築30年以上の家を断熱リフォーム、冷暖房効率UPを実感する快適な住まい

「築30年以上の家は、居間・台所が寒く、床の段差も気になり、定年後の生活に不便を感じている。屋根は数年前に葺き替えたが、今回は外壁もきれいにして、外からの見た目も良くしたい。」とご相談いただきました。

工事内容 キッチン、リビング・内装、外壁、玄関、給湯器・ボイラー、断熱
お客様名 G様
施工エリア 長野市
リフォーム期間 2ヵ月
価格 760万円
施工手順 キッチン:
仮設養生⇒給排水、電気設備切り離し⇒解体工事⇒大工工事※断熱含む⇒内装工事(クロス、クッションフロアー、フローリング等)⇒キッチン取付⇒給排性、電気設備繋ぎ込み、試運転⇒クリーニング⇒産業廃棄物引き上げ⇒完成

外壁:
仮設トイレ設置⇒仮設足場設置⇒高圧洗浄⇒外部養生(サッシ、ボイラー、配管設備等の付帯部)⇒既存外壁補修 ※コーキング(※コーキングがある場合)⇒塗装(下塗り)⇒塗装(中塗り)⇒塗装(上塗り)⇒仮設足場撤去⇒仮設トイレ撤去⇒完成

ya_go_after-(1)

キッチンレイアウトを、壁付けから対面式にすることで、収納力がUP。リビングを見渡せる、開放的なキッチンになりました。また、段差が解消されたことで、安全性と清掃性もUPしました。
西面の窓は、「道路沿い」+「西日が強い」ということもあり、窓から入る日差しの熱を遮るため、窓サイズを縮小。外からの視線が気にならないよう、少し高い位置に取付を変更しました。

ya_go_after-(2)

キッチンは、トクラス Berryを採用。カップボードも同じシリーズで統一し、おしゃれなキッチンです。キッチン動線も改善し、家事もはかどりそうです。

ya_go_after-(4)

断熱効果を高めるため、インナーサッシを取り付けました。特に断熱性・気密性の高い樹脂サッシは、効果の違いを実感できます。

ya_go_after-(3)

出窓は、ほかの窓に比べて外気温の影響を受けやすく、寒くなる要因の一つでしたが、インナーサッシを設けることでお部屋の熱損失を最小限にしました。

ya_go_after-(5)

外壁は塗装し直し、新築当時のように、明るくきれいに生まれ変わりました。これからも長く住み続けられる、快適な住まいになりました

お客様の声

LDKが以前と比べると格段に明るくなり、断熱性が上がったおかげで、冷房や暖房の効率が良くなった気がします。お料理を作るのも楽しみです!
外から見てもきれいな外壁で、ようやく気持ちよく過ごせそうです!

担当者より

Staff_A_yajima

リフォームアドバイザー
矢嶋 洋二郎

明るく暖かいLDKへと仕上がりましたね!
内外共にきれいになって、新たな暮らしのスタートを気持ちよく切っていただけたらと思います。
この度は、ご依頼いただきまして誠に有り難うございました。

  • お問い合わせはこちら

    お問い合わせ
  • カタログなどの請求はこちら

    資料請求

お電話でのお問い合わせはこちら

受付時間 9:00〜18:30(火・水曜日定休)

  • 中信・南信の方はこちら
  • 北信の方はこちら