長野の主婦の方必見!リフォームの資金計画のやり方とは!?

*リノベーション2019/6/20

「リフォームしたいけど、お金がかかりそう」
「ローンを利用したいけど大丈夫かな?」
「リフォームローンってなに?」
と思う方はいるのではないでしょうか。
リフォームするときは数十万円から高いものでは1000万円ほどします。
それを自己資金のみで支払うことは難しい方が多いと思います。
しかし、リフォームの場合でもローンを利用できます。
そこで、リフォームの資金計画のやり方を紹介します。

□資金計画

*リフォームローンを利用する

「リフォームローンなんか聞いたことない」という方が多いと思います。
最近はリフォームの需要が高まってきたため、リフォームローン利用できる銀行が増えています。
リフォームローンのメリットは、審査が早く簡単にローンが利用できることです。
しかし、リフォームローンは住宅ローンより返済期間が短いことや、金利が高いことのデメリットもあります。
また、ローンを利用するためにはリフォームの見積書や図面が必要です。

*住宅ローンを利用する

「リフォームするときに住宅ローンを利用できるの?」と思う方もいると思います。
しかし、住宅ローンはリフォームするときも利用できます。
住宅ローンは返済期間が長いことや借入限度が多いことがあります。
そのため、500万円を超える場合は住宅ローンを利用することになります。
また、住宅ローンは審査が長いというデメリットがあります。
そのため、住宅ローンを利用するときはリフォームまでの期間に余裕を持って審査を受けましょう。

*自己資金のみで行う

自己資金のみで行うメリットは借り入れによる利息が必要ないことです。
まず、自己資金のみで行う場合は、貯金や保険などを確認して手持ちのお金がどのくらいあるのか計算します。
その後、老後や教育費でどのくらい残しておく必要があるか計算します。
すると、使えるお金が出てきます。
これは手持ちのお金があまりない方や、これから教育費が必要になる方へはおすすめできません。

□まとめ

以上、リフォームの資金計画のやり方を紹介しました。
この記事を参考に、自分に合っている方法を選んでみてはいかがですか。
また、「長野県で信用できる業者にお願いしたい」「どれくらいの予算が必要か知りたい」という方は当社にお問い合わせください。
当社は長野県で8年連続売り上げがNo.1です。
そのため、信頼と実績があり、お客様が安心して相談できます。
他にもリフォームのスペシャリストが在籍しているため、お客様に合ったプランを提案できます。