寒い長野の冬に向けて

2019/10/28

こんにちは。
リフォーム営業の上條です。
10月の初旬は30℃近い気温を記録する日もありましたが、
ここ数日は朝晩と暖房を使いたくなるような寒さになってきました。
寒い寒い長野の冬がもうすぐそこまでやってきています。

そんな少しずつ秋が深まる中、私が最近担当させていただいた
お風呂のリフォームの特に断熱工事について、ご紹介したいと思います。
最近の各メーカーのお風呂は標準で断熱加工されているものが多いですが、
全国的に見ても長野の冬場の寒さは際立っています。
そこで各メーカーのユニットバスの断熱では長野の気候を考えると、
十分とは言えません!!
そこでサンプロのお風呂の標準施工は長野の寒い冬に負けない断熱をしています。

①解体後のお風呂
IMG_1099

IMG_1068
↑↑↑
まだ断熱等が全くされていない状況です。

②断熱工事の様子
tmp_DSC_00056900097198095949472 (1)
↑↑↑
天井の断熱

tmp_DSC_00072178643661924351402 (1)
↑↑↑
壁の断熱

IMG_1119 (1)
↑↑↑
最後に床の断熱

サンプロでは天井・壁・床、全てのを断熱材で包み、
冷気を一切排除する施工方法となっています。
この断熱がいかに凄いかと言いますと、夏場であれば夜、
浴槽に溜めたお湯が翌日の昼間になっても
ほとんど温度が下がらず、追い炊きいらずで
入浴できてしまうほどの保温効果があります!!

断熱工事完了後!
tmp_DSC_00087857843701351058675

これだけ、しっかり断熱工事をすれば長野の寒い冬でも、
安心して温かく、快適に入浴していただくことができます!!
是非この感動を実感していただきたいです。
お風呂の交換等をご検討されている方、いない方、
弊社のお風呂の施工が気になる方は
お気軽にご相談いただければと思います。
ぜひ一度、当社までお問い合わせください。