リフォームで予算オーバーしないための対処法を長野のリフォーム専門家が解説します

*リノベーション2020/1/14

「リフォームで予算オーバーしてしまった際の対処法が知りたい。」
「予算オーバーに頭を悩ませていてなかなか進まない。」
このように、リフォームの見積もりを出してみると大幅に予算オーバーしてしまった方は多いと思います。
ご自身でオーバーした分をコストダウンするのは難しいですよね。
そこで今回は長野県のリフォーム専門家が、見積もりで予算オーバーした際の対処法についてご紹介します。

□予算がオーバーしてしまう原因とは?

*やりたいことが増えてしまった

例えば、キッチンのリフォームを想像してください
今まで食器を手洗いしていた古いキッチンに食洗機を内蔵したり、シンクと水道を新しくしたりされる方が多いです。
ここで、オプションとしてIHコンロやカウンターを付けるなど、追加で希望が増えた場合は最初に考えていた予算を超えてしまうことが多いです。

*予想外の工事が必要になった

予想外の工事として多いのは、見えない部分が痛んでいるなど、劣化による修理や補修が必要になることです。
床を外すと基礎が傷んでいたり、水回りの管が腐敗していたりで、本来想定していた工事とは別の工事が必要になる場合が多いです。
一般的に、これらは工事を始めてからでないと分からないため、予想外の出費になります。

□予算オーバーを防ぐには?

*想定外の工事を想定しておく

工事を始めてからしか分からないことがある以上、想定外はいつでも発生し得ます。
しかし、皆さんの想定外の工事は、業者の想定内の場合もあります。
必要最低限の工事の他に、もしもの場合の工事にかかる費用をはじめから業者に教えてもらいましょう。
多くの工事を経験している業者は、その分お客様より多くの予想外を知っています。

*リフォームの工事内容ではなく目的を伝える

リフォームの目的を伝えておくと、考えていた工事内容より簡単で安く済む方法を教えてくれる場合があります。
この部分が不満なのでリフォームしたい、という風に伝えてみるといいでしょう。

*優先順位を整理する

予算がオーバーしてしまった場合、どこをコストカットするか迷いますよね。
そんな時に優先順位が決まっていれば、優先順位の低い箇所のリフォームを辞めたり、グレードを下げたりすることでコストを抑えられます。

□まとめ

今回は、リフォームの見積もりで予算オーバーした際の対処法について解説しました。
リフォームの際にコストカットできるポイントについてご理解いただけたでしょうか。
当社では、リフォームについてのご相談を随時受け付けています。
長野のリフォーム専門家がお客様に最適なプランをご提案いたします。
ぜひ一度、当社までお問い合わせください。