給湯器から水漏れしてる!?長野のリフォーム業者が水漏れについて解説します

*その他リフォーム2020/6/20

給湯器の水漏れでお悩みの方はいらっしゃいませんか。
給湯器の水漏れは放置していると非常に危険な場合があります。
そこで今回は、水漏れの原因と危険な場合についてご紹介します。

□給湯器から水が漏れてくる原因

給油機から水が漏れだす原因についてご紹介します。
水漏れが起こる原因は主に4つです。
それぞれについて見てきましょう。
原因1つ目は、経年劣化です。
給湯器本体や配管の経年劣化が進んでいる場合には、水漏れが起こることがあります。
特に、部品同士が接合されている部分やゴムが使用されている部分は、劣化が進みやすいです。
給湯器は約10年程度の寿命と言われていますので、水漏れが起こった際には、超過使用していないか確認してみてください。
原因2つ目は、配管の凍結です。
冬場になると、配管の中を通る水が凍結することがあります。
水は凍結すると膨張するため、配管を破裂させてしまいます。
しかし、冬場の間は氷が配管の穴を塞いでいるため、水漏れは起こりません。
気温が上昇してくると氷が流れ、給湯器使用時に亀裂面から水漏れが起こります。
配管が凍結し、破損した場合は、修理は全体交換になる場合が多いです。
冬場に給湯器を使用しない場合は、水抜きを行い凍結破損を未然に防ぎましょう。
原因3つ目は、工事不備や初期不良です。
給湯器を使用して間もないのに、水漏れが起こる場合には初期不良や工事不備を疑いましょう。
新品であれば、修理交換を無償で行ってもらえる可能性がありますので、早めに連絡すると良いでしょう。
また、工事不備の場合も同様で、施工を担当した会社に連絡すると対応してもらえます。
原因4つ目は、水抜き栓です。
給湯器本体に水が溜まった場合や、給湯器内部の圧力が高くなっていた場合に、内部の水を水抜き栓から出す機能があります。
水抜き栓からポタポタと水が出ている場合は、正常な動作ですので故障ではないでしょう。
ただ、長期間にわたって水が出ている場合は、給湯器内部で異常がある可能性があるため、一度専門業者に見てもらうと良いでしょう。

□給湯器の水漏れを放置すると危険

給湯器の水漏れが確認できた場合には、すぐに利用を停止しましょう。
水漏れを放置したまま利用した場合、命の危険にさらされることがあります。
給湯器の水漏れは、本体内部のガスの不完全燃焼を引き起こします。
その場合、給湯器の安全装置が働き、運転が停止するようになっていますが、完全に保証できるわけではありません。
不完全燃焼が起こると、有毒ガスが発生し、吸引し続けた場合一酸化炭素中毒になります。
一酸化炭素は無臭であるため、自覚症状がないことが多く、最悪の場合命を落とすこともあります。
そのため、水漏れを確認できた場合には、すぐさま利用を中止し、専門業者に連絡しましょう。

□まとめ

今回は、水漏れの原因と危険な場合についてご紹介しました。
給湯器の小さな故障から、大きな事故につながることがありますので、定期的なメンテナンスを行い、超過使用は控えましょう。
また、何かお困りのことがございましたら、リフォーム業者の当店までお問い合わせください。