お問い合わせ

サンプロ徒然日記

お風呂リフォームをするべきタイミングっていつ?

DATE 2018年2月4日(日)

「お風呂リフォームを考えてはいるけれど、いつすればいいんだろう」と悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

実は、お風呂リフォームはタイミングを逃してしまうと健康被害が出てしまったりすることもあるのです。

ということで今回は、お風呂リフォームの時期についてお話ししたいと思います。

 

◯一般的に15年〜20年が目安

お風呂は一般的に15年〜20年を目安にリフォームするのが良いとされています。それ以上長い間お風呂を放っておくとカビや汚れがつきやすくなってしまいます。

 

ひどい場合は、お風呂場から土台に水や湿気が侵入し、そこが腐りやがて腐食につながることもあるのです。そのぶんお風呂掃除も簡単にできるようになりますよ。

 

さらには、お風呂の外壁に水が滲み出ているような跡があったり、脱衣所の床がブヨブヨして不安定になってきたり床が軋むようになったりすれば、それは要メンテナンスのサインです。

他にもヒビや錆ができて、室内にたくさんのカビがみられたら、それもお風呂リフォームを検討するべきでしょう。

 

◯リフォームをして損をしないためにも早めに取り掛かろう

また、腐食が進んでしまうと、無駄な多額の補修費用がかかる場合があります。しかし、早めにリフォームを行っていれば、コストをかなり低く抑えることも可能です。

 

さらに、ここ10年でお風呂事情は大きく変化していて、以前より格段に省エネにしやすいものへと変わっています。古いバスタブは新しいものに比べ、省エネ効果が大きく変わってくるため光熱費にも差が出てしまいます。

数十年経つ古い浴槽を使っている方や光熱費を安くしたい方は、お風呂リフォームを検討しても良いでしょう。

 

【まとめ】

最新型の浴槽はカビが生えにくいものもあり、節約になるだけでなくお掃除の手間も省くこともできるのです。これらのことを参考に納得のいくお風呂リフォームをして、家族で使うお風呂をより快適なものにしませんか。


カテゴリー: 未分類 | 0


リフォームの流れを写真付きで解説
お問い合わせ 見積り依頼資料請求
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

トップへ戻る