リフォーム依頼前に準備すべきこと|長野のリフォーム会社が解説

*リノベーション2019/4/12

「リフォームを依頼する前に何をしたらいい?」
「リフォームの準備って大変そう」
業者にリフォームを依頼する前にしておくべきことは何でしょうか。
今回の記事では、リフォームを依頼する前にすべき準備についてお伝えします。

 

□変えたい部分を洗い出す

リフォームする箇所をある程度決めた上で業者に相談・依頼するのがおすすめです。
「子どもの様子が見守れる対面式のキッチンにしたい」
「水廻りの使い勝手が悪い」
「部屋の結露に困っている」
まずは以上のように、リフォームする前に改善したい点、不便に思っている理由を明確にしましょう。
改善点やそれらの優先順位を決定し業者に相談・依頼すると、具体的な改善策が見つかりやすいです。

 

□リフォームの予算の上限を決める

リフォームにおける工事金額はその方法や設備のグレードによって変わります。
少し余裕を持った予算を予め設定しておきましょう。

 

□住宅の図面の用意

リフォームは現在の住宅の図面に沿って行います。
パンフレット等の図面が手元にあるかどうか、事前に確認しておきましょう。

 

□ショールーム、無料相談会に行く

どのようなリフォームをしたいか具体的にイメージできないこともあるでしょう。
そのような場合は実際にショールームや無料相談会まで足を運んでみましょう。
具体的なリフォームのイメージが想像できれば、業者にも希望通り伝えやすくなります。

 

□信頼できる業者を選ぶ

業者の選定にも十分に気をつけましょう。
安心できる業者を選ぶためには、リフォーム瑕疵保険の登録事業者であるか、保険加入の実績があるかも注目すべきポイントです。

 

*リフォーム瑕疵保険とは

リフォーム工事の検査員(建築士)による検査と工事の不具合に対する保証がついた保険です。
リフォーム瑕疵保険に入っている業者かどうかはホームページから簡単に確認できます。

 

□少なくとも2社以上で比較する

リフォームには多くのお金がかかります。
業者によって工事の設定金額が大きく異なることがあるため、少なくとも2社以上に相談し見積もりをお願いしましょう。

 

□ペットの居場所を確保する

動物は環境の変化に敏感です。
工事の大きな音や埃はペットにとってストレスになるでしょう。
ペットを飼っているお家は、工事からペットを守れる居場所をどう確保するか考えておきましょう。

 

□まとめ

リフォームを依頼する前にすべき準備についてお伝えしました。
リフォームの具体的な内容に関してはイメージしづらいも多いと思いますが、疑問がある場合には気軽に業者に尋ねてみてください。