスタンダードな形状です。
工事が簡単で、トラブルが起きにくいです。
しかし、屋根の形状的に太陽の光や雨水が直接当たってしまう部分ができてしまいます。
その分、外壁が劣化しやすいです。

*片流れ

シンプルな形状なうえ、デザイン性が高いです。
屋根面が南向きの場合は、太陽光パネルを設置できます。
しかし、一面に雨が集中して当たるため、雨漏りが起こりやすいです。

*寄棟

切妻屋根に2面加えた屋根の形状で、多くの家で使用されています。
4面の屋根が支えあっているので、台風など雨風が強い場合でも耐えられます。
棟板金の加工には、手間がかかるのでメンテナンスの費用が他の屋根の形状よりも高くなる可能性があります。
また、雪や雨が4方向から落ちるので、注意が必要です。

*方形

この形は、4面の屋根が頂点の1点に集まっているピラミッドのような形状です。
台風や雨風に強く、耐久性が高い形状と言えます。
しかし、屋根面は三角形であるため太陽光パネルが設置しにくいです。
寄棟と同じく、雪や雨が4方向から落ちるので、注意が必要です。

□まとめ

この記事では、安雲野市でリフォームをご検討中の方に向けて、屋根の形状の特徴について詳しくご紹介しました。
それぞれの屋根の形状の特徴を知ったうえで、家に合った屋根の形状を選んでみてくださいね。
当社は、熟練した技で丁寧にリフォームを行います。
また、リフォームコンテスト全国大会で多くの受賞歴があります。
リフォームをご検討中の方はぜひ一度、当社までお問い合わせください。

減築リノベーション!

*キッチンリフォーム*トイレリフォーム*大工の現場日記*屋根・外壁リフォーム*性能向上リフォーム外壁リフォーム玄関リフォーム2019/4/13

こんにちは。
コーディネーターの宮坂です。

本日は、先月末までオープンハウスを開催しておりました、
安曇野の減築リノベーションをご紹介致します*

63

今まで県外にお住まいだったご夫婦。
今回、ご主人のご実家である木造2階建てのお家を、
思い切って減築しました。

50

46

3

LDKの無垢床にはクリを使用。
はっきりとした木目が美しい、優しい色合いの床材です*

建具や木部はダークブラウンで仕上げました。
外観も一新し、ご夫婦ご希望の、
安曇野の綺麗な景色を楽しむことができる平屋が完成致しました*

ありがとうございました!