【安曇野のスタッフが解説!】I型キッチンリフォームを解説します

*キッチンリフォーム2019/9/14

「I型キッチンリフォームは良いのだろうか。」
「I型キッチンの長所って何だろう?」
このような疑問を抱いている方はいらっしゃいませんか?
I型キッチンは、日本で一般的なキッチンの1つです。
せっかくのリフォームをするならば、より良いキッチンが欲しいですよね。
そこで今回は、I型キッチンのリフォームについて説明します。

□キッチンの種類

キッチンと言っても、様々な形があります。
まずは、どのようなキッチンがあるか確認をしましょう。

*I型キッチン
調理スペース、コンロ、流しが直列に並ぶキッチンです。
調理から配膳が横移動のみで済みます。
また、スペースを節約できるため、日本で広く普及しています。

*II型キッチン
I型キッチンを2つ並べたようなキッチンです。
各キッチンが短くなるため、効率良く調理できます。
また、収納スペースの多さに優れています。

*L型キッチン
L字型に曲がったキッチンです。
2人以上が作業をしていても動きやすい特徴があります。

□I型キッチンリフォームの長所

*システムキッチンの導入
キッチンをリフォームすると、最新の設備を導入できます。
リフォーム物件の平均居住年数は24年と言われています。
ほんの数年であっても、利便性は向上しています。
そのため、調理の時間を短縮し、自分の時間を増やせます。

*対面キッチンに最適
対面キッチンは、リビングと向かい合う形です。
調理中であっても、家族との会話が楽しめます。
また、カウンターを設置すると、おしゃれなバーカウンターの雰囲気を実現できます。

□短所

*動線が悪くなる
I型キッチンは横に長いため、どうしても移動が増えます。
特に、壁付けのI型キッチンの場合、棚や冷蔵庫を横に置くため、長さが増えます。

*キッチンがリビングから見える
壁付けのI型キッチンの場合、リビングからキッチンに置いてあるものが見えてしまいます。
キッチンを家族以外に見せたくない方には、注意が必要です。

□まとめ

今回は、I型キッチンリフォームを説明しました。
I型キッチンリフォームは、システムキッチンや対面キッチンにしたい方におすすめです。
しかし、短所として、動線が長くなる点やキッチンが丸見えになる点があります。
理想的なキッチンでお悩みの方は、信頼できる建築会社に相談してみてはいかがでしょうか?
当社の売り上げは、長野県で8年連続、第1位です。
多くの実績と施工例があるため、お客様に合ったリフォームを提案できます。
安曇野でリフォームをご検討の方は、当社までお気軽にお問い合わせください。